スカーレット 48話 フカ先生と八郎

喜美子(戸田恵梨香)が信楽初の女性絵付師
として新聞記事になり、大反響が起きます。
深野心仙の「ふ」の字もないのに
フカ先生(イッセー尾形)はニコニコ顔です

秀男(阪田マサノブ)は電話を受け
敏春(本田大輔)はうれしそうに記事を
見てると、加山(田中章)がお酒が届いたと
知らせに来ます。お花もたくさんです。

常治(北村一輝)が東京から帰ってきます。
お酒を飲んで酔っ払った常治は、
直子(桜庭ななみ)のことではなく
寮がある鎌田のことばかり話しました。

マツ(富田靖子)百合子(福田麻由子)は
鎌田を人の名前だと思ったみたい(笑)

* 八郎は不機嫌

絵付けの作業場で、喜美子は
十代田八郎(松下洸平)のシャツの
つぎ当てを直してあげてました。

八郎がそっけない感じなので
喜美子は怒っているのかと聞きます。

八郎は怒ってはないが、喜美子の方が
前と違っていると言い出します。
新聞記事の喜美子は、マスコットガールで
ホットケーキが食べたくて絵付けを始めた
とあったからです。

さらに深野心仙先生について、ひと言も
書いてないと不機嫌になりました。
喜美子は適当に書かれたんです。うちが
悪いんです言いますが、八郎はシャツを
直してくれたお礼を言い、そそくさと
去っていきます。

* フカ先生と八郎

喜美子が食堂で、フカ先生たちと
食事をしてると、加山が来て
喜美子の絵付け火鉢の注文が入ったと
知らせに来ました。

さらに加山は、深野心仙からミッコーの
時代になったと言います。
本人の前で言わんでも…(泣)

作業場で、フカ先生が池ノ内(凪川アトム)
磯貝(三谷昌登)と打ち合わせしてると
八郎が来ました。

八郎はフカ先生の前に来て、最初にご挨拶
した時、緊張して言えなかったが
深野先生の日本絵がずっと家に飾って
あったと話し始めます。

鳥が2羽飛んでいて、山があって
水がある日本画でした。
祖父が日本画が好きで、やっと買えた1枚で
祖父が亡くなってから、形見として大事に
していた絵でした。

それを八郎は闇市で一番高く買ってくれる人
に売って、白いごはんと卵2個に代えて
みんなで食べてしまったのです。

今回、丸熊陶業で働くことになったのは
偶然ではなく、必然だと思って
会ったら謝ろうと思っていたと
頭を下げました。

フカ先生が八郎の頭をくしゃくしゃになで
「若い頃に描いた何もない絵や。
忘れんでくれてありがとう」と言うと
八郎は「すいませんでした」と
涙を流します。

家に帰った喜美子は、八郎の言葉を思い出し
風景画を描き始めましたね。

スカーレット あらすじ ネタバレ 感想
スカーレット キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る