スカーレット 147話 武志と真奈、愛を語る

武志(伊藤健太郎)は鳥居(山口勝成)に
電話して「みんなの陶芸展」に出展したい
と伝えます。

電話を終えた武志と喜美子(戸田恵梨香)は
食事をしました。岩崎(森本尚子)は同じ
中学だと武志は話します。

喜美子が「味、大丈夫?」と聞くと
武志は「お母ちゃんの味、思い出しながら
食べたらええ」と答えました。
今日は穏やかな武志でしたね。

鳥居と岩崎が工房へやって来たので
武志は水の大皿を見せます。
鳥居たちはきれいだと感心していました。

* みんなの陶芸展へ向けて

住田(田中美央)がやってきて
武志の水の大皿を見ると
「これはなかなかなもんやな。
結構な値段で売れるんと違う?」
と高評価です。

住田が武志はどうしたかと聞くと
喜美子は「今日は病院で2週間に1回の検査
の日です」と答えました。

武志が病人であることを忘れると住田が
言ってると、照子(大島優子)が「家庭菜園
照子です」と登場します。

そこへ直子(桜庭ななみ)から電話が
かかってきました。

* 琵琶湖一周で愛を語る

武志が電気窯に作品を入れてる横で
真奈(松田るか)は粘土を丸めて
たこ焼きだと笑います。

そこへ直子が登場し「かたずけ!行くで!
愛を語るため琵琶湖一周しよか」と
武志と真奈をドライブへ連れ出しました。

夜、直子と武志と真奈が帰ってきます。
直子は疲れたと倒れこんでしまいました。
地図が間違っていて、その辺をぐるぐる
回っただけだったのです。

スピンオフ「琵琶湖一周で愛を語る」を
作って欲しいですね(笑)

* 武志と真奈2人きりに

直子は真奈に門限の9時までいると家に
電話するように言って、喜美子を外へ
連れ出します。気を利かせて武志と真奈
2人きりにしてくれたのです。

真奈は家にいる母親に電話し、川原家に
いるので、9時までに帰ると伝えます。

武志は真奈を座らせて、似顔絵を描かせて
と頼みました。真奈が恥ずかしがりながら
OKすると、武志は「今のうちに描いとか
んと。結構うまいんやで」とスケッチブック
に描き始めます。

真奈は「お母さんに言うたんよ。好きな人
いること初めて言うた。普通やないから
言うんよ。特別な人や」と言うと
武志は「アホか」と言いました。
真奈は涙をこらえながら笑います。

* 真奈の似顔絵

あかまつのカウンターで、直子は喜美子に
車の中の武志と真奈について話しました。
後ろの席で、武志と真奈は離れて座って
いたのですが、離れていても、ほんとうに
好きなのがわかったというのです。

真奈の似顔絵が完成しました。
武志が絵を見せると、真奈は笑って
うなずきます。

武志はスケッチブックから似顔絵を
切り離し、真奈にプレゼントしましたね。

スカーレット あらすじ ネタバレ 感想
スカーレット キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る