なつぞら 155話 停電で、家族総出で搾乳作業

照男(清原翔)剛男(藤木直人)が
古い牛舎を新しい牛舎に建て替え、
パイプラインミルカーにすると話してると
雨が降ってきて、雷雨に代わります。

昭和50年8月、十勝は冷害水害に
見舞われたのです。

なつが「じいちゃんは知ってたの」と聞くと
泰樹(草刈正雄)の代わりに照男が
「じいちゃんは俺に任せるって言って
くれたんだ」と答えます。

夕見子(福地桃子)が「今のバケット
ミルカーじゃだめなの?」と聞くと
照男はパイプラインにすれば重いバケットを
運ぶ必要がないし、牛もどんどん増やせると
答えました。

そして「じいちゃんの作ったこの牧場を
十勝一に日本一にしていくのが俺の役目だ」
と言います。

富士子(松嶋菜々子)が意見を聞くと
泰樹は「照男の好きにすりゃいい。
これは照男の開拓じゃ。照男が覚悟すれば
いい」と元気なく答えました。

停電のため、ミルカーが使えない

その夜、嵐になりました。寝ていた泰樹が
起き上がって、明かりをつけようとしますが
つきません。居間に行くと、富士子が停電だ
と言います。

剛男と照男はミルカーが動かないと心配して
いました。なつたちも起きてきます。
搾乳は昼頃までしなく大丈夫だと照男は
考えてましたが、念のため発電機を貸して
もらおうと電話しますが、ダメでした。

泰樹は「牛が鳴いてる。聞こえんのか!
すぐ牛舎へ行け!牛を放っておくな!
牛は決まった時間に絞ってやるから
信用して良い乳出してくれるんじゃ!
手で搾るんじゃ」と大声を出します。

なつ(広瀬すず)も「絞らなかったら乳房炎
になる」と言うので、照男は「分かった」と
言って動き出しました。

家族総出で搾乳作業

剛男は他に困ってる農家がいるかもしれない
ので農協へ向かいます。なつと泰樹が牛舎へ
行くと、菊介(音尾琢真)砂良(北乃きい)
地平(小林颯)が搾乳を始めていました。

坂場(中川大志)は集乳缶を運ぶのを
手伝い、夕見子も富士子に教わって
搾乳に加わります。

悠吉(小林隆)もやってきましたね。
照男は地平とともにアイスクリーム屋へ行き
乳を冷やすため、冷蔵用の水槽の準備を
始めました。

なつは作業をする泰樹の背中を見て、微笑み
その後ろで搾乳を再開します。

一番大事な事は、牛と生きる事

搾乳した乳がミルクバケットに詰められ
冷却された水槽に入れられました。

照男が「これが限界だ」と言うと
泰樹は「仕方ないべ」
悠吉は「牛が全部助かったんだ」
菊介は「乳房炎になった牛は一頭も
おらんべさ」と慰めます。

照男が「俺なんかまだまだだ」と言うと
泰樹は「良くやった。一番大事な事は
働く事でも稼ぐ事でもない、牛と生きる事
じゃ。みんな良くやった。ご苦労さん」
と声をかけました。

天陽の畑へ

嵐が去った翌日、なつと泰樹は
天陽(吉沢亮)の畑へ行くと
靖枝(大原櫻子)が笑顔で迎えてくれます。

タミ(小林綾子)正治(戸次重幸)は
アトリエの天陽の絵が無事だったので
ホッとしていましたね。

靖枝は畑は荒れてしまったが、芋は無事
だった、売り物にならないが、でんぷん用に
出荷できるかもと言います。

泰樹は「天陽が守ってくれたんだ。わしらも
手伝う」と言いました。靖枝が「なつさん
ありがとう。なっちゃんって呼んでも
いいかい?」と聞くと、なつは「当たり前
だべさ、やっちゃん」と笑います。

天陽の畑には、立派なジャガイモが
残ってました。明日はいよいよ最終回です。

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る