なつぞら 17話 草刈正雄さん、怒りの演技

草刈正雄さん、怒りの演技が
中盤に出ましたね!最後の1人のシーンも
おかしかったです。

倉田先生(柄本佑)が、なつ(広瀬すず)に
「おじいさんの問題をお前が表現するんだ」
と言ってきます。

夕飯の時、なつは演劇のことはみんなに
黙っていました。富士子(松嶋菜々子)から
雪月のみんなは元気だったかと聞かれ
なつは元気だったと答えます。

明美(平尾菜々花)がお土産を食べて
しまったとわかり、泰樹(草刈正雄)は
ちょっとしょんぼりしてました(笑)

夕見子(福地桃子)は雪次郎は演劇を
やって女の子にもてたいと毒を吐いて
長男なのに雪次郎なのは、跡取りを取らな
い事をカムフラージュしてると言います。
男たちは黙り込んでましたね(汗)

なつ、農協へ

なつは倉田先生と一緒に農協へ行き
剛男(藤木直人)田辺(宇梶剛士)から
話を聞きます。アポなしなのに応じて
くれましたね。

なつが「組合はじいちゃんに手を焼いて
るんですか?」とズバリ聞くと
田辺はストレートな質問だと苦笑い。

なつが、メーカーと直接取引したいという
じいちゃんの考え方はおかしいんでしょうか
と聞くと、田辺はおかしい訳ではないが
乳業メーカーが増え、酪農家を確保すること
が競争になり、牛乳の価格の決め方が問題に
なってきたと説明します。

牛乳は脂肪分の検査で価格が決まり、検査は
乳業メーカーが行っているので、その内容は
酪農家にはわからないのです。

そこで農協が検査を行い、酪農家の不信感を
なくし、大きな牧場も小さな牧場も共存でき
るようにしたいのでした。田辺は十勝全体を
全国一の酪農王国にしたいと語ります。

帰り道、自転車を引きながら、剛男が
「なつは演劇をやりたかったのか」と聞くと
なつは「いや。じいちゃんのためになるって
言われたから。農協の考えは正しいと思う」
と答えました。

草刈正雄さん、怒りの演技

なつと剛男が帰ってくると、家の前に
自動車が置いてありました。中へ入ると
乳業メーカーの村松(近江谷太朗)が
富士子に、封筒を渡していました。

剛男が「それは奥様封筒と呼ばれるもの
ですね?そういう付き合いかたはもう
古いんじゃないですか?」と止めます。

しかし泰樹は「もらっとけ。メーカーは
ちゃんと公平に牛乳買ってるさ。この人には
ざんざんお世話になった。牛が病気の時
どれだけ良い獣医を呼んでくれたか」
と言いました。

剛男が「そんな理屈は通りませんよ」と
言い返すと、泰樹は「理屈の通らんことは
これまでなんぼでもあった」と大声で怒り
「この金で富士子が少しでも助かるなら
わしは喜んで受け取る。開拓の苦労を思えば
きれいごとだけで家族を守れるか」と
ブチ切れます。

剛男が「汚い事はやめましょうよ」と言うと
富士子が村松に封筒を返し、間に入って
止めました。

柴田牧場は、泰樹そのもの

なつは戸村悠吉(小林隆)菊介(音尾琢真)
親子にも意見を聞きます。

悠吉は泰樹の意見もわかるが、助かる農家も
あると話し、菊介は百姓は元々値段の交渉は
得意でないと言いました。

なつは悠吉たちは自分の牛を飼いたいのでは
ないのかと聞くと、悠吉は八男だったので、
泰樹のおかげで牛飼いをできるようになった
と感謝します。

そして「この牧場はおやじさんそのもの
だから、道を曲げられねえ」と言いました。

泰樹は変わらない

泰樹はその夜、食欲がないからと早く寝て
しまいました。そんなことは初めてだった
ので、みんな心配します。

照男(清原翔)が「いきなりメーカーと
手を切るなんて、じいちゃんにしては
乱暴な話だ」と言うと
剛男は「手を切るなんて言ってない。農協は
メーカーと酪農家の間を円満にしたいだけ
なんだ」と言いました。

なつが、自分が引っかきまわしたから
泰樹がムキになってると謝ると
剛男はもっと泰樹と話し合うべきだったと
反省します。

富士子が「大丈夫よ。じいちゃんはあんな
ことでめげたりしないから。開拓一世は
しぶといのよ」と言うと
夕見子は「私もそう思う。状況は何も
変わってないはずよ。じいちゃんはこれで
変わるとは思えない」と鋭いです。

泰樹は自分の部屋で、1人まんじゅうを食べ
「お茶が欲しいな。お茶が…」と
ぶつぶつ言ってましたね(笑)

なつぞら あらすじ ネタバレ 感想
なつぞら キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る