麒麟がくる 15話 斎藤道三演じる本木雅弘さん

亡くなった深芳野(南果歩)を前に
斎藤高政(伊藤英明)が家督を譲れと
迫ると、斎藤道利政(本木雅弘)は
「よかろう。家督をそなたに譲る」と
答えました。

天文23(1554)年、
斎藤利政は仏門に入り、道三と号し
家督を嫡男・高政に譲ったと家臣たちに
宣言します。

坊主になった道三を見て
明智光安(西村まさ彦)稲葉(村田雄浩)
たちは驚きました。

* 長谷川純さんと犬養直紀さん

2月後、明智十兵衛光秀(長谷川博己)は
煕子(木村文乃)から、光安の使いの者が
館へ来るよう命じてると言われます。

明智光安の館へ光秀が行ってみると上座に
斎藤道三の次男・斎藤孫四郎(長谷川純)
が座っていて、光秀は戸惑いました。

斎藤道三と側室・深芳野の間の子が、
長男の斎藤高政で、
斎藤道三と正室・小見の方の間の子が、
長女・帰蝶と次男・斎藤孫四郎と
三男の斎藤喜平次(犬養直紀)なのです。

* 光秀、孫四郎に反対する

光秀は明智左馬助(間宮祥太朗)と並んで
光安の後ろに座ります。

孫四郎は高政が家督を継いだことが不満で
帰蝶も同じ思いなので、明智に反高政派の
国衆をまとめてと言ってきました。

光秀はすぐに断ります。高政が家督を継いで
2月ばかりで、高政は何もやっていないと
光秀が話すと、孫四郎と家臣は少し怒って
出て行ってしまいます。

* 斎藤高政は織田彦五郎と内通

斎藤高政は家督を継いで、政務に忙しくして
いました。近習に指示を与えた後で、光秀を
呼びます。

高政は、孫四郎と会った光秀が孫四郎を
あしらった事を知っていました。
光秀が織田信長との盟約をどうすると聞くと
高政はいずれ見直さねばならないと答え
清洲城の織田彦五郎と碁を打つことになって
いると話します。

そして高政は、帰蝶も信長も挨拶に来ない
ので、光秀に尾張へ様子を見に行ってと
頼みました。

光秀が廊下へ出ると織田彦五郎(稲垣義明)
たちがやって来たので光秀は頭を下げます。

* 斎藤道三「道筋などあるものか」

明智光秀が斎藤道三を訪ねると
道三は鉄砲を的に命中させ、上機嫌でした。

道三から何か申したい事があるかと聞かれ
光秀は、道三が筋道をつけずに高政に家督を
譲ったため、皆が惑っていると相談します。

道三は「道筋などあるものか!わしの力で
どうこうする訳ではない。帰蝶には信長が
負けたら、身一つで帰って来るよう伝えて
ある」と話しました。

光秀がどうして家督を譲ろうと思ったのか
と聞くと、道三はそんな大事な話は、ただで
話せぬとニヤリと笑い、去っていきます。

* 木下ほうかさんの織田信光

清洲城で尾張の守護・斯波義統(有馬自由)
が、織田彦五郎の家老・坂井大膳に暗殺され
てしまいました。

斯波義統の嫡男・斯波義銀(松田周)が
織田信長(染谷将太)の元へ来たので、
信長は義銀の身を守り、清洲城攻めには
先陣を切ると約束します。

やがて守山城城主・織田信光(木下ほうか)
が訪ねてきて、帰蝶(川口春奈)と2人で
お団子を前に、話しました。

織田信光は織田信秀(高橋克典)の弟で
信長の叔父にあたります。
信光が、清洲の彦五郎から碁を打たぬかと
誘われていると言うと、帰蝶は「良いお話
ではございませんか。打ちにおいでになれば
よいかと、碁を」とすすめました。

信光が、信長が自分を疑わないか心配すると
帰蝶は「好都合ではございませんか。行って
お打ちになれば、万、片が付くというもの。
碁が終わったと知らせがあれば、殿も参り
ましょう」と言います。信光は団子を食べ
「美味じゃ」と言いましたね。

* 織田信光、織田彦五郎を倒す

織田信光は織田彦五郎と清洲城で碁を打って
いましたが、突然に脇差を抜いて襲い掛かり
彦五郎を暗殺してしまいます。

織田信長は斯波義銀とともに、兵を率いて
清洲城へ入り、碁を拾いました。
碁を打つと言うのは、彦五郎を討つという事
だったんですね。

稲葉良通は斎藤高政に、道三が信長の動きを
知り、わしの目に狂いはなかったと我が子
のように喜んでいたと話します。さらに
孫四郎が信長にお祝として馬2頭を送ったと
伝え、孫四郎から目を離すなと言いました。

やがて道三が孫四郎を連れて鷹狩りへ向かい
ます。孫四郎が振り向くと、2階から見てい
た高政と目があいました。

* 太原雪斎、衝撃を受ける

織田彦五郎が討たれたと知り、駿府の
太原雪斎(伊吹吾郎)は衝撃を受けます。

寺の一室で、望月東庵(堺正章)が
駒(門脇麦)に鴨子芹という薬草を買って
来てと頼んでいると、雪斎が入って
来ました。

雪斎が忙しそうなので、東庵が療治を
やめようかと言うと、雪斎はいつもの療治を
と頼んできます。

駒が寺の門を出ていくと、藤吉郎(佐々木
蔵之介)が文字を教えてと頼んできて
薬種問屋までついてきてしまいました。

菊丸(岡村隆史)が商いをするなら市へ行け
と言うと、藤吉郎は侍になると言い出し
尾張の殿様は評判がいいので、尾張へ行く
2日の間だけ字を教えてとねばります(笑)

* 孫四郎と喜平次

稲葉山城の廊下、明智光安は孫四郎と
喜平次と日根野備中守(山本浩貴)と
すれ違いました。高政が病気だというので
道三に言われ、お見舞いに来たのです。

光安が何の病気かと聞くと、
日根野はわからないので参っていると
答えました。

斎藤高政が寝ていた寝室へ、孫四郎と
喜平次が入って行こうとすると、突然に
戸が閉められました。そして日根野は刀を
抜いて、孫四郎と喜平次を倒します。

* 斎藤道三の怒り

斎藤道三が槍を持って庭に出ると
2つの亡骸が横たわっていました。
道三は槍を家臣に投げ、亡骸にかかっていた
着物を取って「孫四郎、喜平次」と涙します。

道三は血に染まった孫四郎を触って
頭を抱え「誰が、誰がこのような仕打ちを?
申すな!分かった。美濃を手に入れた褒美が
これか!わしは全てを譲ったわが子。全てを
血まみれにして、孫四郎の血、喜平次の血が
高政!わしの手を汚しおって!許さん」
と怒りました。

斎藤道三を演じる本木雅弘さんの演技
鬼気迫るものがありましたよね。

藤田伝吾(徳重聡)が光秀に稲葉山城の様子
を伝えます。高政が孫四郎と喜平次を
討った後、斎藤道三は美濃の北にある
大桑城へ向かったというのです。

稲葉山城の高政は、稲葉たちを集めて
「わしは弟を斬ったのではなく、道三の子を
斬ったのだ。わしは土岐頼芸の子。美濃の力
を結集し、揺るぎなき国を作る」と
宣言します。

明智光秀は館で一点を見つめていました。
次回は斎藤道三 VS 斎藤高政です。
光秀がどう動くのか楽しみですね。

麒麟がくる 感想あらすじネタバレ
麒麟がくる キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る