草刈正雄さんの真田昌幸と見る「真田丸」大阪城のPV

大河ドラマ「真田丸」で、真田昌幸役を演じた草刈正雄さんが
参加する企画が発表されました。

大阪市内の大阪城西の丸庭園に、大型モニターを設置して、
10月9日の「第40話 幸村」を鑑賞しようという
パブリックビューイング(PV)を行うというのです。


草刈正雄さんの昌幸の最期、白髪のカツラで仙人のよう

草刈正雄さんの真田昌幸は「第38回 昌幸」で
死んでしまいました。
昌幸は真田信繁(堺雅人)とともに関ヶ原の合戦で
西軍に味方します。
真田軍は徳川軍に勝ったのに、石田三成らの東軍が
敗れてしまったため、九度山へ流されました。

ドラマの中ではあっという間に10年が過ぎ、
真田昌幸は徳川家康に許されることなく、
失意のまま退場となったのです。

死ぬ間際の昌幸を演じる草刈さんの演技はよかったです。
落ち込んで、すっかり老け込んだ昌幸を表現するため、
長い白髪のカツラで仙人のような格好でした。
さらに草刈さんは、いつものハキハキした口調でなく、
こもった声を出して、最期の真田昌幸を表現してましたね。

草刈さんが退場してしまった「第39回 歳月」からは
「真田丸」の雰囲気がガラッと変わってしまいました。
草刈昌幸は、主役の真田信繁や真田信之を食ってしまう
存在だったですよね。


真田信繁が大阪城へ入城

「真田丸 第40話 幸村」は九度山へ流された
真田信繁の元へ大坂からの使者・明石全登(小林顕作)が
来たところからです。

片桐且元(小林隆)に味方になって欲しいと誘われ、
最初は断っていた信繁はついに大坂城へ入場します。

豊臣秀頼(中川大志)茶々(竹内結子)らと
大坂城で再会した信繁が、大坂冬の陣、大阪夏の陣へ向かって
どう動いていくのか注目です。

その大阪城で、パブリックビューイング(PV)が
行われるんです。主役の真田信繁ではなく、
真田昌幸が先に大阪城にいるという粋な企画です!


真田丸大坂城パブリックビューイング(PV)

パブリックビューイングを企画した大阪放送局によると、
午後5時から草刈さんらのトークイベントを行われます。
小山田茂誠役の高木渉さん、矢沢三十郎役の迫田孝也さん
河原綱家役の大野泰広さんの出演も予定されています。

そして午後6時からBSプレミアムで放送される
「真田丸」を300インチの大型モニターで
上演するそうです。

PV参加者は西の丸庭園の入場料が無料となり、
真田信繁軍の赤備え甲冑にちなんで、
ファンに「赤」の衣服などをまとって参加するよう
呼びかけています。

NHK大河ドラマで、ここまで大がかりなPVが
行われるのは異例だそうで、ぜひ成功させて欲しいですね。

大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る