真田丸 ネタバレ 第36話 勝負 第二次上田合戦

石田三成(山本耕史)の挙兵を知った真田昌幸(草刈正雄)。
以降、真田信幸(大泉洋)は徳川に、
真田信繁(堺雅人)真田昌幸は豊臣に、
付くことになりました。
真田の生き残りを賭けた大勝負が始まります。

真田家同士が戦うという危険性もありますが、
犬伏の別れは真田家を存続させるための
究極の選択だったのですね。

昌幸と信繁は、半分の兵で上田城へ向かうが、
残りの半分の信幸は徳川につくと説明すると、
矢沢三十郎(迫田孝也)堀田作兵衛(藤本隆宏)たちは驚きました。

信幸の陣、河原綱家(大野泰広)が信幸に、
徳川家康(内野聖陽)が小山の陣に入ると報告します。
綱家は歯が折れて、うまくしゃべれません(笑)

上野、岩櫃城、松(木村佳乃)小山田茂誠(高木渉)は、
昌幸が上田城に戻るが、徳川から離反したようだと
深刻な表情で話してました。
ところが2人は、昌幸らしいと笑い出し、
茂誠は「上田へ行ってまいる」と出かけていきます。


小山評定、真田信幸は家康に賛同する

下野、小山、家康の陣に、
毛利輝元(浅地直樹)宇喜多秀家(高橋和也)が挙兵し、
伏見城に攻めかかったと知らせが入ります。
家康と本多正純(伊東孝明)は三成が裏で糸を引いていると
見抜いて、諸大名を集め、軍議を開くことにしました。

7月24日、信幸は家康の元を訪れます。
昌幸と信繁が豊臣へ付いたと知り、家康は「意味がわからん」と
混乱していました。

正純から「なにゆえ、お主は残った?」と聞かれ、
信幸は「それがしの妻の父親は本多平八郎殿。
義理の父は徳川内府様、それが答えにございます。
内府様を裏切った父・安房守の所業、決して許されることでは
ございません。代わりに腹を切れと仰せなら、
今ここで切りましょう」と答えます。

本多忠勝(藤岡弘、)が信幸をかばい、正純が責めました。
家康は近寄ってきて「伊豆守、お主の親父に去られたのは痛いが、
それ以上に、お主が残ってくれたことを、
わしはうれしく思うぞ。まれに見る忠義者じゃ」
と信幸の手を取りましたね。

小山、家康の陣、家康は諸大名を集めて、
毛利輝元、石田三成らが挙兵したので、大坂へ取って返し、
秀頼を救いだすが、大坂へ人質を置いている方は、
それぞれの決心に任せると話しました。

福島正則(深水元基)が三成を成敗すると立ち上がると、
細川忠興(矢柴俊博)につづいて信幸も同意し、
豊臣恩顧の大名がたちも味方することになり、
家康は上杉攻めを中止し、軍勢を西へ向けることにします。

廊下、家康は正純に「つまり、翻ったのは安房守だけか」と確認し、
「またしても安房守!断じて、許さぬ」と怒りを露わにしました。


稲、沼田城から真田親子を追い返す!

信繁と昌幸は徳川軍を迎え撃つため上田城へ向かいます。
その途中の沼田近くの寺で休息を取っていると、
小松姫・稲(吉田羊)こう(長野里美)がやって来ました。
百助(遠藤颯)仙千代(菊井凛人)も一緒です。

信幸がいないので、稲がどうしたのか聞くと、
昌幸と信繁は豊臣側につくが、信幸は徳川側につくことになった
と説明しました。
稲は支度を整えて出迎えるので、しばらく猶予が欲しいと頼み、
昌幸は一刻遅れて沼田へ行くことになります。

昌幸信繁の軍が沼田城の前へ行くと、沼田城の城門は
閉まったままです。
三十郎が「開門!我らは真田安房守の軍勢である。
直ちに門を開けよ」と叫ぶと、
櫓門の上から甲冑を身につけ、薙刀を持った稲が現れました。
こうも同じ格好で控えています。

稲は「これより一歩たりともお通しすることは参りません!
我が殿・真田伊豆守は徳川方。ならば徳川に歯向かう者は、
すべて敵でございます!お引取りを!」と叫びました。

昌幸が「まあ、そう言うな。敵と言うても我ら…」と言うと、
弓を持った兵が現れ、稲の「射かけよ!」と命じます。

信繁が「待て!」と止めると、
昌幸は「さすが徳川一の名将・本多平八郎の娘じゃ。
源三郎は良い嫁をもろうたの」と笑って、引き返しました。

真田親子、徳川家康軍を迎え撃つ

7月27日、昌幸たちは上田城へ戻ります。
真田親子は、高梨内記(中原丈雄)小山田茂誠らに
会津征伐から引き返してきた徳川軍を迎え撃つと話しました。

昌幸は「何の因果かこの城で徳川勢と戦うのは2度目じゃ。
同じ策は使えん。苦しい戦になるがよろしく頼むぞ」、
信繁は「徳川勢の中には兄、伊豆守もいる」と言うと、
家臣たちに動揺が走ります。
昌幸は「戦に情けは禁物じゃ。遠慮するな。
しかし、多少は気にかけろ」とフォローしました(笑)

家康の陣、家康は信幸に、宇都宮にいる秀忠軍に上田攻めを
命じたので、その先鋒を務めるよう命じます。
家康は「わしはお前を信じるが、そうでない者もおるのだ。
そのための先鋒である」とたぬきですね。

8月1日、信幸は沼田城に入り、こうと稲に出迎えられます。
一方の昌幸の元には、三成から書状が届きました。
小諸と深志と川中島と諏訪を切り取り次第で、
真田の領地にしてもいいという内容です。

甲府と信濃も加えて欲しいと昌幸が追加を頼むと、
三成はあきれますが、大谷吉継(片岡愛之助)は
「よいではないか。くれてやれ。真田が信濃にいてくれるおかげで
徳川は全軍をこちらへ回すことができなくなる。
この戦、案外真田が要かもしれん」と同意しました。
返書を受け取った昌幸は「よっしゃ!」とガッツポーズです(笑)

徳川秀忠軍、上田城へ向かう

第二次上田合戦、真田兄弟の戦いを阻止するための策略

9月6日、秀忠軍は小諸城を出て、神川を渡り、
上田に近い染屋原に陣を敷きました。
3Dマップで両軍の布陣が映しだされます。
いよいよ第二次上田合戦です。

上田城、信繁は昌幸に、真田兄弟の戦いを阻止するため、
1つ策があると提案しました。
信繁は三十郎を呼んで、戸石城へ行って徳川相手に一芝居打つと
話します。
信幸が戸石城を攻め、信繁が守るが、三十郎が内通者として
城門を開いて、信幸が攻め込んで、信繁は退く策略です。

信繁が「我らが去っても城に残れ。内通者が一緒に逃げてはおかしい。
これ以降は兄上に従うのだ」と命じると、
三十郎は涙を流し拒否しました。
信繁が「お前が一番信じられるゆえ頼んでいるのだ。
父と兄が本気で戦うことを避けるには、これしかない。
いずれ真田が1つになるまでの辛抱だ」と言うと、
三十郎はわかってくれましたね。

染屋原の陣、佐助(藤井隆)から信繁の文を受け取った信幸は
「心得た。戸石城か」と納得します。
やがて軍議が開かれました。
正信が「この平岩殿は15年前の上田城攻めにも加わっておりました」と言うと、
平岩親吉(東武志)は「今度こそ上田城を落としてみせまする」とやる気です。

正信が「あの折はご城下に誘い込まれて、まんまと敵の罠にはまりましたな」と振り返りました。
「第13回 決戦」で描かれた第一次上田合戦では、
上田城へ攻め寄せる徳川軍を撃破し、真田軍が勝利しました。
しかし、信繁は妻・梅(黒木華)を亡くしてしまったのです。



戸石城での真田兄弟の戦い

正信の作戦は、刈田で敵の兵糧を奪い、じわりじわり兵糧攻めする作戦です。
第一次上田合戦で、戸石城にいた真田の伏兵を指揮していたのが信幸だと明らかになって、平岩親吉との間に微妙な空気が流れました(汗)
正信が疑ってきたので、信幸は戸石城攻めを志願し、内通者の存在を明かします。

夜の戸石城を守るのは信繁軍、攻めるのは信幸軍です。
兵たちは戸惑い、平岩親吉は疑いながら、戦いが始まりました。
信繁が「放て」と命じると、鉄砲隊が火を吹きます。
信幸も「放て」と応じ、鉄砲隊で応戦しました。

やがて信繁の合図で、三十郎が門を開けると、
信幸が「突っ込め」と命じ、信繁は「引け」と命じます。
三十郎が「矢沢三十郎頼幸、真田伊豆守の命を受け、
ただいまより徳川方にお味方仕る」と膝をつくと
信幸が「ご苦労であった」と答えました。
その様子を親吉が見てましたね。

真田兄弟の軍が戦っている中、信繁と信幸がアイコンタクトすると、
煙玉が破裂し、煙が充満します。
櫓門の上に立った信幸は「勝ちどきじゃ」と命じ、兵たちが掛け声を上げました。
この日から信幸は戸石城から一歩も動きませんでした。
徳川勢が上田を攻めている間、真田勢同士がぶつかることは一度もなかったのです。

第二次上田合戦、真田親子、秀忠軍に迫る

上田城、昌幸は城を出て敵の陣を1つずつ潰していく作戦に出るので、それぞれに指示を出しました。
信繁には小競り合いをして、すぐに引きように、
茂誠には敵の兵糧を奪うように、
作兵衛には刈田を邪魔するよう命じます。

徳川方の陣、平野長泰がするめを食べていると、武装した信繁が攻め寄せて来ますが、するめを真っ二つにして引いていきました(笑)
茂誠も、作兵衛も作戦を実行していきます。

やがて雨が振ってきました。正信は昌幸が時を稼いでいた訳を見抜きます。
雨で神川の水が増して、秀忠軍の退路が断つのが目的だったのです。

上田城、内記は「すべて殿の目論見通り!正面から討って出ますか?」と聞くと、
昌幸は「その裏をかく。兵500で本陣の裏へ回れ。蚕山じゃ。秀忠の首を取ってしまえ」と信繁に命じました。
昌幸は半月かけて攻め口を作っていたのです。
信繁が驚くと、昌幸は「始まる前が肝よ」と話しました。

秀忠が正々堂々と正面から戦うと叫んでいると、家康から知らせが届きます。

夜、信繁軍が秀忠の陣へ迫っていくと、与八(今野浩喜)が徳川軍の旗を発見しました。
信繁らが秀忠の陣へ踏み込むと、誰もいません。

徳川勢は突然に真田攻めを中止し、撤退していました。
決起にはやった福島正則が石田方の岐阜城を攻め落とし、西国の緊張が一気に高まったのです。
あわてた家康は秀忠に合流するよう命じたのでした。

関が原の合戦!

9月15日、石田三成率いる8万の軍勢が関ヶ原に陣を張りました。
甲冑をまとった三成と吉継、島左近(玉置孝匡)の姿が見えます。
対する徳川家康軍は9万、天下分け目の関が原の合戦が始まりました。

信濃、上田城、昌幸信繁親子と家臣たちは、勝利の美酒に酔っていました。そこへ佐助が現れます。
「関ヶ原において、石田治部少様と徳川内府様の軍勢がぶつかりました」と報告すると、みんな騒ぎ出します。

信繁が「静かに!佐助、続きを」とうながすと
佐助は「戦は朝方にはじまり、昼すぎには勝敗が決しました。
徳川方の大勝利にございます。
大谷刑部様はお討ち死。石田治部様は行き方知れず」と言い、
信繁は「石田様が負けた」と固まりました。

「真田丸」では、関が原の合戦は描かれませんでした。
大河ドラマ「葵 徳川三代」が詳しいので見て下さいね。

真田丸 第13回 決戦
大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る