スカーレット 106話 めでたしめでたしの話

喜美子(戸田恵梨香)は穴窯の火の番の
ため、アルバイトを雇っていました。
アルバイトが去ってから
武志(伊藤健太郎)が帰ってきます。

マツ(富田靖子)が「めでたしめでたしの話
をして」と頼むので、武志は陶器を取りに
行きました。背が伸びた武志は、将来の事を
喜美子に話してくれないようです。

喜美子は「もう7年になる。穴窯が崩れた
ところから火がばっとあふれてきて
お母ちゃんが『火事や』
うちが『消したらあかん。燃やすんや』
言うて、やっと成功したんや。

ちや子さんが記事を書いてくれて
新聞も取り上げてくれて、注文がきて
借金も返せて、テレビを買うことも
できた」と話しました。

マツは「お父ちゃんが夢枕にたって
『でかした!喜美子』」と言って
3人で万歳します。

マツがまた「めでたしめでたしの話して」
と言い出しました(汗)さらにマツは何か
言おうとして、信楽老人会で温泉ツアー
へ行く話をはじめます。

喜美子と武志が「いつや?今日や」と気づき
武志がマツの手を引いて連れて行きました。

* 百合子と信作の娘、桜と桃

百合子(福田麻由子)が娘の桜と桃と
一緒に遊びにきます。
百合子は専業主婦になったので
料理が上手になり、喜美子は教えて
もらっていました。ミートソースに
粉チーズを振りかけると教えてくれます。

武志は美術部で絵がうまいので
桜と桃がひっついて見ていました。

夜、喜美子が「何かやりたい事あんの?
ちゃんと話そう。春になったら3年生
お金の事は心配せんでええで」と言いますが
武志は話をそらします。

信作(林遣都)が訪ねてきて
紙袋を武志に渡します。

喜美子が何かと聞くと
信作は「俺と武志の秘密や。
17、8になると秘密はある。
ピンクフィーバーズの水着写真」
とごまかしました。

武志が部屋へ行ってから、信作は帰ろうと
しますが、玄関のところで、首を振って合図
してきます。喜美子に意味はわかりません。

* マツ、加賀温泉から帰る

マツが信楽老人会のバスツアーの
加賀温泉から帰ってきます。
お土産は温泉まんじゅうです。

マツは武志に、川原家の家訓は「女に
学問は必要ない」だが、喜美子は自分が
できなかったことを子供にしてあげたい
と思っている。ちゃんと思っている事を
聞いてもらえとアドバイスしました。

喜美子は穴窯で作品を作りながら
大量の注文品も作っていました。
武志がおまんじゅうにコーヒを入れて
工房へ持ってきてくれます。

武志がろくろを見てるので
喜美子が「やる?」と聞くと
武志は「いや…やる」と答えました。
武志が座ってろくろを回すのを
喜美子は見ていましたが
母親の顔になっていましたね。

スカーレット あらすじ ネタバレ 感想
スカーレット キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る