鎌倉殿の13人 片岡愛之助さんと坂東彌十郎さんと宮澤エマさんの北条家

源頼朝(大泉洋)は北条義時(小栗旬)
だけには、平清盛(松平健)を討つため
挙兵すると前回打ち明けていました。

今回の第3回は、平家打倒の動きが始まり
ますが、頼朝は動きません。挙兵は慎重に
ですね。

平清盛が、後白河法皇(西田敏行)を幽閉
し、自分の孫を帝にしてしまうところから
始まりました。安徳天皇です。

伊豆北条館、頼朝と北条政子(小池栄子)
の間に、大姫が生まれ、北条時政(坂東
彌十郎)りく(宮沢りえ)の間にも
やがて子が生まれるというので、
みんな幸せそうでした。

しかし治承4(1180)年は異常気象で
飢饉に苦しめられた年だったのです。

北条家の家族は、小栗さんと小池さん、
愛之助さんと彌十郎さんと宮澤エマさん
それぞれのキャラクターが3回目ですでに
明確なので、とても楽しいですよね。

* 杉本哲太さんの源行家

北条宗時(片岡愛之助)畠山重忠(中川
大志)三浦義村(山本耕史)和田義盛
(横田栄司)工藤茂光(米本学仁)が
狩りを終えて帰ってきました。
工藤茂光は妙な坊主を見たと話します。

北条義時は狩りには興味はないようで
仕事があると行ってしまいました。

源頼朝の叔父・源行家(杉本哲太)が
山伏の恰好で頼朝を突然訪ねてきます。
後白河法皇の皇子・以仁王(木村昴)の
令旨を持っていて「今こそ全国の源氏が
立ち上がる時」と頼朝に訴えてきました。

以仁王に源頼政(品川徹)が味方するとい
うので、頼朝は時政に、源頼政の人となり
を質問します。時政は頼政をよく思って
いなかったので、頼朝は以仁王の挙兵に
加わらない事に決めました(笑)

* 北条義時の屈辱、ふたたび

やがて以仁王の乱は失敗し、源頼政と
以仁王が死んだという知らせが届きます。
朝廷に仕える三好康信(小林隆)が頼朝に
手紙をくれていたのです。

京から戻った大庭景親(國村隼)の話を
聞いて伊東祐親(浅野和之)は北条時政に
「1日も早く頼朝と縁を切れ」と忠告して
くれます。

北条時政と北条義時は、恭順の意を示す
ため、新たな目代・山木兼隆(木原勝利)
に挨拶に行く事にしました。野菜やナスを
持っていったのですが…。

伊豆の国衙(こくが)(役所)へ行くと
堤信遠(吉見一豊)が出てきました。
信遠は野菜を蹴飛ばし、ナスを踏んで
「今回の謀反に加わっていないだろうな」
と時政を叱ります。北条義時は屈辱に
震えて、泣いてましたね。

* 西田敏行さんの「ステキな金縛り」

源頼朝と政子が大姫が遊んでいると、
山向こうに八重(新垣結衣)の姿が
見えます。八重は伊東祐親の家臣・
江間次郎(芹澤興人)と無理に
結婚させられたのです。

政子は満面の笑みで、八重に手を振りだし
頼朝はそそくさと隠れました(笑)

深夜に頼朝が寝ていると、後白河法皇が
枕元に現れ、金縛りにあいます。映画
「ステキな金縛り」を思い出しましたw

後白河法皇は頼朝に「一日も早く助け
だしてくれ!清盛の首を取り、平家を
追い出してくれ」と訴えます。

京の三好康信からは頼朝に、藤原秀衡の
もとへ逃げた方が良いと手紙が来ました。
平清盛は以仁王の令旨を受け取った者を
討とうとしているというのです。

でもそれは三好康信の早とちりで、
源頼政の残党だけでした(笑)

* 市川猿之助さんの文覚

北条宗時は文覚(市川猿之助)と出会い
ます。文覚は源義朝の首を大事に持って
いて、頼朝に渡したいというので、
宗時は北条館へ連れてきました。

しかし頼朝は「追い返せ」と言います。
文覚と頼朝は顔見知りで、義朝の首を
高値で売ろうとしていたのです(笑)

市川猿之助さんはドラマ「半沢直樹」
「岸辺露伴は動かない」の怪演が
記憶に新しいですよね。

* 源頼朝の兵は3000人!

政子から「佐殿は本当は兵を挙げたくて
たまらないの。もし戦いになったら勝てる
?」と聞かれ、北条義時は三浦義村と
ともに調べることにします。

国衙へ忍び込んで、木簡を盗みました。
木簡から米の量を調べ、民の数がわかり
兵の数を推測します。

緒戦に勝って勢いに乗れば3000人!
大庭と伊東の2000を上回る計算です。

* 後白河法皇の令旨

源頼朝は「絵に描いた餅だ。大義名分が
ないと人はついてこない。法皇様の令旨
でもあれば」と消極的でした。

すると安達盛長(野添義弘)が咳払いし
懐から後白河法皇の令旨を出してきます。

京から戻った三浦義澄(佐藤B作)が
法皇の令旨を託されていて、北条時政が
受け取り、安達盛長が預かっていたの
です。

源頼朝は、大義名分と兵力がそろった事を
見極めて、ついに挙兵を決断しましたね。

PS.

WordPressテーマを無料プレゼントを
しているのでお知らせしますね。
デザインプラス社の
WordPressテーマ「Rebirth」です。

「Rebirth」無料ダウンロード

PS.

教育テキスト作りについての本を
読みました。大量に文章を執筆する
方法について書かれていて、納得の内容
でした。Kindle本についての考察に
ついても書かれています。

文章教材執筆法+おまけ大全セット

関連記事

ページ上部へ戻る