鎌倉殿の13人小栗旬さん主演、三谷幸喜さん脚本

小栗旬さん主演、三谷幸喜さん脚本の
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」がスタート
しましたね。

小栗旬さんの北条義時が、姫とともに
馬に乗って、逃げ出すシーンから
始まりました。
第1回「大いなる小競り合い」です。
オープニング映像と音楽も素晴らしかった
です。

義時の父・北条時政(坂東彌十郎)が
京の勤めから鎌倉の北条家へ戻ってきて
宴が開かれました。

三浦義澄(佐藤B作)三浦義村(山本耕史)
親子も挨拶にやってきます。
時政と義澄はそれぞれ伊東祐親(浅野和之)
の娘を妻にもらっていたので親戚なのです。

義時にとって伊東祐親は祖父に当たります。
祐親は平清盛(松平健)のおかげで伊豆の
実力者となれたので、完全に平家方で、
源頼朝(大泉洋)の監視を命じられて
いました。

宴の席で、北条時政があまりお土産を買って
こなかったので、義時は気にしてましたが、
三浦義村はしっかり遠慮してました(笑)

* 北条義時への衝撃の知らせ!

北条義時は兄・北条宗時(片岡愛之助)から
衝撃の知らせを受けます。佐殿(すけどの)
・源頼朝を密かに匿っているというのです。

北条宗時は平家の世に不満を持っていて
いつか源氏が立つべきと思っていました。

義時は宗時から、離れに匿っている頼朝の
世話をするよう命じられます。義時は姉の
北条政子(小池栄子)に、食事を頼朝へ
持っていくよう頼みました。

最初は面倒くさがっていた政子でしたが
頼朝に一目惚れ!態度がコロリと変わって
しまいます(笑)

義時の妹・実衣(宮澤エマ)は、政子が
頼朝を好きになったのに気がつきました。

小池栄子さんは大河ドラマ「義経」で
木曽義仲の愛妾・巴御前役で、馬上の甲冑姿
が凛々しかったのを覚えています。

宮澤エマさんは朝ドラ「おちょやん」の
竹井栗子役が印象に残っています。
最初は怖い継母だったけど、終盤では
意外な面を見せてくれましたよね。

* 源頼朝の警固

源頼朝の元には、安達盛長(野添義弘)が
ただ一人ついていました。野添義弘さんは
大河ドラマ「琉球の風」「新選組!」
「西郷どん」「いだてん」「麒麟がくる」
に出演していました。

源頼朝の警固のために畠山重忠(中川大志)
らがやって来ますが、帰ってもらいます。
中川大志さんは大河ドラマ「平清盛」で
源頼朝の少年時代を演じてました。
大河ドラマ「真田丸」や朝ドラ「なつぞら」
にも出演してましたよね。

頼朝の警固には、工藤祐経(坪倉由幸)に
ついてもらいました。工藤祐経は、
伊東祐親のところから追い出されてしまい
悔しい思いをしていたのです。

* 北条義時の複雑な思い

三浦義澄・義村親子は、北条家が頼朝を
匿っていると知り、伊東祐親に知らせること
にしました。当時、平家方の伊東祐親は
強い勢力を持っていたのです。

源頼朝は八重(新垣結衣)に文を届けて
欲しいと頼んできたので、義時は複雑な
表情になります。

義時は密かに八重に思いを寄せていたの
でしたが、頼朝は八重と恋仲になり、
千鶴丸という子までできていたからです。

伊東祐親は、娘の八重が頼朝とそういう仲
になった事に怒っていました。

* 北条義時は伊東家へ

北条義時が伊東家へ行って、頼朝の手紙を
渡すと、八重はすぐに頼朝の元へ連れて
行ってと無理難題を言ってきます(汗)

義時は伊東祐親と会うと、時政の新しい妻
について質問しました。祐親は新しい妻の
額にキズがあるとウソを言いますが
朝ドラ「カムカムエヴリバディ」じゃない
んですから(笑)

義時は祐親に、頼朝をかくまっている事を
言わずに、伊東家を去ります。

義時は帰り際に川を通ると、伊東祐親の
下人・善児(梶原善)が1人でいるのが
見えました。八重と頼朝の子・千鶴丸と
出かけていったはずなのに、千鶴丸は
いません(泣)

* 北条家 VS 伊東家

義時が北条家へ帰ると、宗時たちが戦支度
をしていました。頼朝を匿っている事が
ばれて、伊東家が攻めてくるというのです。

北条時政も、頼朝のことを知らなかったよう
ですが、戦う覚悟を決めたようでした。
やがて甲冑に身を固めた伊東祐親たちが
攻めてきます。

源頼朝は姫に変装して、義時が馬の後ろに
乗せて、逃げ出す事にしますが、伊東の兵に
見つかってしまいました。逃げおおせる事が
できるのか!?…つづくとなりましたね。

第1回「鎌倉殿の13人」が終わりました。
小栗旬さん主演の大河ドラマでしたが
小栗さんはあまり目立たず、北条家の
1人1人のキャラクターに焦点が当たって
どんな家族なのか明らかになりましたよね。

三谷幸喜さんの脚本なので、殺伐とした争い
なのに、少しクスリと笑ってしまうシーンが
あるのも楽しかったです。

ラストで少しだけ出てきた
源義経(菅田将暉)藤原秀衡(田中泯)
木曽義仲(青木崇高)巴御前(秋元才加)
後白河法皇(西田敏行)平清盛(松平健)
といったキャラクターも気になります。
第2回も楽しみですね。

PS.

教育冊子テキスト作りについての本を
読んでいます。大量に文章を作り出す
執筆法について書かれていて、参考に
なりますよ。

文章教材執筆法+おまけ大全セット

関連記事

ページ上部へ戻る