真田丸 ネタバレ 第41話 入城、真田幸村の九度山脱出大作戦

真田信繁(堺雅人)は、
片桐且元(小林隆)明石全登(小林顕作)から
「大坂城へ入って、徳川勢を迎え撃ってくれ」と依頼され
大坂城へ入城することに決めました。

そこで名前を変えることにして、大助(浦上晟周)に一緒に
くじ引きをして、真田幸村が誕生します。

豊臣と徳川の激突は避けられなくなりました。
信繁は真田幸村と名乗り、大坂方へ味方することを決意。
関ヶ原から14年の歳月が流れていました。


真田幸村、九度山脱出大作戦!

紀伊、九度山村、真田幸村は「私はここを抜け出し、
大坂城へ入る。近々豊臣と徳川の間に大きな戦が始まる。
私は秀頼公をお守りし、徳川家康に一矢報いるつもり」
と打ち明けます。
高梨内記(中原丈雄)は「大殿が聞かれたら
どんなにお喜びか」と涙を流しました。

幸村は内記、佐助(藤井隆)春(松岡茉優)
きり(長澤まさみ)に力を貸して欲しいと頼み
「これより脱出の策を伝える」と言います。
14年間も幽閉されていた九度山から脱出するべく
真田幸村の大作戦がはじまります。

後藤又兵衛 毛利勝永 大坂城へ入城

大坂城では来る徳川との戦に備えて、各地から集められた
牢人たちであふれかえっていました。

後藤又兵衛(哀川翔)は浪人たちを押しのけ
受付へやって来ました。
木村重成(白石隼也)が巻物の名簿を確認し
支度金の入った箱を渡します。

毛利勝永(岡本健一)も受付へ来て
重成が巻物の名簿を確認し、
「お待ちして申しておりました」とあいさつしました。

徳川家康、九度山の監視を強化!

駿河、駿府城、本多正純(伊東孝明)が大坂城へ
牢人が集まっていると報告すると、
徳川家康(内野聖陽)は「愚かなことじゃのう。
数をそろえたところで、所詮寄せ集め。
烏合の衆では戦には勝てんわ。
秀頼も大人しゅうしておれば、どこぞの一大名として
生き抜くこともできたであろうに」と語ります。

家康は「時に真田はどうしておる?確か安房守は死んだな。
息子は何と言うたかの?生きておるのか?九度山だったな。
見張りを増やせ。あれが大坂に入ったら、面倒になる」
と九度山の幸村への監視を強化しました。

九度山、幸村は長兵衛(木之元亮)を訪ね、真田紐の売上が
上がったので、一席設けて今日までの労をねぎらいたいと言います。
長兵衛は真田紐のおかげで村が潤ったと、賛成しました。


真田信之の2人の子、真田信吉、真田信政

江戸、真田屋敷、真田信之(大泉洋)は手のしびれが
どうしても取れないと悩んでいました。

すえ(恒松祐里)堀田作兵衛(藤本隆宏)が、
石合十蔵(加藤諒)を連れてきます。
すえと十蔵は祝言を挙げるのであいさつに来たのでした。
十蔵は長久保の庄屋です。

すえたちが去ってから河原綱家(大野泰広)が文を持ってきます。
文を読んだ信之は「上様が大坂へ出陣されるそうだ。
豊臣家もいよいよ終わりか。わしも大坂城へは何度も足を運んだ。
胸が痛む」とつぶやきましたね。

そして信之は嫡男をどうすりか悩んでもいました。
真田信之には2人の子がいて、
こう(長野里美)の子・仙千代の真田信吉(広田亮平)
稲(吉田羊)の子・百助の真田信政(大山真志)です。

長男・信吉は、気弱で剣術がまったくダメなのに対し、
次男・信政は、本多忠勝の孫らしく、負けん気が強い性格でした。

信政は、正室の子であるにも関わらず、
信吉を立てねばならぬことに不満な様子です。
稲が信政に注意してました。

信吉は剣術のけいこで、信政に痛めつけられ
松(木村佳乃)に手当されています。
こうはいろいろ心配をかけたと松に謝りました。

真田家の嫡男は、真田信吉

真田信之は矢沢三十郎(迫田孝也)小山田茂誠(高木渉)に
「いよいよ大坂方と一戦交えることとなった。この戦、
息子たちの初陣とする。これから先、当分戦は無いだろうから
息子たちに真の戦場を見せておきたいのだ。

兄上は信吉を、三十郎は信政をしっかり守ってやって欲しい。
わしは江戸に残る。この体で出陣は無理じゃ。
これを機に息子たちには、わしから離れて己の足で立って
欲しいのだ。わかってくれ」と頼みます。

稲が「信吉を正式に嫡男にするのはどうですか?」
と言うので、信之は「信吉?信政ではないのか?」と驚きました。
稲は「先に生まれたのは信吉。嫡男となるべきは信吉に
ございます」と言い、信之も賛成します。

信之と稲がそのことを伝えると、こうは感激して喜び、
信吉のところへ行って、抱きしめました。
真田家の嫡男が、稲のこうへの思いやりによって、
きれいに決まりましたね。


真田幸村、結び雁金、めでたけれで、消える

慶長19(1614)年10月7日、九度山の長兵衛の屋敷で
村人たちが集まって、宴が開かれました。

竹本義太夫(宮下誠)から「徳川さまより番人を増やすよう
お達しがあった。くれぐれもここを抜け出すなど考えぬように」
と釘を刺され
幸村は「それがし、ここを安住の地と考えております」と答え
長兵衛も「この方たちに限って、そのようなことは」と笑います。

廊下で、九兵衛(大内田悠平)が「大坂へは行かれないんですか?
徳川をぶっつぶしてほしいな」と声をかけてきますが、
幸村は頭を下げて、歩いていきました。

広間で、村人たちに、きりや春が酒をついで
竹本やその部下たちも誘います。
内記、佐助、春、きりが前に上がって
「結び雁金、めでたけれ」と踊りだし、
幸村も加わって踊りだしました。

やがて踊りながら、佐助が消え、春と内記、きりが去り、
最後に幸村が出ていきます。
竹本はごきげんで自分も踊ろうとしますが
長兵衛がついだ酒が米のとぎ汁だったので
幸村たちが逃げたのに気づきました!

真田幸村、九度山から脱出成功

真田幸村は春、大助(浦上晟周)梅(大出菜々子)たちと
森の中の寺で合流します。
そこへ九兵衛、七(富山えり子)が来て
「俺も連れて行ってくれ」と頼んできました。

長兵衛に案内され、竹本たちが寺の前まで来ます。
竹本たちが踏み込むと、誰もいません。
長兵衛は「ここではなかったか。何しろここは高野山。
寺は山ほどございますでな」と笑います。
佐助は長兵衛とアイコンタクト。
長兵衛も幸村に味方してくれたのですね。

やがて佐助が合流してきたので、
幸村は「仲間が1人増えた」と言って
九兵衛に道案内を頼み、九度山を後にしました。

服部半蔵VS.真田幸村

九度山を脱出した信繁について正純が問題視しないので
家康は「侮るな。真田安房守の息子だぞ。
左衛門佐がどれだけ力を持っているかはどうでもよい。
大事なのはやつの父親が真田安房守だということ。
安房守の勇猛ぶりはいまだ語り継がれておる」と言います。
正純は「まだ手はございます。伊賀に服部半蔵が戻っております」
と言います。

宿の一室、春が「私も戦います」と明るく言うと
幸村は「それはならぬ!!」と大声で止めました。

男が「おいでやす」と布団を持ってきたので、
佐助は「待て!」とクナイを投げます。
服部半蔵(浜谷健司)です。

佐助と半蔵が戦っていると、幸村と内記が加勢にかけつけました。
追い詰められた半蔵は「我に秘策あり、全力で押し通す」
と走り去っていきます。危なかったですね。

宿の小部屋で、幸村は老人に変装しました。
きりは「どこから見ても、得体の知れないじじいだわ」とほめます。
老人になった幸村は「私が九度山を脱したことは徳川方の耳に
入っている。そんな中、城下に颯爽と現れたらどうなる?
うわさが広がり、敵は大いに身構える。こちらにとって得なことは
1つもない。油断させるのだ」と解説しました。

真田幸村、大坂城へ入城

真田幸村は老人に扮装をして、杖をついて大坂城へ入城します。
後藤又兵衛と毛利勝永は「あれが真田か?ずいぶんと老け込んだな」
とあっけに取られていました。

幸村は案内役に頼んで、厠を借りて、変装をときます。
杖を大助に渡した幸村は、廊下を進んでいきました。

幸村が「真田左衛門佐、九度山より参上しました」と言うと
受付の木村重成は「あなたは真田左衛門佐殿?」と聞きます。
幸村は「真田左衛門佐幸村、これよりそう名乗らせて頂きます」
と名簿を取って「信繁」を消し「幸村」と書き足しました。

幸村を明石全登が迎えてくれます。牢人たちの大部屋へ戻り、
後藤又兵衛、毛利勝永にもあいさつしました。
長宗我部盛親(阿南健治)も加わると、
大坂城の五人衆、大坂牢人五人衆ですね。

豊臣秀頼と真田幸村との再会

秀頼の居室の下座に、幸村が控えていると、
大野治長(今井朋彦)がやって来ました。
幸村が「今、兵の数はどのくらいでございますか?」と質問すると
治長は「雑兵も加えれば、およそ10万」と答えます。

豊臣秀頼(中川大志)がやがて現れました。
幸村は「かつて私はこの大坂城で、太閤殿下に息子のように
かわいがって頂きました。今こそ、その恩返しの時と考えます」
と言います。

秀頼が「上田城に籠もり、2度に渡って徳川勢を退けたのは
まことか?」と聞くと、治長がそれは真田安房守だと否定しました。
幸村はそれを遮り「私でございます。世間では父・安房守が
采配を振るったことになっておりますが、実を申せば
徳川を打ち破ったのは、私。父は黙って見守るのみでございました」
とウソを言って、アピールします。

幸村は秀頼に、10万の牢人の兵糧を確保するため、
堺の港と大坂の徳川方の大名屋敷を押さえようと提案しました。
不敵に笑う治長が、これからどう幸村に接してくるか心配です。

茶々と真田幸村との再会

大蔵卿局(峯村リエ)とともに、幸村がが歩いていると
桃の木があったので立ち止まります。

茶々(竹内結子)がちょうど通りかかりました。
大蔵卿局が「左衛門佐が戻ってまいりました」と声をかけると
茶々は「また会えましたね、源次郎」と笑顔で近づいてきます。

ついに真田信繁が真田幸村として大坂城へ戻ってきました。
徳川と戦う前に、幸村がどう豊臣家の家臣や牢人たちを
まとめていくのか、これから見どころですね。

大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る