おかえりモネ 49話 生放送の裏側に密着!

気象コーナーで、朝岡(西島秀俊)は
仙台の強風について扱いたいと言いますが
高村(高岡早紀)は全国的に黄砂は重要で
仙台の強風はまだ不確定!確証の得られ
ない情報は出したくないと主張します。

朝岡はわかりましたと答え、百音(清原
果耶)たちは部屋から出て行きました。

今日のドラマは、天気予報の生放送の裏で
スタッフたちが、時々刻々と変わる状況の
元で、どんな苦労をしているのかよく
わかる構成で、見ごたえありましたね。

* 今田美桜さんの莉子

午前5時15分「あさキラッ」
放送開始45分前、莉子(今田美桜)と
百音は、確認しながら、ボードに天気と
気温を書き込んでいきます。

高村が来たので、莉子がサクラ情報を出し
たいと言いました。高村は「かわいい。
だからピンクなんだ」と莉子の服の色を
褒めて、去っていきます。

すると莉子は、視聴者をひっぱるため
季節の情報を入れるが、その情報いる?
とたまに思う事があると本音をさらし
ました。

* 緊急ランプ再び

三生(前田航基)悠人(髙田彪我)が仙台で
三次会してるとラインが来ます(笑)
内田(清水尋也)がもともと風が本職だから
風のデータが気になると話してると
緊急ランプがまた光りました。

沢渡(玉置玲央)はオーダー差し替えで
天気コーナーが2分増えると言います。

午前5時20分「あさキラッ」
放送開始40分前、莉子から時間を埋める
ために小ネタがないかと聞かれ、百音は
布団が吹っ飛んだみたいなと言って
みんなに引かれます(汗)

* 仙台の風の情報

朝岡に呼ばれて、百音と莉子と内田が集まり
ました。野坂(森田望智)から独立に仙台の
風の情報が送られてきたのです。

朝岡は、沢渡にも気象庁に当たってもらい
暴風警報が出ないか確認してもらってると
話しました。

そして警報が出ようが出まいが危機が迫って
るなら風の情報を出すべきだが、自分たちは
報道の人間で、全国放送なのでより多くの人
に影響を及ぼすものを優先しないといけない
と言います。

そこで外に出る莉子に公式に出せないような
風が吹くかもしれないという体感を伝えて
と頼みました。全国の1億2千万人と
仙台の10万人の両方に、情報を伝えようと
いうのです。

朝岡が「責任は取ります。できそうですか」
と聞くと、莉子は「こういうの大好きです」
と笑います。

* 「あさキラッ」の本番がスタート

百音のスマホに何か情報が入り
莉子と内田は朝岡に伝えるよう言いました。
朝岡は、あさキラッのスタジオで、
何か考えています。

午前6時「あさキラッ」の本番がスタート
しました。あさキラッのキャスター(関太)
(袴田彩会)が映り、軽い会話の後で
ニュースを読みはじめます。

気象情報の時間になって、朝岡が外の莉子に
振ると、莉子は晴れていると伝えました。
スタジオにカメラが戻って、朝岡は全国的に
晴れるが、黄砂が吹いてるので、洗濯物は
屋内にと説明します。

* コサメちゃんと傘イルカくん

外にいる莉子と百音はアイコンタクトして
ました。スタジオで風のデータを見ていた
内田と沢渡が驚きます。仙台の風速が
26mを超えたのです。

再び気象コーナーになって、スタジオの朝岡
が、外の莉子に振りました。莉子は天気情報
を伝えた後「友達が来てくれました」と言い
だします。副調整室の高村は、あぜんと
してました(笑)

莉子が「コサメちゃんと傘イルカくんです」
と紹介すると、百音が持ったサメとイルカが
カメラに登場します。

この後どうなるんだろう?というところで
つづきとなりましたね。

おかえりモネ あらすじと感想
おかえりモネ キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る