青天を衝け3話 小林薫さんと和久井映見さん、村川絵梨さん

武蔵の血洗島にたくさんの職人たちが集まっ
てきて、藍のすくも作りがはじまります。
渋沢栄一(吉沢亮)も職人たちに加わって
クワを振るいました。

発酵をはじめて100日、すくもが出来上り
液状にすると美しい青ができて、染料になり
布に色を入れて水洗いを繰り返し、天日干し
します。

栄一と市郎右衛門(小林薫)が話してるのを
ゑい(和久井映見)が微笑ましそうに
見ていましたね。

栄一は喜作(高良健吾)に「もうすぐ父さま
に江戸へ連れて行ってもらう」と打ち明け
笑顔を見せます。

* 北大路欣也さんの徳川家康

徳川家康(北大路欣也)が「こんばんは、
徳川家康です」と登場しました(笑)

好きな外国人として、マルコ・ポーロ、
ウイリアム・アダムズ(三浦按針)
テナルド・マクドナルドが挙げられます。

そして運命の外国人としてマシュー・ペリー
(モーリー・ロバートソン)が紹介され
「ヨーロッパの船がひしめいている。彼らを
出し抜いてやる!今こそアメリカの力を
見せつけてやる」と話しました。

尾高惇忠(田辺誠一)が本を読んでると
千代(橋本愛)が論語について教えてと
やって来ます。

やへ(手塚理美)がお兄様に失礼だと言い
ますが、惇忠は考えを変えて、千代にも
論語を教えてくれる事になりました。

* 渋沢栄一、初めての江戸へ

渋沢栄一は市郎右衛門とともに江戸の街へ
到着します。多くの人がいたので今日は
祭りかと栄一は勘違いしました。

栄一は、タケノコの天ぷらをもらって
大通りへ出て、走り出します。

越後屋呉服店の前で、栄一が「父さま、
俺はうれしい。この町は商いでできている。
お武家様が脇役だ」と話してると
通りがかった平岡円四郎(堤真一)が
「聞きづてならねえ」と言ってきました。

栄一と市郎右衛門は慌てて逃げます。
円四郎の妻・やすの木村佳乃さんも
登場しましたね。

神田紺屋町の紺屋へ行って、藍の見本を
見てもらいますが「いい色だが、大店は
阿波藍しか買わない」と言われてしまいます。

栄一は江戸城を見て「あそこに公方様が
おられるのか」と目を輝かせました。

* 12代将軍・徳川家慶が体調崩す

12代将軍・徳川家慶(吉幾三)が体調を
崩し、徳川慶喜(草彅剛)がお見舞いに
行きます。

家慶は徳川斉昭について、慶喜に「そなたの
顔を見てると、悪い男でなかったと思うから
不思議だ」と話しました。

その徳川斉昭(竹中直人)は「尊攘」と
大きな字を描いてましたね。

* 12代将軍・徳川家慶の死

黒船が浦賀にやってきて、喜作はペリーの
似顔絵入りの瓦版を買ってきて、道場へ
持ってきました。

道場から家へ戻った長七郎(満島真之介)が
黒船が来たと伝えると、尾高惇忠は清国が
夷狄に乗っ取られたと書いてある本を見せ
「今こそ人心を1つにして戦わねば」と
危機感をつのらせます。

徳川斉昭が幕府に大砲を献上し
阿部正弘(大谷亮平)は「さすが水戸様」と
感心しました。

徳川家慶は「水戸の斉昭に力を借りるのじゃ
徳川を頼む」と慶喜の手を握ります。
その10日後、徳川家慶が亡くなりました。

徳川家定(渡辺大知)は、これからの幕府の
方針を決めるため広く意見を募集します。

徳川斉昭は海防参与という役に任じられ
「快なり」と喜んでいると、藤田東湖
(渡辺いっけい)が錦絵を持ってきました。
斉昭を諸葛亮孔明に似せた錦絵です。

* 高島秋帆と渋沢栄一

武蔵国では、捕らえられていた砲術家の
高島秋帆(玉木宏)が牢から出されます。

栄一と喜作が畑を歩いていると、
渋沢宗助(平泉成)まさ(朝加真由美)らが
話していました。罪人だった高島秋帆が
江戸へ連れ戻されると教えてくれます。

やがて、きれいに変身した高島秋帆が
馬に乗って、役人たちとやってきました。

宗助たちと頭を下げていた栄一が思わず
声をかけると、幼い栄一(小林優仁)を
覚えていた秋帆は馬を降りて近づいてきて
「そうかお前か」と言いました。

そして高島秋帆は、自分は日本のために
尽くすと決めたので、お前も励めと
栄一の肩を叩いて、笑顔で去っていきます。

* 藍葉が虫に食われる

収穫間近の藍葉が虫に食われてしまい
ました。市郎右衛門は急いで藍葉を
刈り取るように指示します。

やがて市郎右衛門、信州や上州へ藍葉を
買いに1人で出かけていきました。

* 徳川慶喜の直言の臣

徳川斉昭と徳川慶喜と話しますが
慶喜は「私にこの先、将軍になる見込みは
ありません。父上は私を傀儡としご自身が
将軍になりたいのでしょう」と言い
一橋家が書いたという建白書を破いて
去っていってしまいます。

斉昭は「直言の臣はおらぬのか?」と
慶喜を心配しました。

* 渋沢栄一の初仕事

渋沢栄一は「俺を信州へ行かせて」と頼み
ますが、なか(村川絵梨)は「あんた
みたいな子供に誰が売ってくれる」と
バカにします。

ゑいも反対してましたが、奥から箱を
持って来て、箱の中の青い袋を栄一に渡し
「決して無駄にしたらいけえねえ」と
信州行きを許してくれました。

栄一は1人で、藍葉を育てている村へ行き
藍をしっかり吟味し、そろばんを出して
藍を買っていきます。来年用の肥料のお金
も上乗せしてあげてましたね。

やがて栄一は大量の藍葉を持って帰って
きます。渋い顔をした市郎右衛門は
その藍葉をチェックし、いくらで売ったかと
栄一に売り値を聞きました。

栄一が答えると市郎右衛門は「よくやった」
と褒めてくれたので、栄一は大喜びします。

一方、平岡円四郎のところへ
川路聖謨(平田満)が訪ねてきました。
徳川慶喜に仕えてくれというので
円四郎は断ろうとしますが、結局は
受けることに決めます。

栄一は「商いとは楽しいもんだ」と
喜作に話して、空を眺めていましたね。

青天を衝け 感想あらすじネタバレ
青天を衝け キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る