おかえりモネ 56話 百音と菅波先生の関係を明日美が知る

2016(平成28)年8月20日
台風上陸4日前、朝岡(西島秀俊)
内田(清水尋也)は接近する台風が
東北の太平洋側から近づいてきたので
驚きます。観測史上初だったのです。

朝岡は、百音(清原果耶)莉子(今田美桜)
らに今までにないような被害がでるかもしれ
ないので、強めに危険性を伝えた方がいいと
アドバイスしました。

* 百音、亀島の永浦家へ電話する

あさキラッ放送終了後、百音は永浦家に
電話し、龍己(藤竜也)に大型台風が来る
ので、簡単な作りの作業物は倒壊するので
カキ棚などを固定し、船は西側の港に
係留した方がいいと伝えました。

電話の後、龍己は漁協へ、未知(蒔田彩珠)
は水産試験場へ知らせに向かいます。
亜哉子(鈴木京香)はモネが頼もしくなった
とうれしそうです。

耕治(内野聖陽)が「疲れてんのか?
みーちゃん」と未知を心配すると
亜哉子は「姉と妹ってああなのかもね。
モネが少し立ち止まった時、自分がしっかり
しなきゃと思ったと思う。でもモネが動き
だし、未知もいろいろ考えるようになったん
じゃない」と話しました。

* オリンピックと熱中症

汐見湯で、肇(沼田爆)がぐったりし
菜津(マイコ)光子(大西多摩恵)が
心配していました。

百音はコインランドリーでうたた寝していた
菅波先生(坂口健太郎)を呼んできて
診察してもらいます。

先生は、肇の口が乾いているのを確認し
光子も一緒に、病院で検査してもらった
方がいいと話しました。

明日美(恒松祐里)が遅れてきて
「知り合い?」と興味津々です。

肇たちが救急車で病院へ向かった後
モネは肇と光子は、オリンピックを見ていた
そうだと言います。すると菅波先生は
オリンピックと熱中症は2500年の因果
関係があるといって、古代ギリシアの七賢人
タレスのことを話しました。

明日美が「さっきは失礼しました。モネの
幼なじみです」と言い、百音は菅波先生を
明日美に紹介します。

先生が去ってから、明日美は「フフフ。
なるほどね。へえ」と納得しました(笑)

* あなたのおかげで助かりました

やがて、肇が元気になって、病院から戻って
きます。宇田川さんも心配していたみたい!

百音は菅波先生に電話し「先生のおかげで
助かりました」と言うと、先生は一瞬間を
開けて「何でもありません。大事に至らず
良かったとお伝えください」と言います。

百音は菅波先生が登米で「あなたのおかげで
助かりましたという言葉は麻薬です」と
言っていたことを思い出しました。菅波先生
の過去に何かがあったんでしょうね。

おかえりモネ あらすじと感想
おかえりモネ キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る