岸辺露伴は動かない 高橋一生さん VS 内田理央さん

岸辺露伴(高橋一生)泉京香(飯豊まりえ)
がいよいよ六壁坂村へと乗り込みましたね。
第6話「六壁坂」です。

露伴は非対称の服を着て、泉と一緒に
山道を登って行きます。高橋一生さんと
飯豊まりえさんが、坂道を上がって行く
シーンが多かったですよね。

「私有地につき立入禁止」のところで
大きな車が上へあがって行きました。
上に屋敷があり、そこに住んでいる女性
が車に乗っていたのです。

村の子たちが、露伴に気づいて
サインをくれと、せがんできました。
泉が子供たちの相手をしてるあいだに
露伴は坂道を降りて、地図を広げて、
六壁坂がどこにあるのか考えます。

橋本陽馬(笠松将)がランニングしてる
ときに、六壁坂を駆けあがり、
乙雅三(市川猿之助)は道に迷って
屋敷へ続く六壁坂を通ったと
露伴は考えました。

* 内田理央さんと渡辺大知さん

大郷楠宝子(内田理央)が子供のために
サインを欲しいとやって来ます。
楠宝子は屋敷に住んでいる女性でした。

岸辺露伴は、ヘブンズ・ドアーを使って
楠宝子の過去を探ります。顔の上の本の
記事は、ぜんぶ活字になってましたね。

楠宝子たちは東京に住んでいたのですが
家族で六壁坂村へ引っ越してきたのです。
両親は、楠宝子が一人暮らしをすることを
許さず、屋敷の離れに住まわされて
いました。

楠宝子は親に内緒で、庭師の釜房郡平
(渡辺大知)と付き合いだします。
渡辺大知さんは連続テレビ小説「まれ」
「カーネーション」に出演してましたよね。

* 中島歩さん、登場

ある日、郡平が他の男がいると言い出し
ました。楠宝子は高窓修一(中島歩)を
婿養子を取る事になった、別れましょうと
札束の入った封筒を差し出します。

しかし、郡平は別れないとごねだし、
楠宝子と言い争いに!楠宝子が突き飛ばした
拍子に、郡平は死んでしまいました!

修一が離れにやって来たので、楠宝子は
大慌てしますが、虫がいたとごまかし
何とかすることができました。

中島歩さんは大河ドラマ「青天を衝け」に
出演してました。朝ドラ「花子とアン」の
宮本龍一役での、蓮子さんとの熱愛が
印象に残っています。

* 岸辺露伴のヘブンズ・ドアー

死んだはずの郡平でしたが、楠宝子が
水をあげると、生気を取り戻しました。
楠宝子は家族に内緒で、離れで密かに
眠ったような郡平と暮らし始めます。

楠宝子は修一と結婚し、子供が生まれますが
実は郡平との子供のようです。岸辺露伴は、
楠宝子の頭の本の中に、書き足して
去って行きます。

岸辺露伴が山道を歩いていると、女の子と
出会いました。女の子は楠宝子の娘のようで
したが、突然死んでしまいます。

露伴は焦りながらも、ヘブンズドアーで
女の子の頭の本の中に、書き足して
危機を乗り切りました。

岸辺露伴は、大郷楠宝子と戦わずに
ヘブンズドアーで自分の記憶を消して
六壁坂村を後にします。

露伴がマンガの構想ができたと言うので
泉は大喜びします!

第6話は終わりましたが、何か続編が
あるようなエンディングでしたよね。
来年も楽しみです!!!

PS.

岸辺露伴の”ヘブンズ・ドアー”のように
スタンドをかけた相手の過去の記憶を読む
ことができたら、ものを書くヒントに
どれだけ良いか!と思います(笑)

でも実際は自分の頭と手を動かさないと
いけません。なので、テキスト作りに
ついての本を読んでいます。

文章教材執筆法+おまけ大全セット

78ページと79ページの話はそれぞれ独立
した理論ですが、どちらも最近の
情報発信において見落とされている概念
だと感じました。

というよりも、このあたりの誤解が、
稼ぐための情報発信を敷居の高いものに
している可能性すらあります。

中級者、上級者の方ほど、さらなる高みに
登るための気づきになるのではないで
しょうか。

文章教材執筆法+おまけ大全セット

関連記事

ページ上部へ戻る