おちょやん107話 千代、台本2ページ飛ばす(汗)

ラジオドラマ「お父さんはお人好し」の
本番がいよいよ始まります。

副調整室の富岡(川添公一)のキューに
スタジオの桜庭(野村尚平)が手で合図し
アナウンサーの林田伸太郎(野田晋市)が
「第1回 1ダースの子、万歳」と紹介し
藤森家について説明しました。

千代(杉咲花)の声がラジオから聞こえると
岡福の宗助(名倉潤)一福(木村風太)は
大喜びしますが、みつえ(東野絢香)は
「やかましい!聞こえへんやんか」と
怒鳴ります(汗)

千代が「みんなも、はよ支度し」と呼びかけ
花車当郎(塚地武雅)は「なかなかうまい事
書かれへん」と悩んでいました。

店の前に貼りだす貼り紙を「本日都合により
休みます」にするか「本日清二の結婚式の
ため休みます」にするか悩んでいたのです。

長女・京子(大橋梓)が「お父ちゃん、
タクシー」と呼びかけ、長男・米太郎
(久保山和洋)は「タクシーメーターで
倒産する、父さんだけに」と言います(笑)

当郎のボタンが飛んで、服が小さくなったと
言うと、千代がお父さんが太ったとツッコみ
ました。

副調整室の長澤(生瀬勝久)は満足そうに
笑っています。千代は「この感じ懐かしい」
と笑顔になりました。

* 結婚式の場面

結婚式の場面になって、清二(細田龍之介)
が、花嫁さんのスミ子がいなくなったと
騒ぎ出します。

三男・浜三(久保田直樹)は雲行きが怪しく
なったと、お天気のことを言いますが
当郎は花嫁さんがいなくなった事を浜三が
言ったと勘違いし、兄弟たちに花嫁さんが
いなくなった事が伝わってしまいました。

ドラが大きく鳴って、乙子の息子・一郎
(高田幸季)がうずくまってしまい
千代が心配して、駆け寄ります。

* 千代、台本2ページ飛ばす(汗)

当郎に呼ばれて、千代はマイクの方へ向かい
ますが、転んでしまいました。立ち上がって
マイクの前に立った千代は「いろいろありま
したけど、お父ちゃん、締めておくれやす」
と言います。

長澤は「あかん!2ページ飛ばした!」と
驚き、副調整室のスタッフが、ざわざわし
はじめました。

当郎が「きっちり締めるって何の事?」と
聞きながら、自分のネクタイを締めると
千代は台本2ページ飛ばしたことに気づき
「ネクタイや。そないゆるんでたらみっとも
ない。こないなったら皆でスミ子さんの事
探しに行きましょう」とうまく元へ戻し
ます。危なったですね(汗)

* 「お父さんはお人好し」大成功!

清二が花嫁のスミ子(西村こころ)とともに
戻ってきました。スミ子はストッキングを
忘れたので、買いに行ったのです。

京子と次女・乙子(辻凪子)はこれからは
家族なのだから、何でも言って話しました。

仲人・木村(国木田かっぱ)がぼちぼち
お開きだというので、千代は「今度こそ
きっちり締めておくれやす」と言います。

当郎は「用意した虎の巻を読ませてもらい
ます」と言って読み始めました。「本日は
都合によりお休みにさせて頂きます」と
お店の前に貼る貼り紙を持ってきてしまった
というオチでエンディングとなりました。

* ラジオドラマを聴いていた人々は

家でラジオを聴いていた春子(毎田暖乃)
栗子(宮澤エマ)は拍手します。

鶴亀新喜劇のメンバーたちも大喜び!
香里(松本妃代)は泣いていました。
そして岡福の宗助も泣いていて
シズ(篠原涼子)は笑顔でしたね。

千代が家の前まで帰って来ると
春子と栗子だけでなく、ご近所さんまで
集まって、面白かったと喜んでくれました。

* 一平は3周年記念公演へ向けて

半年後、「お父さんはお人好し」は好評で
当郎と千代の写真入りで、新聞に紹介
されます。

栗子は「すっかり12人の子がいてる
肝っ玉母ちゃんが板についてきた」と
喜んでいました。

千代が外を歩くと、「チヨ子お母ちゃん」
とみんなが呼びかけてくれます。

一方、一平(成田凌)は熊田(西川忠志)
から「3か月後の新えびす座3周年記念公演
新作を発表し必ず成功させてくれ」と
命令されてましたね。

おちょやん あらすじと感想
おちょやん キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る