麒麟がくる 2話 本木雅弘さん、川口春奈さんの斎藤家

天文16(1547)年、尾張の
織田信秀(高橋克典)が2万の兵を率い
美濃との国境に陣を構えました。

明智光秀(長谷川博己)が
望月東庵(堺正章)駒(門脇麦)とともに
稲葉山城の城下に戻ってくると
斎藤軍が戦支度をしてるところでした。

明智光安(西村まさ彦)は鎧兜を身につけ
光秀を迎えてくれます。織田軍2万に対し
斎藤軍は4千だと教えてくれました。

「麒麟がくる」では衣装にきらびやかさが
話題になっていますね。今回、稲葉一鉄を
演じている村田雄浩さんも出演していた
大河ドラマ「炎立つ」でも衣装が
美しかった事を思い出しました。

* 本木雅弘さんの斎藤道三

光秀は光安とともに、斎藤道三(本木雅弘)
のもとへ行きます。道三から「敵を知れば
戦を100ぺんしても負けぬと言った人は」
と聞かれ、光安はわかりませんでしたが
光秀は「孫氏」と知っていました。

道三は、織田信秀のことは何でも知っている
戦は数ではないことを思い知らしてやると
言います。長井と稲葉を呼んでくるよう
命じられ、光安は去っていきました。

道三から鉄砲は?と聞かれ
光秀は鉄砲を差し出します。
そして、名医は?と聞かれ
光秀は、小見の方(片岡京子)のもとへ
行かせたと答えました。

道三が、旅の費用を半分返せと言って
きます。返せないなら、侍大将の首2つ
を要求してきました。がめついですね(汗)

* 川口春奈さんの帰蝶

近習に呼ばれていくと、帰蝶(川口春奈)が
待っていました。帰蝶は医者を呼んでくれた
事を感謝し、武運を祈ってくれました。

織田軍が木曽川を渡って押し寄せてきたと
知らせが入ります。明智光秀は戦支度して
藤田伝吾(徳重聡)らとともに
馬防柵の後ろに陣を構えました。

織田信康の合図で、織田軍が稲葉山城の城下
へと押し寄せてきますが、落とし穴に落ち
そこを明智光安の合図で弓矢で攻撃します。
光秀は「侍大将!」と叫びながら
槍で、織田兵を倒しました。

* 斎藤道三 VS 織田信秀

稲葉山城の櫓にいた斎藤道三のもとに
織田軍が進軍してきたと知らせが入り
道三は「兵を城に戻せ。まず引くのだ。
籠城いたす」と命じます。
明智光秀は「退き鉦じゃ」と気づいて
兵を引かせました。

斎藤軍が兵を引いたと聞き
織田信秀は勝ちを確信します。

斎藤道三は兵を場内へ引かせてから
場内から投石と火のついた俵で
反撃しました。

斎藤義龍(伊藤英明)稲葉一鉄(村田雄浩)
は道三のやり方が気に入らないようで
光秀も同意見です。

* 斎藤道三の戦術

斎藤軍に潜り込んでいた乱波の知らせで
兵たちが食事を取っているとわかり
織田信秀は「明朝、陣容を立て直し
総攻めといたそう」と命じました。

斎藤道三は伝令から織田軍の様子を知り
「一同、杯を置かれよ。芝居はここまでじゃ
籠城はここまでじゃ。門を開け、織田軍を
追い討ちにするのじゃ」と命じます。

稲葉山城から斎藤軍の騎馬隊が飛び出て
城下の織田軍を倒していきました。
光秀も「侍大将!」と叫んで
歩兵とともに戦います。

美濃の軍勢がこちらに向かっていますと
知らせが入り、織田信秀は「しまった」と
焦りました。信秀の弟・織田信康は
斎藤兵に倒されます。

掛り太鼓の音とともに斎藤軍が攻め寄せ
光秀は「侍大将!」と叫びながら
織田兵と戦いました。織田兵が叔父の
光安の顔に一瞬見えましたが、倒します。

織田軍が兵を引いていったので
櫓の道三は「エイエイ、オー」と
勝鬨をあげ、光秀たちも「エイエイオー」
と叫びました。

* 武士の本懐とは?武士の誉れとは?

明智光秀が戻ってくると、光安が負傷して
いて、東庵に治療を受けていました。

光安が奥に去ってから、光秀は東庵に
敵の侍大将の顔が、光安に見えたと
打ち明け、「これが武士の本懐か?
武士の誉れか?しかし戦いは戦いだ。
戦いがある限り勝つしかない」と
苦しい胸の内を打ち明けます。

東庵は「よいではありませんか。
それでお勝ちになった」となぐさめてくれ
駒も「おめでとうございます」と
勝利を喜んでくれました。

* 蝮の道三の企み

斎藤道三は広間に、帰蝶とその夫・
土岐頼純(矢野聖人)を迎えていました。
帰蝶が頼純が鎧兜をつけていない事を
責めると、頼純は勝つと思っていたと
謝ります。

道三は帰蝶を下がらせてから
土岐頼純が織田信康と通じていたと言って
証拠の文を出しました。

頼純が道三を蝮(まむし)と呼んで
油売りだった道三の父を取り立てて
やったと怒りだします。

道三は落ち着くようにいって、
お茶を点てました。ところがそれを飲んだ
頼純は倒れてしまいました。毒殺です。
斎藤道三の企みも見ものですね。

麒麟がくる 感想あらすじネタバレ
麒麟がくる キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る