真田丸 ネタバレ 第31話 終焉

度重なる天災、朝鮮への再出兵、世間の不安は高まるばかりでした。そして今、太閤・豊臣秀吉(小日向文世)の死がすぐそこまで迫っていました。

伏見城、真田信繁(堺雅人)は秀吉に「何かございましたら、これをお振りください」と南蛮風のベルを渡し、去ろうとすると、秀吉はうれしそうに何度もベルを鳴らします(笑)

信繁と石田三成(山本耕史)は大谷屋敷の大谷吉継(片岡愛之助)を訪ねました。三成と信繁が、老衆(おとなしゅう)(大老のこと)徳川、前田、宇喜多、上杉、毛利、奉行は浅野、大谷、石田、増田、前田、長束にしたいと話すと、吉継は「私を外してもらいたい。やつれたこの姿、一目にさらしとうはないのじゃ」と固辞します。

控えの間、三成と信繁と片桐且元(小林隆)は徳川家康(内野聖陽)に会って、五大老五奉行について説明しました。そして秀吉の遺言へ花押を書いてもらいます。

徳川屋敷、阿茶局(斉藤由貴)は「殿、天下をお取り下さいませ」と言いますが、家康はやる気がありません。本多正信(近藤正臣)は「これはいけませんな。事を決める時には、いちいち奉行衆を通せと言うておるようなもんで」と秀吉の遺言に文句を言います。

そこへ三成がやって来ました。三成は家康に、秀吉の遺言を守るよう念を押し、朝鮮から兵を引き上げる差配に九州へ入るので、その間に決して家康1人の考えで動かぬよう釘を刺します。

三成が去ってから、正信は「いっそ反故にしてしまいますか?たやすいことにございますよ。殿下御自らがお書きになったより新しい遺言があったらよろしい」と言い出しました。

真田屋敷、真田昌幸(草刈正雄)は仙千代と百助に、鬼退治に行く戦略について説明してるのを、出浦昌相(寺島進)が少し離れたところから見てましたね(笑)

大谷屋敷、三成が「徳川内府に釘を刺してまいった」と報告すると、吉継は「裏目に出るぞ」と心配してました。三成は吉継と信繁に「秀吉様が関白になられる日まで、一日たりとも油断はできぬ。殿下の思いが叶うよう、私の力になって欲しい」と頭を下げます。


伏見城、家康と正信と本多正純(伊東孝明)が突然やってきて、且元は通してしまいました。織田信長の鎧をプレゼントし、遺言書に一筆加えて欲しいと頼みます。「秀頼の事、頼む」としか言えない秀吉の手を、正信がつかんで、無理やり書き加えました(汗)

且元が家康たちを通したと知って、三成は怒りました。三成と且元と信繁は再び秀吉のところへ行って、秀吉の遺言の行と行の間に、さらに書き加えていきます。最後に「以上」と入れてもらおうとしてると、寧(鈴木京香)が「おやめなさい!」と入ってきました。
三成が遺言状を手に去ってから、信繁は寧に、茶々(竹内結子)は秀頼(石田星空)を秀吉に会わせたくないらしいと話します。

信繁が茶々に会いに行くと、茶々は「殿下を見れば、きっとあの子は殿下の大きさを知る。でも同時に、他の面も知ってしまう。私はそれを案じているのです。殿下がお元気だったうちは隠れて見えなかったもの。あの方の心の卑しさ、醜さ、冷たさ。そんなものまであの子は感じ取ってしまう。6才の子供は恐ろしいですよ」と話しました。

真田屋敷、出浦昌相は「いつまで楽隠居を決めておるのだ?秀吉はまもなく死ぬ」と言いますが、昌幸は「秀吉が死んだところで何も変わらん。家康がおる」と言います。
出浦は「家康がいなくなれば、必ず世は乱れる。おぬしの悲願は武田の領地を取り戻すことであったな。いつでも用意はできておる」と言いました。

そこへ百助が歩いてきて、本多忠勝(藤岡弘、)が追いかけてきます。昌幸と出浦の会話は聞かれなかったのでしょうか?
百助が大泣きし、真田信幸(大泉洋)稲(吉田羊)も入ってきました。別の部屋で、こう(長野里美)と仙千代は息をひそめています。
薫(高畑淳子)が「仙千代!」と間違えて、信幸と稲が注意しました。

**
伏見城、きり(長澤まさみ)は「北政所さまから源次郎さまにって」と生せんべいを持ってきてくれます。信繁は秀吉について「恐ろしい人ではあったが、こうなってみると哀れでならない」と言いました。

家康が来たと近習が知らせに来たので、信繁は秀吉のところへ行くと、家康1人だけです。家康は「先日はいささか手荒なまねをしてしもうた」と反省していました。信繁はろうそくの火を代えながら、火を絶やすな、燭台の火が消える時、自分の命も消えると秀吉に言われてると説明します。

家康は「どれだけ華やかな暮らしをしていたところで、死ぬ時は1人。諸行無常じゃの。生き延びられればよいと思うておるうちに、ここまで来た。戦は大嫌いじゃ。間違えなく勝てる戦など、どこにもない。伊賀越えは一度でたくさん。戦場で命からがら逃げ惑うのは、もうごめんじゃ。殿下が亡くなられて、再び世が乱れては、元も子もないしの」と語りました。

小早川秀秋(浅利陽介)もやって来ましたが、家康と信繁が話している間に、ろうそくの火を吹き消してしまいます(汗)
その夜から秀吉は混濁状態になりました。

***
大蔵卿局(峯村リエ)は信繁に「殿下のおそばに行くのを嫌がっておられるのは、お方さまご自身なのです。鶴松さまが亡くなられた時、何かが変わりました。強く振る舞ってはいられますが、実は弱いお方なのです」と話します。
やがて茶々が秀頼と出てきて「今夜なのですね。会うて参ります」と秀吉のところへ向かいました。

井戸端で、三成は水垢離をしていましたね。

寝所で寝ている秀吉を見て、茶々は近づいて行けず、信繁にしがみつきます。ところが秀頼は「母上、私が参ります」と秀吉のそばへ行って「父上」と声をかけました。

すると秀吉が目を開け「秀頼」と秀頼のほほに触れます。茶々が近づいて「殿下」と声をかけると、秀吉は「秀頼の事、頼む」と言いました。茶々はこらえきれず、寧にしがみつきます。秀頼は「よい音じゃ」とベルを鳴らしましたね。

深夜、秀吉は信長の鎧が光り、血まみれの少年が現れる夢を見て「あ~!」と叫びます。三成と且元と信繁が入ってくると、秀吉は「佐吉」と呼ぶので、且元と信繁は下がりました。秀吉は三成に「佐吉、家康を殺せ」と命じます。

****
真田屋敷、三成は昌幸に会いに来て、秀吉が家康を殺せと言ったと伝えました。三成は昌幸を師匠と持ち上げますが、昌幸は「この話、聞かなかったことにいたす。もし、明日の朝、徳川内府が死んだと知らせが届いたとしても、我が真田は一切預かり知らぬこと」と言います。

三成が帰ってから、出浦と佐助(藤井隆)が現れました。昌幸が「徳川内府に死んでもらう」と言うと、出浦は「心得た」と言います。
昌幸は「1つだけ誓ってくれ。たとえ討ち損じたとしても、命は粗末にするな。おぬしはこれから無くてはならぬ男だからの」と言うと、出浦は「わしがしくじると思っておるのか?一番烏が鳴く前に戻る」と言いました。

廊下、出浦は佐助に「わし1人で十分だ。お前はお前の役目がある。万が一、わしが戻って来なかった時は、次は必ずお前の手で家康を討て」と命じます。

伏見城、秀吉は「源次郎、頼む、佐吉を支えてやってくれ。淋しい男でな」と頼むので、信繁は「かしこまりました」と答えました。

*****
徳川屋敷、信幸が家康と徳川秀忠(星野源)に、もう1人子供がいることを、忠勝に打ち明けられないと相談していました(笑)
天井裏から出浦が家康の様子をうかがい、ポンっと栓を抜きます。

廊下で、秀忠は信幸に、3年前、淀の妹の江を嫁にもらったがやっかいだと話してましたが、信幸は「どうも気になることがござる」と家康のもとへ戻ってきました。

ちょうど家康と忠勝が話はじめようとしてるところでしたが、信幸は「妙な音が聞こえたのです。以前、忍びの者が、火遁の術をけいこしているのを見たことがあり、その時の音によう似ていることに思い至りました。近くに潜んでいるやもしれません」と言います。

忠勝は槍を持ち、天井に突き刺してきて「曲者じゃ!出会え!」と叫びました。
出浦は廊下へ降りてきて、忠勝と互角の戦いをはじめます。
徳川の家臣たちが集まってきて、出浦は煙玉を投げました。

出浦が廊下を逃げていると、信幸と出会い、2人は驚きます。その背後を忠勝に突かれてしまいました!庭へ降りた出浦は、煙玉を再び投げ、出浦が消えます。佐助が壁の上から見ていましたね。

真田屋敷、信幸、昌幸、信繁が話してると、外から佐助の「殿!」と声が聞こえます。障子を開けると、佐助と瀕死の状態の出浦が横たわっていました。昌幸が「昌相!」と声をかけると、出浦は「わしとしたことが」と息を引き取ります。出浦昌相の壮絶な最期?でしたね。

伏見城、寝台の秀吉は「うう!」と苦しんでましたが、控えの且元は眠ってしまっています。秀吉は炎の消えたろうそくを見て、ベルを探し、部屋のすみに落ちているのを見つけました。寝台から転がり落ちた秀吉は、畳の上をはっていったところで動かなくなり、涙を一筋流します。享年62才。豊臣秀吉の寂しい最期でした。

大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る