エール 15話 堀田真由さんの志津に接吻大作戦

松坂(望月歩)が交際の境界線について質問
すると、昌子(堀内敬子)は良い質問だと
感心し、交際の境界線はそれぞれの組合せに
よって変わってくると説明しました。

落合(相島一之)は一緒にお酒を飲む
鈴木(松尾諭)は告白して了承を得る
松坂は手をつなぐと答えますが、
昌子は否定します。

裕一(窪田正孝)が一緒にお話してるだけで
楽しいと言うと、鈴木は「志津は海千山千の
踊り子だ」と言いました。

昌子が「接吻ね」と言い、裕一はびっくり!
「きれいで経験豊富なレディ、かたや経験
未経験のボーイ。2人をつなぐのには接吻」
と言うので、落合たちは納得します(笑)

* 交際の境界線は接吻

裕一が「接吻といってもわかりません」
と言い、鈴木が松坂相手に見本を示そうと
するので、裕一は「やり方は僕でも知って
ます。知りたいのは、接吻するという状況に
持ち込む方法です」と言いました。

落合と鈴木と松坂が例を示すと
昌子は否定し「いきなりがいいわ。女は
ドキドキしたい生き物なの」と言います。

裕一が「いきなりってどうすれば?」と
聞くと、昌子は「ドキドキさせるために
必要なのは、予期せぬ事態よ」と説明を
はじめました。

お客さんが来て、落合と鈴木と松坂が出て
いって、裕一と昌子2人だけになります。
すると昌子は「練習しとく?」と裕一の
両頬を持って、キスを迫りました(笑)

* 接吻大作戦

数日後、接吻大作戦が実行されることに
なりました。レストランの席に、裕一と
志津(堀田真由)が座っているのを
落合と鈴木と松坂と昌子が見守ります。

裕一は志津のくちびるにしか
目が行きません(笑)
志津から裕一さんはどんな女の人が好み?
と聞かれ、裕一が答えに詰まると
鈴木が「きみのような人」とカンペを
出します。

裕一が「きみのような人」と答えると
志津は「フフフ、お世辞でもうれしい。
ちょっと御不浄に」と立ち上がりました。

* 接吻は??

事前の作戦会議で、昌子は彼女がトイレに
立った後、戻って来た時、何かをこぼし
彼女をこけさせ、接吻すればいいと
アドバイスしました。

やがて志津が戻って来たので、鈴木が傘で
志津をよろけさせ、裕一が支えます!
裕一は「大丈夫ですか?」としか言えず
鈴木たちはがっかりしました。

夜の通り、志津が「もう店に来なくて
いいから。これからは外で会いましょう」
と言って、別れます。

* 中村蒼さん再登場

志津と別れた後、男が「何やってる!」
と近づいてきて、裕一は「ごめんなさい」
と思わず謝ります。

男が「俺だ!鉄男だ」と言うので
裕一は「乃木大将?」とびっくりします。
込江大牙くんから成長した鉄男として
中村蒼さんが再登場です。

鉄男は福島日民新聞社の記者をしていて
ダンスホールを取材していたのです。

裕一が「よかったね」と喜ぶと
鉄男は「よかったじゃねえだろ!音楽は?
何で銀行なんかに住んでんだ?」と
責めてきました。

裕一が家族のため養子に入る事になったと
言うと、鉄男は家族の事情はわからないが
昔の裕一(石田星空)から「しがみつけば
必ず道は開くって。詩人になれるよ」と
言われたのが、唯一励まされた言葉だと
話します。

そして鉄男は「俺が詩を書き、お前が曲を
作る。その歌がレコードになり、みんなが
聴く夢を描いていたが、それも夢だな」と
言いました。

* カバンをバスに…

落合から郡山へお金を届けてとカバンを
託されますが、裕一は鉄男の事を考えていて
バスの中に忘れてしまいます。

裕一があわてて銀行へ帰ると
茂兵衛(風間杜夫)がいて「たわけが!
踊り子とうつつを抜かしてるらしいな。
すぐ別れろ。お前の相手は俺が見つける」
とカバンを置きました。

とりあえず大事件にならず、良かったです。

* 裕一、志津に告白する

志津が、踊り子の幸子と佐紀と歩いてきた
ところを、裕一が声をかけました。幸子と
佐紀が離れてくれて2人きりになります。

裕一が「僕、伯父には反対されたけど
反対されて気づいた。君の事が好きです。
つきあって欲しい」と告白しました。

志津は「フフフ、アハハ。おかしい。
私、誰だか気づかない?小学校の同級生の
とみよ」と打ち明けます。志津は
とみ(白鳥玉季)だったのです。

志津は「やっと気づいた?ダンスホールで
私は気づいたのに、あなたは無視した。
癪だから、からかってやろうとわざと
近づいたの。近づいて惚れさせて、バカって
言ってやろうと思ってね」と言います。

裕一が真剣だと言うと、志津は「店がつぶれ
ダンスホールの踊り子、あんたは銀行の跡取
冗談じゃないわよ。すっきりした」と去って
いきました(泣)

エール あらすじと感想
エール キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る