なつぞら 151話 なつと泰樹、レイと父さん

昭和50(1975)年3月、
富士子(松嶋菜々子)が上京してきました。
富士子はなつ(広瀬すず)に「じいちゃんが
元気ないんだわ。病気とかじゃないけど。
90だしね」と話します。

4月、優(増田光桜)が小学校に入学しま
した。優、なつ、富士子、坂場(中川大志)
は小学校前で記念撮影します。

坂場の両親から優に百科事典が届いて
ましたね。なつと坂場は、優を富士子に任せ
マコプロへ出かけていきました。

モモッチ(伊原六花)陽平(犬養貴丈)が
おめでとう!と声をかけてくれます。
町田(鈴鹿央士)はなつに原画を渡し
外注も徹夜続きだと報告しました。

麻子(貫地谷しほり)は坂場に「今日中に
今日の絵コンテ上げてね」と厳しいです。
「大草原の少女ソラ」は放送から半年経って
人気漫画になっていました。キャラクターの
フィギュアも置いてありましたね。

千遥と千夏、坂場家へ来る

坂場家に千遥(清原果耶)千夏(粟野咲莉)
が遊びに来ました。富士子は千夏を見て
「え?昔のなつにそっくり」とびっくり!
粟野咲莉ちゃんの二役ですから(笑)

千遥は優の入学祝に、お料理を作って
持ってきてくれました。
富士子は千遥の手を握って、感謝します。

マコプロでは、坂場が絵コンテを示して
なつに、レイが父さんと語るシーンについて
説明しました。星を眺める時間について
なつは「何時ごろ?」と気にします。

なつと坂場は夫婦なのに、マコプロで
会議してました。仕事は家庭に持ち込まない
と決めたんでしょうか?

麻子のぼやき(笑)

なつが空を見ながら考えている時
北海道の泰樹(草刈正雄)も
空を見上げていました。

なつは坂場に、夜明けにして、話し終えた
2人に朝日が昇ってくるシーンにしようと
提案します。父さんとレイの別れが希望に
満ちたものになるからです。

坂場と神地(染谷将太)が賛成すると
麻子は「変えるなら、すぐ動いてよ」と
指示を出してきました(汗)

なつは陽平に夜明けのシーンを依頼し
神地はモモッチに、影について勉強したら
とアドバイスします。

茜(渡辺麻友)は下山(川島明)に
「忙しいのに良い感じね」と言いますが
麻子は「何枚増えることやら」と
ぼやきました(笑)

なつと泰樹、レイと父さん

家に帰って来たなつは、優の寝顔を見て
安心します。富士子は千遥が来て、お料理を
持ってきてくれたと言いました。重箱を開け
ると、豪華なお料理が広がりましたね。

なつは泰樹にアニメを見てもらい、元気に
なってもらうため頑張っていると言います。

なつは東京へ出る時、泰樹が「行ってこい。
東京を耕して来い。開拓して来い」と
言ってくれた事を思い出しました。

そしてそのシーンが放送される日を迎え
坂場家、柴田家それぞれの家で
家族みんながテレビの前に座ります。

レイが獣医になるため、東京へ行きたいと
頼むと、父さんは星を見させ「よく言った
それでこそ私の息子だ。行ってこい、レイ」
と送り出しました。

そのシーンを見て、泰樹は涙を流します。
泰樹は、レイと父さんに、なつと自分を
重ねたんでしょうね。

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る