真田丸 ネタバレ 第42話 味方、大坂城の五人衆 大坂牢人五人衆

真田幸村と名を変えた信繁(堺雅人)は大坂城へ入城しました。
茶々(竹内結子)と久しぶりの再会を果たします。
14年ぶりの再会です。

最近の茶々・淀殿には、亡き織田信長の弟で
叔父の織田有楽斎(井上順)がついていました。
有楽斎は「真田殿が来てくだされば、
我らの勝利は疑いなし」と言います。

大野治長(今井朋彦)が部屋の支度が整ったと呼びに来て
幸村が去っていきました。
すると有楽斎は「あれくらいおだてておけば十分でしょう」
大蔵卿局(峯村リエ)も「あまり真田を当てにしてはなりません」
と幸村を信用していません(汗)


大野治長の弟・大野治房

廊下を歩きながら、治長は幸村に堺を押さえ兵糧を確保したと
報告します。そして牢人たちが増えて、1人一部屋でないが
幸村は秀頼公の御意で、一人部屋にしたと言いました。

目つきの鋭い男がにらんできます。
治長の弟・大野治房(武田幸三)です。
強面の表情で何を考えてるかわかりません(汗)

御文庫へ行くと、誰もいなくてガランとしています。
幸村は「治部さま、刑部さま、源次郎は帰ってまいりました」
と石田三成や大谷吉継に話しかけました。

三の丸の一室が、春(松岡茉優)きり(長澤まさみ)たちに
割り当てられます。
別の部屋には、大助(浦上晟周)内記(中原丈雄)がいました。
内記は旅の疲れが出たと横になったので、
大助は幸村のところへ行きました。

後藤又兵衛と毛利勝永、長宗我部盛親と明石全登

天守閣を見ながら、幸村が大助に「太閤殿下はあの天守より、
もっともっと大きなお方だった」と話してると
後藤又兵衛(哀川翔)毛利勝永(岡本健一)が現れます。

幸村は大助を下がらせ、又兵衛と勝永と話しました。
又兵衛は「左衛門佐、どれだけ戦上手か知らぬが、
後から来た奴に、大きな顔はして欲しくない」
と毒づいてきます。

幸村が一人部屋なのに又兵衛が文句を言ってくると、
勝永も一人部屋だと言い出し、
又兵衛と勝永が言い争いをはじめ、幸村が「まあまあ」
と止めました。

幸村は治長にお願いして、長宗我部盛親(阿南健治)と
相部屋にしてもらいます(笑)
又兵衛と相部屋の明石全登(小林顕作)は
ずっと祈ってました(汗)


徳川家康、大坂へ向け出陣

駿河駿府城、幸村の大坂城入城を本多正純(伊東孝明)が報告すると
徳川家康(内野聖陽)は「それは父親か?息子か?」と聞き
正純は「安房守はすでに死んでおります」と答え
家康は「前にも聞いたな」とちょっとぼけてます。

家康が「戦支度じゃ。出陣を早める」と命じました。
正純が出ていってから、
阿茶局(斉藤由貴)は「左衛門佐ごときで、
天下の大御所様がうろたえてどうなさいます」と言います。
家康は「わしは真田という名を恐れておるのだ」と打ち明けました。

阿茶局は、人質の千姫のことはどうとでもなるので
秀頼の命を助けると伝え、千姫を取り戻したら
討滅したらよいと怖いですね!
3Dマップで、10月11日に家康軍が駿府を出立した
と説明がありました。

徳川秀忠は真田信吉と真田信政とともに大坂へ出陣

江戸城、徳川秀忠(星野源)は本多正信(近藤正臣)に
家康について「大坂のことが不安なのはわかるが、
総大将はわしだ。いつまでも己が徳川の要だと
思われてはかなわぬ」とぼやきます。

秀忠は関ヶ原の戦いの戦いで遅れたことを気にしていて
「これは父上の総仕上げではない。わしの総仕上げじゃ」
と言いました。

江(新妻聖子)は秀忠に、千姫のことだけを
何とかしてくれれば、気兼ねなくやって欲しいと言います。

真田信之(大泉洋)は真田信吉(広田亮平)真田信政(大山真志)
とともに秀忠にあいさつに行きました。
信之は病のため、信吉と信政が代わりに参陣すると言うと、
秀忠はうれしそうに納得してくれます。

真田信吉と真田信政それぞれに
小山田茂誠(高木渉)矢沢三十郎(迫田孝也)
を後見としてつけて、送り出します。
松(木村佳乃)が「危うい時はなるべく後ろの方にいて
声だけ出しなさい」とアドバイスするので
こう(長野里美)稲(吉田羊)は苦笑いです(笑)

3Dマップで、秀忠軍が江戸を出立した
と説明がありました。その数、5万です!


真田信之、青ざめる

真田信之(大泉洋)は、幸村が大坂方へついたと知って
「まずいことになった。源次郎が大坂方についた」
と青ざめます。
河原綱家(大野泰広)も驚きました。

信之は文を持ってきた佐助(藤井隆)に
「このような大事な文、もっと早く届けんか!
それがわかっておれば病を押してでも
わしが行っておった」と怒りました。

さらに信之は「弟は名を変えた。真田左衛門佐幸村。
わしが捨てた「幸」の字を拾いおった。
やつは本気じゃ。この戦、長引くぞ」とつぶやきます。

堀田作兵衛、与八も大坂へ向かう

堀田作兵衛(藤本隆宏)のもとへ佐助が行き、
幸村の腹心として大坂へ迎えたいと伝えました。
作兵衛は大喜びで、承諾します。

すえ(恒松祐里)石合十蔵(加藤諒)と仮祝言を挙げ
作兵衛は与八(今野浩喜)とともに大坂へと
向かうことにしました。

ところが、そのことを知った信之が刀を抜いて
「許さぬ!そなたはわしの家臣であることを忘れるな。
わしの家臣であるということは徳川の配下ということじゃ」
黙って行かせる訳にはいかん」と作兵衛に向かってきます。

作兵衛が槍を抜いて防御しますが、
信之は「作兵衛、わしに斬らせるな」と向かっていき
作兵衛はその勢いに押され、倒れてしまいました。
信之が「わしは徳川に忠義を誓ったのじゃ。
今さら曲げる訳にはいかぬ。源次郎のようにはなれんのじゃ」
と刀を振りかぶると手のしびれが来て、
うずくまってしまいました。

作兵衛は「ありがとうございます」、佐助が「いざ」と叫び
3人は去っていきます。
信之は「違う。待て、作兵衛」と言いながら、立ち上がれません。

千姫役 永野芽郁さん 登場

大坂城、豊臣秀頼(中川大志)は幸村に
千姫(永野芽郁)を紹介してくれましたが
その表情は暗いです。

そして秀頼は幸村に豊臣の総大将になって
欲しいと頼んできました。
幸村は驚きながら、受けることにしました。

内記だけでなく、同部屋の長宗我部盛親も、
賛成してくれくれます。
盛親は寺小屋で子どもに読み書きを教えていて、
戦は本当は嫌いだと打ち明けてきました。

大坂城の五人衆、大坂牢人五人衆

大広間で軍議が行われることになります。
塙団右衛門(小手伸也)は幸村に木札を渡して
あいさつしてきました。

秀頼が上座について、治長が軍議をはじめようとすると
又兵衛が昔の身分、禄高、しがらみなどを一切なくして
と提案してきます。
有楽斎が持ち上げ、治長がいったん預かることにしました。

つぎに治長が、全軍の総大将を秀頼の望みもあって
幸村に決めたいと言うと、又兵衛が「不承知」と反対します。

幸村は「大局を見ることのできる誰かが上に立つ。
それによって何倍もの力を得ることができるのです。
私には2度、徳川勢と戦い、2度勝ちを手にした武功がござる。
徳川の戦いを熟知しております」とアピールしました。
賛成と反対が入り混じり、まとまりそうにありません。

いったん総大将を辞退した幸村は「私に1つ策がございます。
「誰かひとりが際立ってしまうと、かえって角が立つことが
わかりました。されど勝つための戦をするには、やはり大将は
欠かせません。

十万の兵を5つに分け、それぞれに5人の大将を置き、
その上に総大将として右大臣秀頼公おんみずからが
立たれるというのはいかがでしょう?」と提案します。

真田幸村、後藤又兵衛、毛利勝永、
長宗我部盛親、明石全登の大坂城の五人衆、
大坂牢人五人衆の誕生です。

軍議の後、幸村がニコニコ笑ってるので、
内記がどうしたのかとたずねました。
幸村は「確かに牢人衆にまとまりはない。だがそれは、
おのおのが自分の行く末にのぞみを持っているからこそ。
あの者たちは今の境遇からはいあがろうとして
ここに集った。無理やり駆り出された徳川の兵たちとは
そこが違う。この戦、十分、勝てる」と微笑みましたね。

大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る