真田丸 ネタバレ 第10話 妙手

徳川についた真田は、北条軍に大きな打撃を与えました。しかし、徳川と北条が突然に和睦し、真田は領地を奪われる形となります。

室賀正武(西村雅彦)は「お主はなめられているのだ!甲斐・信濃は徳川に、上野は北条、我らの領地を勝手に分け合うとはいかがなものか!」と真田昌幸(草刈正雄)に怒りをぶつけ、去って行きました。出浦昌相(寺島進)は「ほっとけ、いつもの癇癪だ」と冷静です。

真田信幸(大泉洋)が「なにゆえ和睦を」と聞くと、真田信繁(堺雅人)は「急いでいたのでしょう。戦を長引かせたくない訳があったのです」と答えました。

遠江、浜松城、真田信尹(栗原英雄)は「安房守はかなり困惑しております。我らは引き分けるためでなく、徳川方の勝利のために、北条を退けたのです。三河守様が約定を必ずお守り下さるお方と信じましたがゆえ、真田がお味方致したこと、くれぐれもお忘れなきよう」と本多正信(近藤正臣)に釘を刺しました。

正信が「真田昌幸、なかなかの切れ者にございます」と言うと、徳川家康(内野聖陽)は「わしの家臣にできぬかな」と言ってましたが、正信が「真田の件、いかが致しましょう?」と聞くと、家康は「ほっとけ。雑魚に関わっている暇はない」とさっきと反対の答えです。

正信が「あの雑魚、意外な猛毒を隠し持っております。一度、呼び寄せておいては?」とすすめると、家康は「猛毒?仕方ないの」と言い出しました。

やがて家康から呼ばれますが、真田昌幸は仮病を使って、代わりに信繁信幸兄弟を浜松城へ遣わします。信幸が「まさか北条と手を結ばれるとは思わせなんだ、とは父の言葉にございます。父が心配しているのはこれからのこと」と言うと、家康は「案ずるな。信濃はこの家康がしかと守る」と言いました。

信幸は「虚空蔵山城をご存じでございますか」と切り出し、信繁が地図を出します。上杉は、上杉と徳川の領地の境界にある虚空蔵山城を足がかりに、信濃の支配を狙っている。そこで、海士淵に徳川方の軍勢が入れる新しい城を造って欲しいと頼みます。本多忠勝(藤岡弘、)が怒ってきますが、正信が賛成すると、家康は城の普請を認めてくれました。信繁は城の図面まで準備していて、抜かりありません!

今度は家康が「沼田をもらい受けたい」と要求してきます。北条氏政(高嶋政伸)が家康に「沼田の城は武田が滅んだ後、織田のものであった。その織田を追い払ったのは、この北条。沼田は北条が頂く」と言ってきたというのです。

真田が沼田城、岩櫃城を含む沼田領を北条に渡すということは、真田の領地が1/5になると3DCGで、有働アナの説明がありました。

信幸が「お断り申し上げる。沼田を北条に渡すなど、理不尽至極」と言い、家康が「じゃが」と答えます。信幸が「じゃがではござらん」と大声を出すと、忠勝が「無礼者!斬り捨ててくれるわ」と刀を抜こうと迫ってきました。信繁は信幸をかばって、忠勝の前に出て、刀を置きます。家康が「平八郎」と止め、信尹が「この件に関しては、一度持ち帰らせて頂きとうござる。兄と相談致しますゆえ」と言って、落ち着きます。


部屋で、信幸、信繁、信尹の3人だけになると、信尹は昌幸の本当の狙いを話しました。信繁が「海士淵に城を建てれば、北の上杉だけでなく、南からの敵、つまり徳川を防ぐこともできます」、信尹が「いずれ徳川とぶつかる日が来ると、兄上は踏んでおられる」と言うと、信幸は驚きます。

家康の居室、人質の世話をしていた阿茶局(斉藤由貴)が「かなりふてぶてしい老女がおりまして、真田安房守の母親であると」と言いだしました。家康は人質の部屋へ行って、とり(草笛光子)と会います。

夜、家康が宴を開いてくれ「今宵はとっておきの趣向がござってな」と言い、正信が襖を開くと、とりがいました。信繁と信幸は「ばば様、ご無事でございましたか」と大喜びです。とりは「そこにおるのは信尹?久しぶりに会うたんじゃ。肩でももまんか」と信尹に声をかけました。

木曽義昌(石井愃一)が徳川に従属した時、義昌の人質となっていたとりが浜松城へ移されたのです。家康は信幸に酒をつぎ「今や徳川と真田は固い絆で結ばれておる。この機に人質をお返ししたい。沼田の件、1つよしなに」と頼んできましたね。

真田昌幸は「沼田をひとまず忘れることにしよう」と言います。信幸が上野、沼田城へ行き、そのことを伝えると、矢沢頼綱(綾田俊樹)は「そもそも亡き御屋形様の命を受け、死力を尽くして我らが手に入れた城ではないか!どうしても渡すというなら、今すぐわしを殺せ」と闘志を燃やし始めました。

真田の郷、人質となったとりは、薫(高畑淳子)こう(長野里美)きり(長澤まさみ)たちにおなごとして何ができるか考えようと提案します。

北条から沼田城の明け渡しを求める使者が来ると、矢沢頼綱はいきなり槍で突き殺してしまいました。

**

小田原城、北条氏直(細田善彦)は激怒し、北条氏政は「これで沼田攻めの口実ができた。これより沼田を攻める。矢沢頼綱以下、城におるものは、おなご子どもに至るまで、根絶やしにせよ」と命じました。北条軍の猛攻に対し、頼綱は一歩も引かない戦いぶりです。

小県の海士淵に面した上田平で、新しい城の普請が始まります。後の上田城です。昌幸は高梨内記(中原丈雄)に、上田城へ援軍は送らないと話しました。しかし、矢沢三十郎(迫田孝也)の加勢を許可します。

そして、昌幸は「源次郎、上杉へ行け。沼田の戦を終わらせるためには、上杉の力を借りるほかない。もう一度、上杉と手を結ぶ」と言い出しました。さらに昌幸は具体的な策を示さずに「知恵を働かせよ、源次郎」と信繁に任せました。

その夜、信繁は梅(黒木華)に会いに行きます。梅は「お帰りを2人でお待ちしております」と言うので、信繁は「作兵衛と2人で?」と聞くと、梅は「兄を入れたら3人で。やや子が」と打ち明けました。信繁が梅のお腹に手を当てると、梅がその手に自分の手を重ねてきましたね。

***
越後、春日山城、真田信繁は上杉景勝(遠藤憲一)を訪ねます。上杉は新発田重家の反乱を鎮圧できず、越中の佐々成政との戦いが今にも勃発しそうな状況でした。

信繁が「実はわたしは信尹の息子ではありません。父は真田安房守。源次郎信繁と申します」と明かします。直江兼続(村上新悟)は怒り、周りの兵たちが信繁に槍を突き立ててきましたが、景勝は話を聞いてくれました。

徳川が上田平に城を築いているが、完成したら真田が入り、徳川に備えた城にしてしまうと打ち明け「真田が徳川の家臣になることはございません。真田には真田の意地がございます。武士としての誇りを守りたいと存じます」と言い切ります。

さらに、上杉に芝居を打って欲しいと頼みます。真田が虚空蔵山城を攻め、上杉が見事撃退したと見せかけ、勢いに乗った上杉が、上野の北条を攻めるという噂を流す作戦です。それを聞いた北条に、沼田城から撤退させる狙いがあります。

景勝は「おもしろい。殺されるかもしれぬのに、わしのところへやって来た、お主の勇気に免じて、この話、乗ることにした」と言ってくれましたね。

****
やがて、虚空蔵山城で、上杉が真田を破った戦芝居が演じられます。馬上の信幸と信繁が兵を率いて、虚空蔵山城の前へ来ました。城からは愛の兜をかぶった直江兼続が睨んでいて、上杉軍が鉄砲を構えています。双方からほら貝と太鼓、鬨の声があがりました。

信繁が一騎兵で、門の間まで進んでいきます。兼続がうなずくと、信繁が一礼し、戻って行きました。信幸は「引け」と真田軍に命じると、兼続は「勝どきを上げろ」と命じます。

北条の兵に変装した佐助(藤井隆)が、勢いをました上杉軍が上野に向かってくるという噂を、沼田城周辺に撒き散らせました。北条氏政は板部岡江雪斎(山西惇)に「上杉にまだそんな余力があるとはのう。いったん兵を引いて、立て直しじゃ」と金平糖を撒き散らします。

真田屋敷へ帰った信繁は、昌幸と信幸から今回の件を褒められました。

浜松城、家康は地図を広げ、領地の上にそれぞれの名札を置きました。北条が真田のことで訴えて来てると正信が言うと、家康は「知らん」と不快そうです。

阿茶局が「殿は西のことで頭がいっぱいなのでございます。秀吉が攻めてきた時に、誰と誰が味方について、誰と誰が敵につくか」と言うと、正信は「西に集中するために、東の憂いは取り除いておいた方がよろしいのでは。真田安房守、そろそろ死んでもらいましょう」と真田の名札を裏返します。

夜、堀田作兵衛(藤本隆宏)の家へ行った信繁は梅に「誰も死なせずに、敵を追いやった。私の考えた策で。そなたのおかげじゃ。梅、そなたは、なくてはならぬ人だ。私の妻になってくれないか」とプロポーズします。梅は「そのお言葉、お待ち申しておりました」と受け入れましたね。

大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る