おかえりモネ 34話 トムさんは仙台の病院へ

台風通過後の早朝、百音(清原果耶)は
テレビの天気予報の朝岡(西島秀俊)を
見ながら、朝岡の言葉を思い出します。
「何もできなかった人は次はきっと何か
できるようになりたいと強く思うでしょ」

サヤカ(夏木マリ)が来て「見てよ!
うちの鶏、タフだね。めげずに卵産んだ。
早く、雨戸開けて、いい天気よ」と言うので
百音が雨戸を開けると、光が差し込んで
きましたね。

カフェ椎の実、トムさん・田中(塚本晋也)
が蓮の写真をみんなに見せてくれ「登米の
モネの睡蓮」と言ってから、仙台の病院に
入院することにしたと報告します。
菅波先生(坂口健太郎)と相談して
決めたのです。

トムさんは、娘と孫の写真がお情けで送ら
れてきたとうれしそうでした。そして
迷うための時間をもらったので、とりあえず
今はもうちょっと長く生きたいと話します。

菅波先生は百音に「田中さんの事、これから
もちゃんとフォローします」と言いました。

* 次の世代がもう育っている

百音は亜哉子(鈴木京香)に電話して
トムさんが仙台の病院に入院することに
なったと伝えます。耕治(内野聖陽)は
仙台に出張したら顔を出すと言いました。

未知(蒔田彩珠)が電話を代わり、モネに
お父さんが進路のことでグダグダ言ってる
ので、ちゃんと言ってと頼んできます。

百音が「高卒で県職員に受かるのはすごい事
だと聞いた事がある。やりたいことを決めて
るなら、いいんじゃない。私の時より全然」
と言うと、耕治は納得したようで、未知に
「決めたなら絶対受かれ!水産試験場を
必ずめざせ」と言いました。

亜哉子にまた代わると「モネ、二十歳になっ
たでしょ!おめでとう。荷物届いた?」と
聞いてきます。

サヤカが荷物を見ると、日本酒「別品」が
入ってました。朝ドラ「べっぴんさん」を
思い出しますね。

最後に龍己(藤竜也)とサヤカが電話で
話します。龍己が「植樹祭、残念でしたね」
と言うと、サヤカは「また気が向いたら
やればいい。それに次の世代がもう育って
るから」と言い、モネを見ました。

龍己は未知を見て「そうですね。育って
ますね」と納得します。

百音とサヤカは、別品で乾杯!しかし百音は
味がわからないと言うので、サヤカは「やっ
ぱケーキでも買ってくればよかった」と
笑いました。

* 気象予報はラグビーにも!

森林組合、翔洋(浜野謙太)川久保
(でんでん)木村(アベラヒデノブ)
山崎(佐藤真弓)が「昨日のラグビーは
すごかった!」「ごろう、かっこよかった」
とやってきます。

百音が詳しいのかと聞くと、川久保は
初めて観たと答えました(笑)

内田(清水尋也)が「うちの会社、関わって
るんです」と起きだします。データ収集で
泊まりこんだのです。

野坂(森田望智)が来たので、
百音は、杉とナラの輪切りを渡しました。
野坂は、ラグビーのスタジアムに観測機を
置いて、当日の天気を予想し、先発メンバー
や戦略を決めると説明してくれます。

内田が寝言を言い出すと、野坂は「内田さん
どこかの大学院にいたのに、朝岡さんが
引き抜いてきた。次は永浦さんかな?」
と笑いました。

百音が新田家へ帰ると、気象予報士試験の
結果が郵送されてきてましたが、残念ながら
不合格でしたね(泣)

おかえりモネ あらすじと感想
おかえりモネ キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る