まんぷく 150話 まんぷくヌードルを歩行者天国で

鈴(松坂慶子)の生前葬が無事に行われ
その夜、鈴はぐっすり眠りました。
リビングで、福子(安藤サクラ)
萬平(長谷川博己)はビールを飲み
生前葬は良いものだと話します。

福子は何かが浮かびますが
はっきりしません。

翌朝、鈴は生前葬が終わって
すっきりしたと明るい表情になって
これからは観音様になりますと笑います。

まんぷくヌードルを若い人に

食事の席で、鈴が自動販売機でまんぷく
ヌードルが売れるのかと言い出しますが
幸(小川紗良)源(西村元貴)は
賛成し、鈴がまんぷくヌードルの良さが
わかってないのではと言い出しました。

福子は、若者たちの言葉や牧が「古い世代は
理解できない人がいる」と言っていた事を
思い出し「ぼんやり浮かんでた事がはっきり
わかりました。まんぷくヌードルを若い人
たちに向けて売りだしたらどうでしょう」
と提案します。

そして福子は、まんぷくヌードルの購買層を
考え直したらと言い、源は大学に自動販売機
を置いたらと思いつきました。

歩行者天国でまんぷくヌードルを

萬平は新聞記事に、中央通りで歩行者天国が
行われるという記事を見つけ、歩行者天国で
まんぷくヌードルを売ろうと提案します。

狙いは若者で、学生運動以来、社会に反発心
を持ってる若者には、歩行者天国は自由の
象徴だというのです。

真一(大谷亮平)は「我々は固定概念に
とらわれていた」と反省し
森本(毎熊克哉)も納得します。

世良(桐谷健太)も大賛成で、テレビや新聞
で宣伝すると大喜びしました。

観音様の鈴、名木を笑顔に

福子と鈴は香田家へ行って、歩行者天国で
まんぷくヌードルを売ることを話します。
忠彦(要潤)名木(上川周作)が面白いと
言うので、福子は「さすが芸術家、頭が
やわらない」と感心しました。

名木が、売れなかったら、僕のデザインの
せいだと泣き出すと、タカ(岸井ゆきの)
が「観音様」と呼びます。

鈴が「そんなことないわよ。名木さん」
と呼びかけると、名木は笑顔になりました。

まんぷくヌードル1千個が歩行者天国に

会議室、真一は地図を広げて、400mの
歩行者天国の中央辺りに店を出すと説明し
ます。

神部(瀬戸康史)岡(中尾明慶)は人出は
1万人の予想で、まんぷくヌードルを1千個
用意し、掃除係は社員20人を動員すると
説明しました。

神部が家に帰ると、タカが手伝うと言い出し
ます。まんぷくラーメンの時に手伝えなかっ
た事が悔しいのでした。

アキラの名言

パーラー白薔薇へ福子が行くと
しのぶ(牧瀬里穂)は鈴の生前葬の後は
歩行者天国と驚きます。

アキラ(加藤雅也)は「面白い人生など
存在しない。人生を面白くする人間が
存在するだけや。名言やろ」と言いました。

アキラが僕の名言だと言い出し
しのぶが怒るかと思ったら
「ええ事言うわ。惚れ直したわ」
とアキラに抱きつきます。

明日は最終回

立花家、幸は大学でまんぷくヌードルを
宣伝しておいたと話し、萬平はお礼しました
ケンカしてたのに仲直りです。

源は鈴の生前葬のおかげで、皆やさしい
気持ちになれたと言い、鈴に向かって
歩行者天国での成功を祈って
みんなで手を合わせました(笑)

寝室、萬平は福子に「ありがとう、福子。
歩行者天国のアイデアを思いついたのは
お前のおかげだ。こんなこと今までに
何回もあったな。僕とお前で2人でここまで
来れたと思ってるよ」と感謝します。

そして萬平は「歩行者天国で話題になって
まんぷくヌードルが売れるようになったら
しばらく仕事を休もうと思うんだ。2人で
旅行に行かないか?ひと月かふた月。

世界にいろんな麺がある。それを食べて
みたいんだ。一緒に行こう」と誘いました。
そしていよいよ歩行者天国が始まります。
明日は最終回ですね。

まんぷく あらすじ ネタバレ 感想
まんぷく キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る