エール 119話 志村けんさんからの手紙

広松寛治(松本大輝)という作曲家志望の
青年が訪ねてきて、裕一(窪田正孝)に
インタビューします。

広松は日本の音楽の歴史を勉強する中で
裕一のことを知って、裕一がクラッシック
ではなく流行歌にどうして身を投じたのか
と質問してきました。

裕一は「最初は生きるためでした。
でも今はクラッシック、流行歌という区別
はありません。で、用件は?何か聞きたい
ことがあるの?」と言います。

広松は「古山先生を小山田先生に続く
日本の音楽の正統な後継者と認識して
います」と話すので、裕一は13年前の事
を思い出しました。

* 小山田先生からの手紙

小山田先生(志村けん)が亡くなる3日前に
書いた手紙を、秘書の猿橋(川島潤哉)が
裕一のところへ持ってきたのです。

裕一が小山田先生の手紙を読む形で
志村けんさんが回想シーンが流れました。
ずるい演出ですね。でもよかったです。

「君の音楽に触れるにつれ、ようやく私は
わかったことがある。私は音楽を愛していた
君は音楽から愛されていた。

今思えば、それが悔しくて恐ろしくて
君を庶民の音楽に向かわせたのだろう。
愚かだった。もしあの時、嫉妬を乗り越え
応援していたら、君はクラッシックの世界
で才能を開花させていたはずだ。

君がオリンピック入場行進曲を書くと
聞いた時、私は心の底からうれしかった。
死の間際、君のオリンピックマーチを
聞いた。音楽の深淵を知る曲だ。

期待に応えた君に、最大の賛辞を贈りたい。
ありがとう。最後に気はひけるが、どうか
私を許して欲しい。道は違えど音楽を通して
日本に勇気と希望を与えてきた同志として
今度は語り合いたい。私は先に逝く。
こちらに来たら、声をかけてくれ。
            小山田耕三 」

猿渡が「どうか先生を許して下さい」と
頭を下げると、裕一は「小山田先生の本で
音楽を勉強してきました。感謝しかありま
せん。天国でお話するのが楽しみです」
と頭を下げました。

* 私の役目は終わった、次は君たちが!

広松が「なぜお元気なのに曲を書かれない
のか、その謎をお聞きしたい」と質問して
きました。

裕一は「毎日曲があふれてくるが、譜面
にするのは、まどろっこいんだ。私は人の
力になるための音楽を作ってきました。

だからもう僕の中にある音楽を僕だけで
楽しみたいんだ。ダメかな?私の役目は
終わったんだ。次は君たちが担ってくれ」
と広松の手を握ります。

* 今日はドラマの最終回

広松が帰ってから、音(二階堂ふみ)は
「熱意ある若者でしたね」と言うので
裕一は「ああ。彼らの世代がまた新しい
音楽を紡いでくれるよ。寒くないかい?」
と窓を閉めに行きました。

音は力なく「暮れゆく、暮れゆく」と歌い
はじめて「海が見たい。あなたと出会った
頃のように、歌を歌いたい」と頼みます。

裕一が「わかった」と音を支えて
2人で外へ歩き出すと、砂浜になって
若い頃に戻った裕一と音になりました。
GReeeeNの「星影のエール」が流れる中
笑顔の2人が、手をつなぎます。

裕一が「音、会えてよかった。君に会えな
かったら、僕の音楽はなかった。出会って
くれて、ありがとうね」と言うと
音は「私もあたなといられて幸せでした」
と笑いました。

やがて窪田正孝さんと二階堂ふみさんが
振り返って、カメラ目線になると
感謝の言葉を述べて、明日はNHKホールから
と案内がありました。ドラマは今日までで
最終回はコンサートのようです。
明日も楽しみですね。

エール あらすじと感想
エール キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る