真田紐完売!真田丸効果!

真田紐が完売というニュースが入ってきました。びっくりですね。

真田紐(ひも)は、大河ドラマ「真田丸」の
「第39回 歳月」の中で、出てきました。
真田信繁(堺雅人)は九度山に流罪となり、
苦しい生活の中で、真田紐を考案したというのです。


織元すみや 墨屋のサーバーダウン

真田丸の放送が終わると「真田紐」の検索が急上昇し、
真田紐を販売している「織元すみや 墨屋」という
お店のサイトへアクセスが集中しました。
しばらく、サイトが見れない状態が続きます。
(現在は見ることができます。)

「織元すみや 墨屋」は、真田紐の製造、販売で
市場占有率85%を占める販売最大手です。

グーグル検索してみると「織元すみや 墨屋」は
Wikipedeaについで2位にあがっています。
そのホームページを見ると、真田紐についての
工場直営オンラインショップがありました。

それだけでなく「真田紐とは」「真田紐のご利用例」
「真田紐を使ったラッピング」「結び方・処理方法」など
詳しくのってます。

さらに「真田紐と真田幸村」として、
真田幸村(真田信繁)の生き様が歴史的イベントごとに
詳しくまとまっているのは、
真田丸ファンとしてうれしいですね。


真田紐 完売

「織元すみや 墨屋」が大手通販サイト「アマゾン」で
販売している商品は完売したそうです。

真田紐について、アマゾンを見てみると
他の販売店でも売っていました。

しかし「現在在庫切れ」
「通常3~4日以内に発送します」
「残り?点 ご注文はお早めに」などと品薄になっています。
真田紐の人気が一気に来たようですね。

真田丸は真田紐のプロジェクトX

「真田丸 第39回 歳月」は、
真田紐のプロジェクトX回だと見る人もいるようです。

(1)真田信繁は九度山に流され、苦しい日々を送る。
    ↓
(2)真田信之が、そばの実を送ってくれる。
    ↓
(3)そばがきを作って、村人に売るが、まったく売れない。
    ↓
(4)たかが、ルソンのネエバラのひもをお土産に持ってくる。
    ↓
(5)真田信繁がそれをヒントに真田紐を思いつく。
    ↓
(6)きりと春が苦労して真田紐を編み上げる。
    ↓
(7)佐助が真田紐の商品試験をし
   「1本、おいくらですか?」と思わず聞く。
    ↓
(8)信繁が長兵衛に、真田紐の製造と販売の権利を売る。
    ↓
(9)お金が入って、大成功!ごちそうが並ぶ。

三谷幸喜さんの書いた今回の真田丸の流れを振り返ると、
確かに、プロジェクトXですね。


真田丸紀行の真田紐

真田丸の終わりにある「真田丸紀行」でも、
真田紐が紹介されてましたね。

和歌山県九度山町の遍照寺などが紹介されてから、
真田紐研究会の人たちが、織機を使って
真田紐を編んでいる様子が映し出されました。

真田紐は自転車のハンドルにも!

真田紐は戦国時代に、武具や馬具に使われていました。
例えば、刀の柄に巻くと、滑りにくくなるので、
実戦向きだったのです。

やがて、桐箱の装飾結び紐、帯締め、草履の鼻緒といった
日常生活の中でも使われるようになります。

さらに、飲み物のカップを置くコースター、
本のブックバンドやしおり、ブックマーカー、
携帯ストラップや携帯電話入ミニポーチなどにも
利用されるようになりました。

真田紐は滑りにくいという特徴があるので、
自転車のハンドルを巻く紐にも使われているそうです。
「サムライバーテープ」という名前で
海外にも輸出されているというから、びっくりです。

真田丸の効果で、見直され、一気に人気になった真田紐!
ファッショナブルで、意外な活用法もあるので、
一時的なものでは、終わりそうにありませんね。

真田紐 in 真田丸 
大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る