花子とアン28回 白鳥かをる子の白塗りジュリエット

はな(吉高由里子)は蓮子(仲間由紀恵)に
「これ読んで下さい。徹夜で書き上げた脚本
です。私なりに脚色を加えました。これを
読んでやるかどうか決めて下さい」と脚本を
渡します。それを見ていた醍醐(高梨臨)は
「はなさんはどっちを取るの?私より葉山様
の方が好きなの」と思いつめた表情です。

醍醐が「私ははなさんにジュリエットを
やって欲しいの」と言うので、はなが声が
裏返るのでムリだと断ってると白鳥かをる子
(近藤春菜)が「わかりました。私がひと肌
脱ぎましょう」と登場です(笑)

顔を白塗りした白鳥がジュリエットを熱演
しますが皆引いてます(笑)そこへ蓮子が
やって来ました。白鳥が「何しに来たの?
とっくに降りたはずでしょう」と聞くと
蓮子は「私、降りません絶対に。お稽古も
今日からちゃんと参ります。脚本最後まで
読みました。感動しました。シェークス
ピアがこんなに面白かったなんて知らな
かった。あなた翻訳力は大したものだわ」
とはなを褒めます。

甲府、ふじ(室井滋)リン(松本明子)が
駆け足で家へ帰って来て「吉太郎、軍隊へ
入りたがってるって本当け」と聞くと
吉太郎(賀来賢人)は「おら兵隊になる。
ええかげんな気持ちじゃねえ。軍隊に入って
立派にお国の役に立って皆を楽させてやりて
え」と話すと、リンは夫が同じことを言って
出て行って、戻ってこなかったと泣き出し
ふじも泣いてましたね。

醍醐と蓮子が稽古してるのを見て、はなが
「そうかな」とつぶやくと畠山(大西礼芳)
が「どうしたの」と聞いてきました。はなは
脚本が納得いかないと答えます。蓮子がはな
の言うように「もしバラがアザミやキャベツ
という名前だったら、同じように変わらない
のではありませんか。名前は大事です」と
直したので、醍醐は不満そうです。

はなは想像の翼を広げ、ジュリエットの
ように望まない相手と結婚させられることを
妄想します。吉平(伊原剛志)ふじが「婿殿
がおいでになった」と言うので、振り返ると
武(矢本悠馬)です。はなが嫌!と叫ぶと
綾小路先生(那須佐代子)茂木先生と校長が
脚本の疲れが出たと心配してくれました。
蓮子は兄への招待状を書いてましたね。

連続テレビ小説 花子とアン あらすじと感想
連続テレビ小説 花子とアン キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る