真田丸 ネタバレ 第43話 軍議、籠城か、討って出るか!?

真田幸村(堺雅人)は後藤又兵衛(哀川翔)
毛利勝永(岡本健一)長宗我部盛親(阿南健治)
明石全登(小林顕作)とともに大坂城の五人衆、
大坂牢人五人衆と呼ばれるようになります。

軍議が開かれますが、大坂城へ籠城するのか、
城から討って出るのか、なかなかまとまりません。
決まったと思ったら、引っくり返されてしまいましたね。


真田信吉と真田信政

徳川軍の中に、真田信之(大泉洋)の2人の息子、
真田信吉(広田亮平)真田信政(大山真志)の姿が
ありました。

信政は矢沢三十郎(迫田孝也)とともに剣の稽古を
していましたが、
信吉は小山田茂誠(高木渉)から水をもらって
休憩中です。
信吉が「ここはどのあたりか?」と聞くと、
茂誠は「柏原あたりかと」と答えました。
信政と三十郎が稽古をしないかと誘いますが
信吉はまったくやる気がありません(汗)

徳川秀忠(星野源)とともに見回りに来た
本多正信(近藤正臣)が
「真田左衛門佐が大坂城へ入ったそうな」と言うので、
三十郎と茂誠はびっくりします。

江戸真田屋敷、真田信之は松(木村佳乃)に
「信吉たちを追って、京へお上り頂きたい。
源次郎が大坂方へつきました。息子たちと源次郎が
争うことなどあってはならぬこと。
敵陣に身内がいれば、源次郎の目が曇る。

源次郎の好きにさせてやりたいのです。
あれは14年間この時を待っていたのです。
敵陣に真田の旗を見れば、源次郎の決意が鈍る。
義兄上と三十郎にどんなことがあっても、
戦場には出るなとお伝え下さい」と頼みました。

徳川家康、片桐且元を取り込む

京二条城、本多正純(伊東孝明)が片桐且元を連れてきたので
徳川家康(内野聖陽)が面会します。
片桐且元(小林隆)が姿を見せると、家康は満面の笑みで迎え
近づいてきて、且元の手を持って「これからはわしの下で
働いてくれ。そなたのような家臣が欲しかった」
と頼んできました。

且元が「私のような者でお役に立てることがあれば」と了解すると
家康は「早速だが1つ聞かせて欲しい。豊臣はさかんに兵糧を
集めておったようだが、今の大坂城に10万の兵を養うだけの
兵糧があるか?城はどれくらい持つ?」と質問します。

且元はしばらく黙ってましたが「牢人たちの数は当初の見積もりを
はるかに上回っております。今の兵糧ではとても10万は
賄えきれませぬ。もって半年…」と涙を浮かべながら答えました。


真田幸村と茶々 武器庫に2人きり

大坂城の薄暗い武器庫に、真田幸村は茶々(竹内結子)と
2人きりになりました。
茶々は「ここに入るのは、あの日以来。太閤殿下が私に
見せようとしなかった者たち。皆もうすぐ出番ですよ。
勝てますか?」と槍に触れます。
幸村は「申し上げたはずです。私はそのために来たと」
と懐紙を渡しました。

奥の部屋へ進んで、幸村が「これより軍議がございます。
そこで秀頼様に必勝の策を献ずるつもりでおります」
茶々「この城さえあれば我らは負けませんね?」
幸村「もちろんです。ただ私の献ずる策は籠城を取りませぬ。
もっと良き手が」
茶々「秀頼殿が危ない目にあうことはありませんか?」
幸村「もちろんです」

幸村が落ちていた槍を拾うと、茶々が後ろから抱きついてきて
「ずっと待っていました。私の愛した者たちは皆この世に未練を
残して死にました。父上も母上も兄上も、柴田の父も、拾も」
幸村「太閤殿下は?」
茶々「『私の愛した人たち』と言いました。私はどうなっても
構いません。秀頼を死なせないで」
幸村は「命に変えても。軍議の支度がございますゆえ」
と去っていきました。

大蔵卿局、大野治長に釘を刺す

大蔵卿局(峯村リエ)は大野治長(今井朋彦)
木村重成(白石隼也)に「くれぐれもあの者たちの
好きにさせてはなりませぬぞ。舵を取るのは
あくまで我ら」と釘を刺しました。
織田有楽斎(井上順)は「本日の軍議が肝要ぞ」と言います。

別の部屋、幸村は大助(浦上晟周)高梨内記(中原丈雄)に
「軍議に備えて考えをまとめておこうと思った。
かつて父上の立てた策を目下の形勢に合わせて立て直した」
と話しました。

真田幸村以外、籠城に賛成する

大坂城の大広間、豊臣秀頼(中川大志)を上座に迎え
軍議が開かれます。
大野治長が徳川軍20万の動きを説明し、
木村重成に意見を聞きました。

重成は「ここは戦いの定石通り、籠城でまいろうと思います」
と発言します。徳川軍は豊臣軍の2倍で、家康が合戦の名人
だからです。

又兵衛たち4人は「承知」と籠城に賛成しますが、
真田幸村だけが「不承知」と反対しました。
「そもそも籠城とは援軍が来るまでの時を稼ぐもの。
こたびの戦に援軍はおりませぬ。ここは討って出るべきでしょう」
と主張しました。

治長、有楽斎、又兵衛たちが討って出ることに反対なので、
幸村は「そういうことならば、私は引き下がらせて頂こう。
考え抜いた策を、ろくに吟味もせずに退けられたのでは
やる気も起きません。九度山に帰ることにいたす。御免」
と席を立ってしまいます。


毛利勝永、幸村の策に賛成する

幸村は部屋へ戻って「父上ならどうするか考えた」と寝転びました。
内記は大助に「よう覚えておきなされ。はったりは真田の家風で
ござるぞ」と説明します。
幸村が「はったりではない。これは立派な策だ。じきに誰かが
迎えに来る」と話してると、重成が来ました。

木村重成が「籠城こそが唯一の道と思っております。
倍以上の敵を迎え討つ時は、籠城がもっともふさわしいというのが
定石でございます」と言います。
幸村は「その定石を敵も知っている。だからこそ裏をかく意味が
あるのだ」と説明しました。

大広間の軍議に戻った幸村は、地図を広げ、策を説明します。
まず伏見城を攻略し、そこを出城とし、二条城を攻めて
秀忠が到着する前に、家康の首を取る。
別の隊が大津を占領し、近江を支配下に置き、
瀬田と宇治の橋を落とし、徳川本軍の進行を妨げる。

徳川についた豊臣恩顧の大名も味方する者が出てくるので
伊達や上杉と示し合わせ、秀忠勢を背後から襲わせる。
幸村が「負ける気がいたしません」と言います。

又兵衛は「1つの策ではある。だがここは籠城だ。
話が大きすぎて、ついていけない」と反対し、
長宗我部盛親、明石全登も反対しました。

勝永は「俺は左衛門佐の策に乗る。話が大きすぎて
俺はそこが気に入った」と賛成してくれます。
有楽斎の案で軍議は休憩となりました。

後藤又兵衛、幸村にことごとく反対する

幸村がお礼を言うと
勝永は籠城だろうが、関係なく、
己の力を試したかったから大坂城へ入ったと言います。
そして京へ攻め込む役目をさせてと頼んできました。

勝永は又兵衛について「あんたの意見に従うのが嫌なだけだ」
と見抜きます。

つぎに、幸村は明石全登のところへ行って話を聞きました。
全登は切支丹なので、信徒を増やすのが目的で、
軍議が始まる前に、治長から幸村の策に乗るなと
言われていたと打ち明けます。

最後に幸村は長宗我部盛親のところへ行きました。
盛親は、治長から籠城に同意すれば
長宗我部家の再興を約束すると言われたと話します。

茶々が治長に幸村の策を話したと幸村は気づきました。
幸村は「大事なのは、豊臣が負けてしまえば、あなた方の望みは
ついえるいうこと。切支丹の布教も、長宗我部家の再興も、
戦に負ければすべて夢になるのです。まずは勝つこと。
籠城ではそれはかないません。この世に決して落ちぬ城などない。
城は大きければ大きいほど、どこかにほころびが生じる。
この戦に勝つには、城から出る他ありません」と訴えます。

はいだしょうこさん、初登場

茶々の妹・初が大坂城へやって来ました。
はいだしょうこさんです。
若狭の京極高次に嫁いで、夫の死後は常高院と名を改め
茶々の相談相手になっていました。

後藤又兵衛、ついに幸村に賛成する

大広間で軍議が再開されると、勝永だけでなく
全登、盛親も幸村の討って出る案に賛成してくれます。
木村重成が敵を分断する策を取ると、味方も分断されるのでは
と反対してきました。

幸村は「確かに大坂城は最強の砦。されど我らには
最強の砦であると同時に最後の砦でもある。
ここが落ちれば、豊臣家は滅びます」と説明すると
重成は「今の言葉、腑に落ちました」と賛成してくれます。

後藤又兵衛は「不承知!」と言うので
勝永が「あんたは何のためにここに来たんだ?」と聞きました。
又兵衛が答えようとしないので
幸村は「死に場所を求めてやって来た。違いますか?
黒田家を出た後、後藤殿はどこにも仕官できなかった。
武士らしく生きることができなくなったあなたは
後は武士らしく死ぬしかない」と言います。

又兵衛は「俺は天下の後藤又兵衛。天下一の城を枕に
討ち死にするしかねえと思った。俺の死に場所はここしかない。
籠城だ。誰が何と言おうとな」とぶちまけました。

幸村は「私は勝つためにここへやって来た。死ぬたがっている者に
用はありません。勝ち気がないならこの城を出ていってもらおう。

我らは別々の思いを持ってここに集まってきました。
しかし1つだけ通じ合っているものがあります。
皆それぞれ望みを持っている。生きる望みを。
だからこそ、我らは強い。

私は本当に負ける気はしないのです。我らは決して負けない。
ここに死に場所はない。死にたいのなら徳川につくべきだ」
と言います。

又兵衛は「その言葉、忘れねえぞ。ハハハハハハ。
俺も実は籠城は早いと思ってたんだ」と賛成に周りました。

茶々の鶴の一声で籠城へ

有楽斎が「籠城以外にはない。お主らは金で雇われた牢人たち、
われらの指示に従い、敵と戦っておればいいのだ」と言うと、
治長が「今の言葉は聞きづてなりません。
我らにとっては客人、非礼は許されません。
決めるのは右大臣秀頼公でございます。
殿、ご裁断を」と秀頼に言いました。

秀頼は「決めた!籠城はせぬ、討って出よう」
と了解し、結論が出ました。

ところが茶々の鶴の一声で籠城になってしまいます。
秀頼が討って出ることに決まったと報告すると
茶々は「なりませぬ」と反対しました。
信用できるのは真田だけで、城を出た勝永が裏切るのでは
と疑っていたのです。

治長と重成から話を聞いて、幸村は「そうと決まったからには
すぐに次の策を考えましょう」と天守閣を見上げましたね。

大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る