エール 8話 平田満さん登場

双浦環(柴咲コウ)の歌を教会で聴いて
関内音(清水香帆)は釘付けになります。
歌が終わると、スタンディングオベーション
が起こりました。

安隆(光石研)と一緒に、音は環に
感動しましたと話しかけます。
音が琴を弾く予定だったが遅れたと言うと
環は「どんなことがあっても穴を開けっちゃ
ダメ。目の前のことに全力を尽くしなさい」
とアドバイスして、レコードをプレゼント
してくれました。

アドバイスする柴咲コウさんは、
井伊直虎になってましたよね。
帰り道、音は安隆に、歌を習いたいと
話します。

* おんな城主直虎のアドバイス

関内家、安隆が「きれいだった、双浦環」と
うっとりしてると、光子(薬師丸ひろ子)が
「鼻の下、のびきってますよ」とからかい
ました。

安隆が「音が琴をやめて、歌を習いたいと
言ってる」と話すと、光子は「今、好きな事
をやればいい。同じ事を続けるのが偉いと
いう風潮嫌い」と言います。

安隆は「出たな!光子の黒い部分。
黒蜜だ」と笑いました。

音が、竹取物語の台本に夢中なのを
吟(本間叶愛)梅(新津ちせ)が
見ていましたね。

* 田中里念さんと太田梨香子さん

学校で、たえ(太田梨香子)は
音が明るくなった事に気づきます。
音は「これからは目の前のことに
全力を尽くす」と環のアドバイスを
思い出しました。

熊谷先生(宇野祥平)は学芸会の練習を
するので、かぐや姫とおじいさん1、2、3
の生徒に、前に出るよう言います。
音は、おじいさん2です。

かぐや姫役の神崎良子(田中里念)は
1人だけ洋服を着ていましたが
お腹が痛いからと、保健室へ行って
しまいます。

お弁当の時間、たえは音に
良子のお母さんはおっかないので
良子は緊張してると話しました。

良子の母親・ます(篠原ゆき子)は
良子に「先生に言って、あんたを主役に
したでね。完璧にやりんよ。神崎家の恥に
なるようなことは絶対許さんからね」と
プレッシャーをかけていましたね(汗)

* 平田満さん登場

安隆が商談のため陸軍の施設を訪ねると
打越金助(平田満)がいました。

安隆が「打越さんのおかげで、やっていけ
ます」と感謝すると、打越は「安心せい。
あんたんとこ評判がいいけん。奥さん
さん、元気にしとるか?いい職人と
けっこい奥さん、あんたは幸せもんだね」
と言います。

平田満さんは大河ドラマ「西郷どん」にも
出演していましたよね。

* 吟、お誕生日おめでとう

吟が帰って来ると、みんなでお誕生日
おめでとうとお祝いします。吟は14才。
ちらし寿司やコロッケなど、ごちそうが
並んでいました。口紅をプレゼントされ
音が塗ってあげますが、はみ出します。

三姉妹の歌に合わせて、安隆と光子が
ダンスをはじめました。「それはそれは
幸せな1日で、ずっと続くと思ってました」
というナレーションが不気味です。

* 学芸会の練習

学芸会の練習がはじまりますが、かぐや姫の
良子が台詞につまってしまいます。

音が「かぐや姫はこう申しております・・」
と続けると、良子は勝手なことをしないで!
とブチ切れ、医務室へ行ってしまいます。

音は「先生、ごめんなさい」と謝り
熊谷先生は「それじゃあ、かぐや姫がおらん
部分をやろう」と言いました。

そこへ女の先生が来ます。熊谷先生が廊下へ
出ると、女の先生は「警察から連絡がありま
した」と伝えます。不穏な空気でしたね。

エール あらすじと感想
エール キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る