真田丸 ネタバレ 第28話 受難

拾の誕生によって、関白・豊臣秀次(新納慎也)は居場所を失います。追い詰められた秀次は関白の座を放棄するという前代未聞の行動に出ました。

大坂城の蔵の中、秀次は「何もかもが嫌になって、気がついたらここに来ておった」と言うので、きり(長澤まさみ)は「太閤殿下にお会いして、謝られた方がよろしいのでは」と言いますが、秀次は首をはねられると聞こうとしません。

伏見城の普請場、真田信幸(大泉洋)は真田昌幸(草刈正雄)に官位を返上しようと思うと弱気になってました。昌幸は信幸のことを、伊豆守と呼びますが、信幸が嫌がるので、豆州(ずしゅう)と言い変えます。
昌幸は出浦昌相(寺島進)とともに、遊郭の座敷へ行って、吉野太夫(中島亜梨沙)と会ってましたね。

真田信繁(堺雅人)は大谷吉継(片岡愛之助)に会いに行くと、春(松岡茉優)がいました。春は信繁を意識してるようです。吉継は体調を崩し始めていました。

真田屋敷、薫(高畑淳子)は稲(吉田羊)にしっかり目を見て話すようにと注意してから、ごきげんになって、父親が菊亭晴季だと話します。初耳でしたね。

大坂城の蔵の中、きりと秀次の元へ信繁がやって来ます。庭で、茶々(竹内結子)大蔵卿局(峯村リエ)拾が遊んでいる声が聞こえてきて、秀次は焦ってました。

真田屋敷へ、秀次を連れてきます。薫の父親が菊亭晴季だという話題になり、秀次が知りあいだと言うと、薫は菊亭にもいろいろあるとごまかしました。薫は公家の出ではないのでしょうか?

稲はそのこと徳川家へ書状を書いて知らせようとしますが、こう(長野里美)が止めます。稲は、こうが信幸の前の妻だと知ってました。

吉野太夫のところから戻った昌幸でしたが、薫は昌幸が普請場へ行って疲れていると信じているようです(汗)

**
信繁が吉継と豊臣秀俊(浅利陽介)と話してから、たか(岸井ゆきの)に声をかけられました。たかは「父は変わりありませんか?」と父親の秀次のことを気にし「これを届けて」と布に包んだ物を託してきます。

平野長泰(近藤芳正)が「太閤殿下がお前をお呼びだ」と知らせに来たので、信繁は秀次に会いに行き、たかから預かった物を渡しました。
豊臣秀吉が怒っているかと秀次が気にするので、信繁は「うまく事を収めて参ります」と答えます。
たかから預かった物は、マリアやキリストの絵でした。秀次はきりとの側室の話はなかったことにしてと頼みます。

信繁は豊臣秀吉(小日向文世)石田三成(山本耕史)のところへ行きました。秀吉は納屋助左衛門(松本幸四郎)に会ってきたとごきげんで、信繁に大谷吉継の娘・春を嫁に取らないかとすすめてきます。
信繁はとても秀次のことを言い出せません。

***
御文庫、三成は信繁に秀次のことは知っていると話します。信繁がとぼけようとすると、秀吉も当然知っているので、秀次のことを秀吉に伝えるよう忠告してきました。

信繁は秀吉に、秀次のことを報告します。秀吉が「すぐ連れて来い」と怒ると、茶々と寧(鈴木京香)が秀次にはやさしくして欲しいととりなしてくれました。

真田屋敷、信繁が三成とともに戻ると、秀次はいません。高野山へ発った後だったのです。

高野山、青巌寺、秀次は信幸と話していました。信幸が「私も振り回されてきました」と言って、昌幸、とり、こう、稲、本多忠勝のことを挙げると。秀次は「それは難儀であったのう。少し気が晴れた」と笑顔になります。そして秀次は信幸に、従五位下の官位を返上しないでと言いました。関白として自分がした仕事の1つだからというのです。

三成から報告を受けた秀吉は、秀次に謀反の疑いがあるので、高野山で蟄居させたということにします。そしてしばらくしたら京へ戻すことにしました。

****
京、徳川屋敷、徳川家康(内野聖陽)の息子・徳川秀忠(星野源)、本多正信(近藤正臣)の息子・本多正純(伊東孝明)が初対面します。秀忠と正純がどういうキャラクターで描かれるか楽しみです。

高野山、青巌寺、福島正則(深水元基)が大坂から使者としてやってくると聞いて、秀次は自分を捕らえに来たと勘違いします。1人になった秀次は涙目で天を見つめ笑顔になってから、下を向いて険しい表情になりました。

信繁と正則が話していると、信幸が走ってきます。3人で秀次のもとへかけつけると、秀次は自刃して果てていました。

秀次が自害した聞いて、秀吉は怒り狂い、秀次の妻や子どももことごとく殺せと三成に命じます。寧が止めようとしますが、秀次の妻子、側室、侍女ら30人以上が三条河原で処刑されてしまいました。

聚楽第、信繁はカラクリ扉を見つけ、片桐且元(小林隆)とともに入っていきます。隠し部屋があって、十字架が掲げられています。そして、女が座り込んでいました。秀次の娘・たかです。

信繁は秀吉のところへ行きました。そして、大谷吉継の娘・春を正室に迎えたいと言いますが、妻にしたいと決めていた人がいると話します。それが秀次の娘・たかだと言うと、秀吉は立ち上がって、怒りながらも許してくれました。ただし男子が生まれたら仏門に入れろと言います。
その話を聞いて、きりは「何よ!」と怒ってました(汗)

たかを連れて、信繁は納屋助左衛門(松本幸四郎)に会いに行きます。助左衛門はルソンでただ同然のつぼを、日本へ持ってきて、1万貫で売っていると打ち明けました。たかをルソン行きの船に乗せて欲しいと信繁が頼むと、助左衛門は引き受けてくれます。
松本幸四郎さんが助左衛門役を演じるのは、38年前の「黄金の日日」以来のことだそうです!

大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る