鎌倉殿の13人大泉洋さんの源頼朝と小池栄子さんの政子

北条義時(小栗旬)は家族に振り回されて
ばかりで、本当にかわいそうです(泣)
しかし最後の最後に、源頼朝(大泉洋)から
腹の内を打ち明けられましたね。

オープニングは、北条家 VS 伊東家の
身内の争いが起こる緊迫の場面です。
伊東祐親(浅野和之)らは兵を率いて
頼朝を差し出せと迫ってきます。

義時の兄・北条宗時(片岡愛之助)は
頼朝を匿っていないと言ってだけど
義時の父・北条時政(坂東彌十郎)が
頼朝を渡さないとポロリと隠してる事を
明かしてしまいました(笑)

* 松平健さんと小泉孝太郎さん

平清盛(松平健)は大輪田泊にいて
平宗盛(小泉孝太郎)から源頼朝について
報告を受けていました。

しかし清盛は、自分が頼朝を助命した事を
覚えておらず、余計な事を知らせるなと
まったく重要に思っていません。

松平さんは大河ドラマ「花神」「峠の群像」
「元禄繚乱」「利家とまつ」に出演していて
「義経」の武蔵坊弁慶役「おんな城主直虎」
の武田信玄役が、印象に残ってます。

「草燃える」で北条義時役だったんですね!
去年の紅白のマツケンサンバはきらびやかで
楽しかったです!!

小泉孝太郎さんは大河ドラマ「天地人」
「八重の桜」に出演していて、「義経」では
平資盛役でしたね。平家側の松平健さんや
小泉さんが、どう演じてくるのかも見どころ
ですね。

* 國村隼さんの大庭景親

北条家 VS 伊東家の争いとなろうという
一触即発の中、大庭景親(國村隼)が兵を
率いてやって来て、収めてくれました。
大庭景親は、平清盛を後ろ盾に相模の武士団
を束ねる武士でした。

三浦義澄(佐藤B作)三浦義村(山本耕史)
親子が、大庭景親へ助けを求めに行って
くれたのです。

源頼朝は、伊東家から北条家が預かる事に
なり、大庭景親が平清盛に書状を書く事で
まとまります。

國村隼さんはBS時代劇「雲霧仁左衛門」の
安部式部役がいいですね。かなり昔の映画
「ブラックレイン」では松田優作さんと共演
していて、今と違う國村隼さんを観る事が
できます。

北条義時は頼朝に姫の格好をさせて、山の中
を逃げていて、矢を射かけられました。
伊東家の兵かと思ったら、山内首藤経俊
(山口馬木也)という相模の有力武士で
頼朝の仲間だったので助かります。

山口馬木也さんは大河ドラマ「北条時宗」
「八重の桜」「麒麟がくる」に出演して
いました。

* 宮沢りえさんのりく

伊東家との争いが収まったら、北条時政は
りく(宮沢りえ)を迎える事で、
頭がいっぱいになります(笑)

宮沢りえさんは大河ドラマ「春日局」
「元禄繚乱」「武蔵 MUSASHI」
「江〜姫たちの戦国〜」に出演してました。
最近再放送されていた「太平記」の藤夜叉
役では、足利尊氏と深く関わる女性を演じて
ましたね。

今回のりくは、北条時政とどう関わっていく
のか、ちょっと心配です(笑)

* 源頼朝と政子は急接近!

実衣(宮澤エマ)が義時に、政子が化粧を
してると知らせに来ます。
政子(小池栄子)は源頼朝のことをすっかり
好きになってしまったのです(笑)

政子は頼朝と2人きりで神社へ行って急接近
します。頼朝は八重のような辛い思いをさせ
たくないと遠ざけようとすると、政子は頼朝
の手をしっかり握りましたね。

さらに政子は、八重にじかに会いに行って
頼朝ともう会わないよう迫ります!

* 草笛光子さん、堀内敬子さん、佐藤二朗さん

源頼朝が北条家に行く事にまとまったのです
が、頼朝と八重を会わせる事になります。
場所は、頼朝の乳母で、援助を続けてくれて
いる比企尼(草笛光子)の武蔵です。

比企尼の息子・比企能員(佐藤二朗)とその
妻・道(堀内敬子)は平家に知られるのは
まずいと消極的でした。しかし比企尼は
場所を貸すだけと割り切ります。

草笛光子さんは「元禄太平記」「花神」
「草燃える」「翔ぶが如く」「八代将軍吉宗
」の天英院、「葵 徳川三代」の北政所
「利家とまつ」「天地人」「八重の桜」に
出演されてました。

「真田丸」のとり、連続テレビ小説「どんど
晴れ」の大女将・加賀美カツノ、
「まれ」のロベール幸枝では、名演技だけで
なく、笑わせてくれる場面を作って下さって
楽しかったです(笑)

* 北条義時は振り回されぱなし(泣)

北条義時は佐殿・源頼朝を
宗時は八重(新垣結衣)をそれぞれ別々に
武蔵へ連れて行く事になります。

ところが、頼朝は武蔵へ行かないと言い出し
ました。宗時はまた頼朝の気持ちを確認しな
かったようで義時は振り回されぱなし(泣)

仕方なく義時が1人で武蔵へ向かってると
平家方の実力者・堤信遠(吉見一豊)から
ひざまずけと命じられます。

義時はそこまですることないと断りますが
堤信遠の家臣に頭を押さえつけられてしま
いました。

大河ドラマ「青天を衝け」で、渋沢栄一が
若き日に受けた屈辱と重なりましたね。

* 源頼朝の腹の内!

北条義時は武蔵の比企尼の館へ行くと
宗時や八重の兄・伊東祐清(竹財輝之助)が
待っていました。

頼朝が来ていないとわかって、義時が謝ると
比企尼は理解してくれましたが、八重は義時
にどんぐりをぶつけてきました(泣)

その後、頼朝が土肥実平(阿南健治)の
湯河原へ行ったというので、義時も
向かいます。

阿南健治さんは「葵 徳川三代」「新選組!」
に出演してました。「真田丸」の長宗我部
盛親役で後半盛り上げてましたよね。

頼朝は蒸し風呂に入っているというので
土肥実平に案内されて、義時は向かいます。
義時はそれまでのことがいろいろあって
むしゃくしゃしていたのか、北条から
出て行って欲しいとぶちまけました。

すると源頼朝は、平清盛を討つため挙兵する
と打ち明けます。さらに政子と結婚して
婿となる。義時のことを弟と思うと、頼朝は
義時の肩を触って、本心を明かしました。

頼朝は、近習の安達盛長(野添義弘)にも
打ち明けなかった腹の内を、北条義時に
話しましたね。

PS.

教育テキスト作りについての本を
読みました。大量に文章を執筆する
方法について書かれていて、納得の内容
でした。Kindle本についての考察に
ついても書かれています。

文章教材執筆法+おまけ大

関連記事

ページ上部へ戻る