青天を衝け22話 渋沢篤太夫、パリ万博へ

慶応3(1867)年、渋沢篤太夫
(吉沢亮)は徳川昭武(稲垣李光人)の
使節団の1人として船に乗っていました。

杉浦愛蔵(志尊淳)が日記を書いていたので
篤太郎は自分も書かねばと思いますが
船酔いで書けません(泣)

外国人が通ると、篤太夫は異国人がと
バカにしますが、田辺太一(山中聡)は
イギリス人、フランス人、ロシア人は
みんな違うと説明しました。

篤太郎が頭を下げると、向山一履(岡森諦)
がそんなことをしてはいけないと注意します
「船酔いか?水です」とコップを差し出して
くれた人を見ると、外国人だったので
篤太郎はびっくり!

アレクサンダー・シーボルトと言って
パリまで通訳をしてくれる人で、
フィリップス・シーボルトの息子でした。

* 凱旋門からパリの街を眺める

船内の食堂で、篤太郎は銀のスプーンや
フォークや、ベーコンエッグに驚きます。
杉浦がパンを半分に割って、バターを塗る
のを、篤太郎や高松凌雲(細田善彦)たちが
マネをしました。

使節団は、インド洋を通って、スエズ運河へ
向かいますが、運河がまだ建設中だったので
汽車に乗り換え、地中海を通り、55日目に
パリへ到着します。

長い石段を登って広場に出て見渡すと
放射線状に伸びるパリの街が広がって
いました。そこは凱旋門の上だったのです。
篤太郎は「これがパリ!」と感激します。

* パリのグランドホテルへ

徳川昭武の幕府の使節団一行は
パリのグランドホテルに投宿しました。
ロビーで日本総領事のフリュリ・エラールが
出迎えます。

通訳のカション神父は、シーボルトが通訳を
務めていることに不快感を示しました。
イギリス側だったからです。

篤太夫は山内六三郎(松永拓野)に通訳して
もらい、ホテルの人から、ろうそく1本が
1フランだと確認していました。

すると隣の席で話していた向山や田辺たちが
薩摩が来ていると騒ぎだします。

ギャルソンがコーヒーを昭武に持ってくると
水戸藩士の菊池平八郎(町田悠宇)
井坂泉太郎(林雄大)らが妨害しました。

山髙信離(山本浩司)がコーヒーを持って
きただけとなだめますが、菊池は直接に
昭武に渡すのが我慢ならないようです(汗)

篤太郎がギャルソンからコーヒーを受け取り
菊池に渡すと、菊池は毒見をしてから
昭武に渡しましたね。

* パリ万博博覧会の会場へ

昭武一行は万国博覧会の見学に向かいます。
蒸気機関で大きな車輪が回っていました。
シーボルトは、蒸気機関がイギリスで発明
されて、世界に一気に変わった。万博は
ロンドンで始まり、世界中の品物が集まる
と説明してくれます。

篤太郎と凌雲が、大きな箱に乗ると
自動的に上へ上へと上がっていきました。
扉が開くと、篤太郎は飛び出して行って
階段を登って行って、外へ出ます。

そこは巨大なスタジアムの屋根の上で
篤太郎と凌雲は景色を楽しみ笑いました。
篤太郎は、何日かかっても見きれない品々に
驚いた、言葉も通じず、その品を見切れる
目も持っていない。夢の中みたいだと
つぶやきます。

* 薩摩もパリ万博に!

会場の「JAPON」のブースの少し離れた
ところに、琉球のブースがあったので
篤太郎たちは混乱しました。

薩摩の旗の下に、薩摩切子や陶器が飾られ
保科俊太郎(後藤田しゅんすけ)らは
不快感をあらわにします。

そこへモンブラン伯爵が現れ、名刺を配って
きました。篤太郎は日本にいるときに
福地源一郎(犬飼貴丈)から「モンブランに
気をつけろ」と言われた事を思い出します。

薩摩藩家老・岩下佐次右衛門(俵木藤汰)が
挨拶に来たので、田辺は薩摩の旗があるのは
日本から独立してるのかと怒りました。

モンブランは、田辺に以前断れたので
薩摩藩の五代才助(ディーン・フジオカ)と
手を握ったと話します。

話し合いの結果、琉球の名をはずし
「薩摩太守」という名で出展することに
まとまりました。

ところがフランスの新聞に、日本は連合国で
将軍が治める国と薩摩が治める国があると
書かれてしまいます。

* ナポレオン三世との謁見式

徳川昭武は、テュルリー宮殿で
ナポレオン三世との謁見を行います。

昭武が国書を読み上げると、
ナポレオン三世は歓迎の意を示して
くれました。このシーンを含め
フランスのシーンは合成が多いなんて
びっくりですね。

* 徳川慶喜の写真好き

徳川慶喜(草彅剛)はフランス公使・
ロッシュに協力を求めました。

そして慶喜はオランダ公使にはオランダ語で
フランス公使にはフランス語で、イギリス
公使には英語であいさつし、好印象を
与えます。

一方、島津久光(池田成志)はかつての
朝議参与の松平春嶽(要潤)
山内容堂(水上竜士)伊達宗城(菅原大吉)
を集め、巻き返しを図りました。

しかし徳川慶喜は長崎でフォトグラフの
機械を手に入れたと言って、みんなの写真
を取って、久光の目録を崩します。

* 平九郎が渋沢家の養子に

血洗島の渋沢家、市郎右衛門(小林薫)
尾高惇忠(田辺誠一)が平九郎(岡田健史)
に、栄一の希望で、渋沢家の養子になるよう
話していました。

やへ(手塚理美)も賛成のようです。
千代(橋本愛)は栄一から託された懐剣を
渡して、おなごのうたでは渋沢家を継げない
ので、栄一の想いを継いでと頼みます。

外にいたゑい(和久井映見)は、栄一の考えに
ついていけないと呆れ、てい(藤野涼子)は
平九郎と一緒に住めると笑いました。

* グランドホテルからアパルトマンへ

使節団の渡航費用がかさんできたので、
経費節減のため、アパルトマンへ移る事に
なります。

篤太郎は、侍である山内文次郎(渋谷謙人)
が、フランスの不動産屋との交渉で
値切ることなど断じてできないと言い出した
と杉浦に話し、嘆きました。

すると山内六三郎(松永拓野)がアパルト
マンの住人から、ポトフをもらったと
やって来ます。フランスの親子と娘が
挨拶してきましたね。

そこで篤太郎は、今度は六三郎と行って
フランスの不動産屋と交渉し、値切る事に
成功します。

ところが今度は井坂が、こんなところに
昭武を泊めれないと言い出しました。すると
昭武は、住まいに満足してくれ、篤太郎に
ご苦労であったとねぎらってくれます。

* 600万ドルの借款

徳川昭武一行は、公務の間にパリの街を
見学に出かけました。傷ついた人たちを
看護する施設が見えます。

廃兵院だと、カション神父が説明してくれ
ました。国のために戦った人たちの施設で
国がお金を出してくれるというので
篤太郎と凌雲は関心します。

男女が踊る舞踏会にも参加しました。
ドレスの女性が昭武に踊ろうと誘って
くると、また水戸藩士が邪魔をします(汗)

凌雲はちゃっかりご婦人とダンスを
始めてましたね。篤太郎は杉浦に、もうすぐ
頂いた金子がなくなると打ち明けます。

薩摩では五代さんと大久保一蔵(石丸幹二)が
江戸城では、栗本鋤雲(池田万作)と
小栗忠順(武田真治)がお互いの動きを
探りあっていました。

やがてフランスからの600万ドルの借款の
話が消滅したという知らせが届きます。

青天を衝け 感想あらすじネタバレ
青天を衝け キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る