麒麟がくる 43話 織田信長の暴走と明智光秀の不信感

「麒麟がくる」もいよいよクライマックス
ですね。織田信長(染谷将太)の暴走に
明智光秀(長谷川博己)だけでなく他の武将
たちも不信感を抱き始めます。

天正7(1579)年、丹波の黒井城と
八上城が落城し、光秀は丹波全域を平定
することに成功しました。

光秀は丹波の3人の武将に、安土へ送られる
が、命を助けるので安心して旅立たれよと
話します。

ところが安土城へ行くと、信長は光秀と
細川藤孝(眞島秀和)に丹波丹後の平定を
みごとに収めたと褒めてから、森蘭丸
(板垣瑞生)に3つのカメを持って
来させました。

信長は「八上城の波多野の兄弟じゃ」と
笑います。光秀が見送った3人の武将を
信長は討ち取ってしまったのです。

そして信長は笑顔を消すと、本願寺攻めに
手こずる佐久間信盛(金子ノブアキ)と
京で遊んでいる羽柴秀吉(佐々木蔵之介)を
叱りつけました。

信長はまた笑顔になって、今宵は天主で
宴を行うとご機嫌になります。

* 光秀だけでなく、藤孝と秀吉も

光秀と藤孝が廊下を歩いてると、
秀吉が来て、信長が奥の間へ来るよう
呼んでいると光秀に言いました。

光秀が去ってから、秀吉は藤孝を小部屋へ
誘い、密談を始めます。信長が帝に譲位を
迫るのは、やりすぎという事で、
秀吉と藤孝の意見は一致しました。

光秀が奥の間へ行くと、信長がご機嫌で
朝廷に頼んで、光秀に従五位上の位を
授けてもらおうと言いだします。

光秀は、信長が右大将の位を蹴った事を
取り上げると、信長は帝が譲位したら、
喜んで頂こうと言いました。

さらに信長は、誠仁親王(加藤清史郎)に
新しい御所へ移って頂くようにと光秀に
命じてきます。

京の若宮御殿、光秀と藤孝がその事を伝えに
行くと、誠仁親王は「信長は何事もせわし
ない男子よのう」と呆れました。

廊下で、光秀が「やはり違う」と言い
反発しようとしますが、藤孝が事を荒立て
ないようにと抑えます。11月、東宮は
二条の新しい御所へ移りました。

* 佐久間信盛の追放

三条西実澄の館、伊呂波太夫(尾野真千子)
近衛前久(本郷奏多)細川藤孝が会います。

三条西実澄(石橋蓮司)は亡くなったようで
太夫は、じいさまが生きていたら、東宮を
御所から移らせるヘマはさせなかったと
残念がりました。

太夫が、これから誰を頼りにしたらいいかと
聞くと、近衛前久は帝も一目置いている明智
だと答え、藤孝もうなずきます。

天正8年、本願寺顕如(武田幸三)が
大坂の地を明け渡し、その直後、織田信長は
佐久間信盛を追放しました。

* 明智光秀の夢

明智光秀は、月へ向かって伸びる大木を
マサカリで切り倒そうとしている夢を見て
目を覚まします。

光秀が望月東庵(堺正章)を訪ねると
帰蝶が京へ来ていると教えてくれます。
帰蝶は目を患い、東庵が知り合いの曲直瀬
という医者を紹介したというのです。

光秀は駒(門脇麦)に会いに行きます。
駒は光秀が少し疲れた様子なのを
心配してくれました。

光秀は、木を倒す夢を見たと打ち明け
月に行こうとしているのは信長で
自分は木を切って、それを止めようと
している。このままこの夢を見続ければ
自分は信長様を…と一点を見つめます。

* 「毒を盛る。信長様に」

明智光秀がお寺を訪ねていくと
帰蝶(川口春奈)今井宗久(陣内孝則)
がいました。

光秀は、斎藤道三に似ている帰蝶に
聞きたい事があると言います。
今井宗久は光秀にお茶を出してくれ
席を外してくれました。

陣内孝則さんが「太平記」の佐々木道誉
だったら、動かなかったでしょうね(笑)

宗久が去ってから、帰蝶は「信長様の
ことであろう」と切り出しだしました。
光秀が「道三様ならどうなされましょう」
と聞くと、帰蝶は「毒を盛る。信長様に」
と即答します。

光秀は、道三は信長と新たな世を作れと
言っていたので、信長に毒を盛るのは
自分に毒を盛るのと同じと言いました。

帰蝶は、信長のところへ嫁げとすすめたのは
道三と光秀であり、今の信長を作ったのも
道三と光秀なので、それに始末をつけるのは
当たり前というのが道三の答えと話します。

光秀が「その父上の答えをどう見られますか
?」と尋ねると、帰蝶は「私はそう答える
父上が大嫌いじゃ」と答え、
光秀も「私も大嫌いでございます」と答え
2人は笑いました。

天正10年3月、織田信長と徳川家康は
甲斐の武田勝頼を討ち取り、武田氏は
滅亡します。

* 光秀、祝宴の供応役に

織田信長は徳川家康(風間俊介)と
勝利を喜びました。

光秀は家康と2人きりで話します。
光秀が、信康と築山殿の事で役に立てなかっ
たと謝ると、家康は築山殿が武田方と通じて
いた証拠が見つかったからと答えました。

そして家康は、近江と丹波をうまく治めて
いる光秀に、駿河を治めるために心がける
ことを質問してきます。

光秀は、正しく検地を行い、ムリのない
年貢を取る事だとアドバイスしました。

家康は、信長に祝宴の供応役を光秀にと
推薦するので、断らないでと頼んできます。
光秀が他にふさわしい者がいると断ろうと
すると、家康は「信長様は私にはまだまだ
怖いお方です」と言いました。

森蘭丸はその会話を聞いて、信長に報告
します。そばにいた丹羽長秀(松田賢二)は
家康は毒を盛られるのが怖いのだろうと
笑いました。

* 「最終回 本能寺の変」へ

天正10年5月、信長は家康の祝宴の準備を
した光秀をほめてから、毛利攻めの秀吉の
加勢に行けと命じてきます。

すると光秀は、供応役を最後まで務めさせて
欲しいと頼みました。織田信長の目のアップ
になりましたね。

家康を迎え、大広間で祝宴が始まりました。
料理が運ばれてくると、信長は光秀に
「膳が違うぞ!」と怒りだします。
膳に乗っている品数が違うというのです。

光秀が近づき、確認しようとして
信長にお椀をこぼしてしまいました。

信長は激高し「下がれ!」と光秀を
蹴り飛ばします。次回はいよいよ
「最終回 本能寺の変」ですね。

麒麟がくる 感想あらすじネタバレ
麒麟がくる キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る