カムカムエヴリバディ 海岸へダブルデート

るい(深津絵里)ジョー(オダギリジョー)
ベリー(市川実日子)トミー(早乙女太一)
は、海岸へドライブデートへ行きます。

海岸沿いを走るトミーのオープンカーも
かっこよかったですよね。51回は海岸
シーンが満載でステキでした。

竹村クリーニング店、平助(村田雄浩)
和子(濱田マリ)西山(笑福亭笑瓶)
てる子(春やすこ)が話します。
こっちも、ダブルデートです(笑)

トミーはクリーニング店まで、るいに会いに
来て、ダブルデートをして欲しいと頼んで
きたのでした。ベリーがトミーを好きらしい
とトミーはウソをついたようです。

* ジョー、車に酔う

海岸へ到着しますが、ジョーが車酔いした
ようで、しゃがみこんでしまいました。
ベリーがジョーを気づかっている間に
トミーはるいを誘って、砂浜へ行きます。

トミーは自動販売機で2本ジュースを買い
1本をるいに分けてくれました。そして
関西一のトランぺッターを決めるコンテスト
があるので自分は出ると話します。

しかし、ジョーが出ないと言っている。
ジョーは戦災孤児で、小さい頃からトラン
ペットだけが友達だから、優劣をつけたく
ないというのです。

* トミーとベリー

気分が落ち着いてきたジョーはベリーに、
「こないだごめんね。強く言うてしもうて」
と謝ります。

ベリーも「こっちこそごめん。わかった風な
口きいて」と謝ると、ジョーは「ベリーらし
くないな。そんなしおらしいの」と笑い
ました。

そこへトミーが来て「作戦会議だ。ダッシュ
ボード開けて」と言います。
ベリーが車に乗るとと、トミーはベリーと
一緒に、オープンカーで去って行きました!

* 「僕と共鳴せえへんか?」

しばらくして、ベリーが「止めて。ジョーと
サッチモ2人きりにする訳にいかへん」と
怒りました。

するとトミーは「あの2人は共鳴しあってる。
楽器と楽器が、音と音が響き合う。そして
同じ夢を見るんや」と言います。

そしてトミーは「諦めろ。サッチモちゃんに
しか、ジョーの気持ちは変えられへん。
ベリー、僕と共鳴せえへんか?」と誘って
きました。

ベリーはウインクし「私をハントしよう
なんて100年早いわ」とトミーを置いて
ベリーは1人でオープンカーを運転し
去って行きます。

* 海はアメリカへつながっている

ジョーは砂浜へ行くと、るいは額のキズが
見えないように、帽子をしっかりかぶり
ました。

ジョーが、堀江謙一さんもこの海を渡って
いったのかなと言うと、るいは「ほんまに
つながってるんですね。この海がアメリカ
に」と言います。

ジョーが「お母さんの顔が浮かんでる?」
と聞くと、るいは「大月さんこそ、ルイ・
アームストロングの吹くトランペットが
聴こえますか?」と聞き返しました。

ジョーが「吹いてみたいな。いつかアメリカ
でトランペットを」と言い、2人で
「On the Sunny Side of the Street」
を口ずさみます。

* ジョーはるいにプロポーズ!?

どうやって帰って来たのか、わかりませんが
るいとジョーが竹村クリーニング店の前まで
帰ってきました。

ジョーはるいに「今度のトランペットコンテ
ストに出る事にした。サッチモちゃん、
もし僕が優勝したら、一緒に東京へ行って
くれる?」とプロポーズみたいなお誘い
でしたよね。

PS.

ロバートの村雨辰剛さんが、あさイチに
出演してました。英語テキスト作りは
進んでるんでしょうか?(笑)

教育テキスト作りについての本を
読んでいます。大量に文章を執筆する
方法について書かれていて、納得の内容
でした。

姉妹品の「メルマガバイブル」は完売と
なったので、「文章教材執筆法」に
ご興味のある方は、お早目のご検討を
お願いいたします。

文章教材執筆法+おまけ大

関連記事

ページ上部へ戻る