麒麟がくる 11話 明智光秀、尾張へ近江へ

天文18(1549)年11月、尾張
笠寺で人質交換が行われました。
徳川家康(岩田琉聖)が織田方から今川方へ
今川に捕らえられた織田信広(佐野泰臣)は
織田へ返されます。

末盛城の織田信秀(高橋克典)は
人質交換を終えた平手政秀(上杉祥三)を
大儀であったとねぎらいました。
しかし信秀は「信広が満身創痍でないとは
不甲斐ない」と言い、弓を引こうとしますが
肩の傷が悪化して、引けません。

信秀は、信長は何を考えているかわからず
信勝は幼すぎるので、今川に攻められたら
勝ち目はないと弱気です。

駿府の今川義元(片岡愛之助)は
松平竹千代を迎え、ともに食事を取ろうと
やさしい言葉をかけ、三河が毒されるよう
織田を攻めると言って、年明けに戦支度する
よう太原雪斎(伊吹吾郎)に命じました。

* 斎藤家と織田家の盟約

天文19(1550)年夏、今川軍は
織田の知多半島に攻め込んできます。
斎藤高政(伊藤英明)稲葉良通(村田雄浩)
は斎藤道三(本木雅弘)に、織田との盟約は
失敗だったと責めました。

道三が今川と戦う覚悟があるかと聞くと
良通は稲刈りがあるので、覚悟があっても
兵は出せないと答えます。

道三はさっさと村へ帰って稲刈りをせよと
笑って、廊下に出ました。
明智光安(西村まさ彦)が織田に兵は出せ
ぬが、米は出すと答えると言うと
道三は十兵衛を使いに出すよう命じます。

* 明智光秀、尾張へ

明智十兵衛光秀(長谷川博己)は尾張
那古野城へ行きました。
平手政秀が美濃から使者が来たと伝えると
織田信長(染谷将太)は相撲に夢中で
待たせて置けと命じます。

光秀は平手政秀と面会しました。
帰蝶(川口春奈)もいます。
信長と以前に会った時どんな話を?と政秀が
聞くので、光秀は鉄砲の話をしたと答え
ました。

平手政秀は信長が国友村へ数百丁の鉄砲を
注文したと笑い、地図を広げて、戦の話を
しようとします。しかし光秀は、美濃から
援軍を送れないと決まったと伝えました。

帰蝶はそのことを聞いたばかりで情けない
と言うと、政秀は不満気に去っていきます。
光秀と帰蝶は、帰蝶が人質なので、裏切れば
磔になると話していると、信長が入って
来ました。

信長は刈谷城の水野家が3月は守り通して
くれると言ってから、帰蝶に膝枕してもらい
その頬を触ります。

そして信長が「和議じゃな。刈谷城を渡す故
今川に兵を引くようにと」と思いつくと
光秀は土岐頼芸と土岐頼純が争った時に
京の将軍に和議を仲介してもらったと
話しました。

すると帰蝶と信長は、光秀に京へ上り
将軍家に和議を命じてもらうよう動いてと
頼んできます。

* 明智光秀、土岐頼芸のもとへ

明智光秀が美濃へ戻って、事の次第を報告
すると、道三は将軍にとりなしてもらうため
には金がかかる、自分は出さないので
勝手にやれと冷たいです。

廊下に出ると斎藤高政がいました。
光秀は斎藤高政に尾張の干物をプレゼント
してから、何でも言うことを聞くから
土岐頼芸のところへ連れて行ってと
お願いしました。

明智光秀と斎藤高政が訪ねていくと
土岐頼芸(尾美としのり)は歓迎して
くれます。

将軍家に和議をお願いしたいので
力を貸して欲しいと頼むと
土岐頼芸は何かと金がかかるので
道三に出してもらえばと言いました。

高政が道三はケチだと言うと
頼芸は道三が守護の地位を狙っていると
稲葉良通から聞いたと言い出します。

すると高政は「それが真なら、私にも
覚悟があります。私がお館様をお守りし
父上を…」と言うと
頼芸が「殺せるか?」と聞き
高政はうなずきます。

頼芸が「金はいくらいる?」と聞くと
光秀は10枚としっかりしてますね。

* 明智光秀と足利義輝

細川晴元(国広富之)に不満を持っていた
三好長慶(山路和弘)が下剋上を起こし
室町幕府13代将軍・足利義輝(向井理)は
近江の国へ落ち延びました。

明智光秀が近江坂本の宿へ行くと
細川藤孝(眞島秀和)が声をかけてきます。
朽木へ落ち延びている足利義輝を
京へ戻すため、藤孝は三好長慶と
話し合っていたのです。

明智光秀は細川藤孝とともに朽木へ行き
足利義輝と面会しました。
土岐頼芸の文を読んだ義輝は
光秀と会うのは3回目だと覚えていて
将軍は武士の鑑であると言ったことで
励まされたと話します。

そして義輝は世の中が平かにならぬと
嘆くので、三淵藤英(谷原章介)たちは
家臣である自分たちの力が及ばぬからだ
とフォローしました。

足利義輝は父親・足利義晴から
麒麟がくるという話を聞いたと言い出し
光秀は驚きます。

義輝は麒麟をまだ連れてくることができず
無念じゃと涙しながらも、今川と織田に
和議を命じてくれる事になりました。

明智光秀は1人雪道を歩いていくシーンで
終わりとなりましたね。

麒麟がくる 感想あらすじネタバレ
麒麟がくる キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る