麒麟がくる 5話 向井理さんと眞島秀和さん登場

天文17(1548)年秋、
明智光秀(十兵衛)(長谷川博己)は
斎藤道三(利政)(本木雅弘)に
鉄砲の撃ち方を教えていました。
的の壺に鉄砲の弾がみごとに命中し
道三は満足そうです。

光秀は、鉄砲は撃つまでに手間がかかるので
戦で使うのはどうかと思うと疑うと
道三は、将軍家が本能寺に命じて、
鉄砲を作らせているのは何故か知りたい
と言います。

稲葉山城から明智城へ戻った光秀は
藤田伝吾(徳重聡)に、鉄砲を組み分け
して、中を見たいと相談しました。

伝吾は、刀鍛冶の伊平次という男が
近江の国友村で鉄砲の修理をしていると
教えてくれます。光秀はさっそく馬を飛ばし
出発しました。

* 光秀、近江の国友村へ

駒(門脇麦)は菊丸(岡村隆史)とともに
光秀の館にあいさつに行きますが
牧(石川さゆり)しかいません。
光秀は国友村へ向かった後だったのです。

駒が「私、本当は京に帰りたくないの
です。今日は戦いが多いので」と言うと
牧は「ここも戦ばかりですよ」と
なぐさめてくれました。

菊丸が木の下で待っていると、子供が
柿をくれます。やがて駒は戻ってきて
「十兵衛様は近江に行かれたと。仕方ない」
と泣きそうになっていました。
駒は十兵衛のことが好きなんですね。

明智光秀は国友村の刀鍛冶屋へ行って
棟梁に、鉄砲のことや伊平次のことを
聞きますが、棟梁はご沙汰があったからと
何も教えてくれません。

光秀が帰ろうとすると、若い刀鍛冶が来て
伊平次は京の本能寺にいると教えてくれ
ます。しっかり銭は取られてました(笑)

* 光秀、京の本能寺へ

光秀は稲葉山に戻って、京の本能寺へ行く
からと、手のひらを3回開きます。
すると道三は、てのひらを2回しか
開きません。それだけのお金しか出さない
という意味のようです(笑)

光秀は馬を飛ばし京へ向かいました。
背中には鉄砲の包みを背負っています。

京では、管領・細川晴元(国広富之)が
足利義輝(向井理)を戻していましたが
三好長慶(山路和弘)とその家臣・松永久秀
が台頭してきていました。

本能寺前に来ると、人だかりがして中に
入れません。商人たちによると
将軍・足利義輝が来ているというのです。

* 三淵藤英と細川藤孝は兄弟

細川藤孝(眞島秀和)が光秀の鉄砲を見て
渡せと言ってきました。光秀が理不尽だと
断ると、藤孝は刀を抜いています。

光秀がやおら刀を抜いて、藤孝と剣を
交えました。すると「藤孝!やめい」と
声が響きます。足利義輝が本能寺から
出てきたのです。

義輝は、光秀の剣が鹿島の太刀と見抜いて、
仲間同士の斬りあいはやめるよう言って
去っていきました。

三淵藤英(谷原章介)が登場し、
藤孝は弟だと紹介します。
藤孝は光秀が相当の剣の使い手だと
見抜いたようでしたね。

* 光秀、松永久秀のもとへ

三淵藤英が松永久秀(吉田鋼太郎)のもとへ
行くと言うので、光秀もついていくことに
なります。
藤英も伊平次のことは知っていましたが
先月から行方知れずとのことでした。

久永の館の前で、警固の男に止められますが
強引に入っていくと、久秀は背中にお灸を
していました。しゃっくりが止まらないの
です(笑)

久秀は光秀のことを覚えていました。
藤英も久秀も鉄砲を手に入れようとして
いると話します。

藤英が先に帰ってから、久永は道三が
鉄砲に目をつけたことに感心し
鉄砲は弓や刀の何倍も力があると
銃口を光秀に向けてきました。

久秀は「動くな!」と叫び、光秀は動けなく
なりますが、弾は入ってません。
久秀は鉄砲を持っている事が知られれば
敵が攻めて来ずらくなると話します。
抑止力ですね。

光秀は戦いが嫌いだと言います。人を斬った
後、口の中が苦くなるというのです。

* 伊平次に会う

松永久秀は伊平次のいる場所を知っていると
光秀を遊郭へ連れて行きました。
伊平次(玉置玲央)は遊郭の2階に
女といました。

久秀が金の入った袋を置いて
鉄砲を作ってと頼むと
伊平次は断ってきます。
細川晴元の注文を30丁受けると
将軍が50丁注文してきて
きりがないのです。

光秀は「あの伊平次か?」と思い出します。
伝吾の家の庭にある井戸に落ちた伊平次を
光秀は助けてあげたのでした。

光秀が鉄砲を組み分けしてと頼むと
伊平次は近くの寺に道具があると
取りに行きます。
松永久秀は光秀に、鉄砲20丁を伊平次に
作るよう頼んで、去っていきました。

光秀が伊平次の後ろを歩いてるのを
望月東庵(堺正章)と一緒に京へ戻った
駒が気づきます。しかし確かに思えなくて
駒は声をかけません。光秀も雰囲気を感じ
振り向いてましたね。

麒麟がくる 感想あらすじネタバレ
麒麟がくる キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る