真田丸 ネタバレ 第32話 応酬

石田三成(山本耕史)と徳川家康(内野聖陽)が激しく対立します。
三成に依頼され、真田昌幸(草刈正雄)は家康暗殺を決行しますが、失敗に終わりました。
そんな時、太閤・豊臣秀吉(小日向文世)が死にます。

伏見、真田屋敷、真田信繁(堺雅人)真田信幸(大泉洋)昌幸が話していました。出浦昌相(寺島進)は有馬で養生させることにし、佐助(藤井隆)がついていると信幸が報告します。出浦は死んでなかったんですね。

信繁が「何ゆえ徳川殿の命を取ろうと思ったのですか?」と聞くと、昌幸は「石田治部から頼まれた」、信幸は「世が乱れれば、我ら真田の出番もあると父上はお考えなのだ」と説明します。
昌幸は「信濃、信玄公のご領地をこの手に取り戻す。そのためには一度、乱世に戻すしかない。しかしその夢も露と消えた」と無念そうです。
きり(長澤まさみ)が来て「源次郎様、急ぎお城においでください」と言いました。

伏見、徳川屋敷、家康が「どこの者かわかったか?」と聞くと、本多正信(近藤正臣)は「何一つ手がかりを残さず、消えてしまいました。どうせ命を狙われるのなら、思い切って天下を取っておしまいになるというのは如何でしょうか」と聞き返します。
家康は「くどい!」と断りました。雷鳴が鳴っています。

伏見城、信繁ときりが行くと、茶々(竹内結子)は「そう長いことないと思ってましたんでね」と言いました。
寝所の寝台に寝かされている秀吉の横で、福島正則(深水元基)が号泣しています。
次の間で、信繁が「ご最後はどのようでございましたか?」とたずねると、片桐且元(小林隆)は「まるで眠るように、すっとお亡くなりに」と答えました。ウソですよね(笑)

三成は信繁と且元に「殿下が亡くなられたことはしばらく伏せておく。伝えるのは5人の老衆(おとなしゅう)および奉行の面々。その他はごく内々に留める。御遺骸はかめに入れて、塩にづけにする。一番奥の部屋に…」と説明していると、
寧(鈴木京香)が「私に聞こえんところで、話してくれんかね」と注意しました。
やがて秀吉を入れたカメが蔵の一番奥へと運ばれ、台座の上に置かれます。
黒澤明監督の映画「影武者」に出てきたカメみたいに、大きなカメでしたね。

伏見、治部少丸、三成がこれからの任務についてどうしたいか聞くと、信繁は「石田様の下で働きとう存します」と頼みます。
三成は「私はほどんど間違えることはないが、ごくたまに誤った決断をすることがある。そんな時は、遠慮のう教えてくれ」と言いました。

徳川屋敷、正信から秀吉の死を知らされ、家康は徳川秀忠(星野源)を呼んで「すぐに江戸に戻れ」と命じます。秀忠が「何ゆえ?」と質問すると、家康は「たまには頭を働かせよ!」と怒りました(笑)


大谷屋敷、三成と信繁が相談に行くと、大谷吉継(片岡愛之助)は「上杉、毛利、宇喜多殿には、徳川に張り合うだけの力はまだない。となると…」と言います。

信繁と三成は、前田利家(小林勝也)を訪ねました。秀吉の盟友である76万石の大大名。前田大納言利家は寝ていましたが、前田利長(萬雅之)に「父上」と呼ばれると「無念じゃ。わしの体がもう少し動けば。藤吉郎はわしに秀頼様を託した。わしの目の黒いうちは、勝手なまねはさせぬ」と言います。
帰り道に三成は「そう長くはないだろう。今のうちに打てる手は打っておかねばな」と信繁に話しました。

伏見城、家康は「これからは我ら5人と5人が力を合わせ、秀頼公をお守りしていこうではないか。この徳川内府、10人の要となって、豊臣家のために、全力を注ぐつもりでござる」と言って、三成につなぎます。

三成は、秀吉の葬儀について、朝鮮の全軍の引き揚げが済んでからと説明し、五大老の宇喜多秀家(高橋和也)上杉景勝(遠藤憲一)毛利輝元(浅地直樹)前田利長(萬雅之)家康に承知してもらい、花押を据えてもらいました。

**
信繁が真田屋敷へ戻ると、矢沢三十郎(迫田孝也)がいました。信幸が気を利かせて呼び寄せてくれたのです。
夜、家族みんなで集まりました。薫(高畑淳子)が秀吉の死を知っていたので、信繁が「どこで聞かれたのですか?」と質問します。
薫はこう(長野里美)から、こうは稲(吉田羊)から聞いていて、春(松岡茉優)も知っていました(汗)

信幸は正信の宴に呼ばれていると言い、秀忠が江戸へ戻ったと話します。信繁と三十郎がなぜだかわからずにいると、昌幸は「信長の二の舞いを避けたのじゃ。織田が滅んだ一番の訳はなんじゃ?信長が死んだ時、嫡男信忠も討たれたからじゃ。家康は息子ともどもここで討ち死にしては徳川が滅ぶと考えた。それゆえ秀忠を江戸へ返したのじゃ」と解説しました。

伏見城、阿茶局(斉藤由貴)は寧と茶々に「これからは徳川内府が要となって、豊臣家をお守りしてまいります」と話してるのを、きりが聞いてましたね。
家康は寧に接近してきます。

秀頼(石田星空)は且元と庭で剣のけいこをしていました。それを見ながら茶々は信繁に「殿下が亡くなってから、だいぶ大人びてきたような。左衛門佐、私の頼みを聞いてくれますか」と穏やかに話します。
秀吉が入ったカメの前に来ると、茶々は笑い「ここはかび臭くて、殿下にふさわしくない場所だから」と信繁の手を握ってきました。

***
徳川屋敷、正信は料理と酒を用意し、宴を開きます。伊達政宗(長谷川朝晴)長宗我部盛親(阿南健治)ら大名たちの中に、信幸も座っていました。正宗が「殿下はすでにお亡くなりではないのか?」と言い出すと、正信は「もそっと明るい話にしませんか」と話題を変え、政宗の娘はいくつになると聞きます。

伏見城、長束正家(木津誠之)が徳川屋敷で毎日宴が開かれると言うので、三成は「徳川め。大名たちを引き込むつもりだな。負けてはおられぬ。我らもやろう」と動き出しました。

座敷に14の膳が用意されますが、三成と信繁が行くと、宇喜多秀家、片桐且元、長束正家、小早川秀秋(浅利陽介)しかいません。
やがて細川忠興(矢柴俊博)が来ますが、三成は出て行ってしまいます。

細川屋敷へ帰った忠興は、細川ガラシャ、明智玉(橋本マナミ)に「行って損をした。驚くほど淋しい会合であった」と立ち去りました。
玉と話していたのは、きりで切支丹になりたいと相談します。
きりに覚悟を聞いて、玉は「やめておきましょうか。されどあなたは半ば救われているようなもの。信じたいと思ったのなら、あなたの気持ちはもうデウスの御心に届いています」と言いました。

****
肥後名護屋城、11月に朝鮮から加藤清正(新井浩文)が帰国します。清正が「亡くなられたのか?」と聞くと、三成は「8月18日。みなが大坂に戻ったところで大掛かりなご葬儀を執り行うつもりだ」と話しました。

宴が開かれますが、三成が去ろうとするので、酔っ払った清正が「もっと話そうではないか。お前と飲みたいんだよ」と接近してきて、三成は「飲みたくないんだ」と逃げ出します(汗)

伏見、明石全登(小林顕作)が「すでに伊達政宗様の娘と内府様のご子息のご婚儀が定まり、さらに福島正則様のお子と内府様のご養女との縁組も進んでおるとか」と報告し、宇喜多秀家は怒りました。

徳川屋敷、信繁と信幸は家康を訪ねます。本多忠勝(藤岡弘、)は「婿殿、殿より例の話を聞いたぞ」と、稲の他に子がいる話を切り出しました。信幸がビクビクしてると、忠勝は意外にもあっさりと許してくれます。

信繁が、伊達政宗の娘と家康の息子の忠輝の縁談について、秀吉の遺志に反するのでは?十人の合意が必要では?と責めました。家康は「殿下はまだ亡くなってはおらぬ。ご葬儀もあげてはおらぬ。では今はまだご遺言に従う時ではないと思ったのだが?何か差し障りがあろうか」とかわしてきます。

*****
明けて正月5日、太閤秀吉の死が公表されました。豊臣秀頼は後見の前田利家とともに大坂城へ入ります。

大谷屋敷、三成は「加藤清正が徳川内府の娘を嫁にもらうそうだ」と言い、信繁は驚きました。三成が「かくなる上は内府を呼び出し、評定の席で問いただす」と言うと、吉継は「時を待つのだ。秀頼様がご成人されれば、徳川内府が入り込むすきはなくなる」となだめますが、三成は「それでは遅すぎる」と怒ります。

上杉屋敷、信繁が吉継の文を渡すと、景勝は「我は太閤殿下の御前で誓いを立てた。それを裏切る者をわしは許さん」と言いました。
直江兼続(村上新悟)は不安そうな顔です。

伏見城、景勝が「治部、事は我らに任せよ」と言うので、どよめきが起こります。
家康がやって来ると、秀家が家康を責めました。ところが家康は「掟のこと、忘れておったわ」としらばっくれます。たぬきですね(笑)
景勝が「忘れたでは済む話ではない」と小声で言いますが、家康から「何か申されましたか?景勝殿」と聞かれ、景勝は「なんでもござらん」と黙ってしまいます。

三成が「徳川内府殿に申し上げる。御掟に背いたのは間違いないこと。この責め、いかに負われるおつもりか?返答次第では、我ら9人の合議をもって、老衆から退いていただく」と立ち上がりました。

家康は「これはいなことを申される。この徳川家康、太閤殿下にじかに老衆のお役目を仰せつかった。それを勝手に退けるとは、まさにそれこそが御遺命に背くことになるのではないか?違うか、治部少?

そなたこそこの徳川内府を締め出そうという魂胆。あさましき限り。そこまでして政を独り占めしたいか?そうはいかんぞ。何のための老衆じゃ?わしが退いても、前田大納言殿を始めとして、宇喜多殿、上杉殿、毛利殿が目を光らせておる。そうでござるな、ご一同。
君側の奸の出る幕ではないわ」と言います。
三成が「聞きづてなりません」と怒ると、家康は「控えよ!治部少」と怒鳴りました。

三成は一人で秀吉のカメのところへ行きます。夜が明けて、信繁が控えていると、三成が来て「腹は決まった。徳川屋敷に夜討ちをかけ、家康の首を取る」と言いました。
慶長4年正月21日、伏見のもっとも長い1日が始まろうとします。

大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る