まれ 第5週 情熱ミルフィーユ 第27回

安西(六角精児)は経営コンサルタントで、職人に給料を倍だすからと塗師屋から引き抜いていたのです。市役所で、広瀬(南千尋)から話を聞いた希(土屋太鳳)は大急ぎで、塗師屋へかけつけました。

塗師屋、安西が「僕は僕なりに輪島塗の役に立とうと思ってね。素材の質を落として、輪島塗は何層も漆を塗り重ねるだろ。その回数を減らしてコストカットする予定だよ。この世の中、正論だけじゃ食っていけないんだからな」と言うので、圭太(山崎賢人)は怒ります。弥太郎(中村敦夫)は「正論を守り通さなならんこともある。ほうでなければ世界に売り出す前に、輪島塗は終わる。お帰り下さい」と話しました。

市役所、希が相談に行くと、紺谷(板尾創路)は「口を出せる問題ではない。抜け道を考えるのはやめろ。感情で動くな」と冷徹でしたね。

桶作家、希が帰ってくると、徹(大泉洋)藍子(常盤貴子)一徹(葉山奨之)が5000円もするお菓子を前にしていました。何と安西が来ていて、元治(田中泯)に塩田を案内してもらってるというから、ビックリです。

安西と元治が来ると、希は「元治さんの塩も狙うとるんけ?」と怒ります。安西は「正直、考えたよ。でも弥太郎さんと同じように、元治さんの説得も難しそうだから」と答えました。藍子も怒りをぶつけると、安西は「しばらく輪島に泊まってるから」と帰っていきます。

塗師屋、希が再び訪ねて行くと、一子(清水富美加)「希、大変」と大声を出してました。圭太は弥太郎から「われは破門や」と言われてしまいます。

連続テレビ小説 まれ あらすじと感想
連続テレビ小説 まれ キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る