スカーレット 84話 ロダンとカミーユ・クローデル

八郎(松下洸平)は「僕と喜美子は違う。
違う人間や。次世代展の作品作りぃ」と
厳しい表情になりました。

喜美子(戸田恵梨香)は粘土に向かいますが
「うわ!あかん」と笑い出し、
八郎はまじめにやれと注意します。
それでも喜美子は笑っているので
八郎は隣に座って「わかった。ごめん。
集中してやりぃ」と言いました。

喜美子はいったん集中すると
喜美子の世界に深く入り込むのです。

* 喜美子、次世代展へ出展する

喜美子は「春のお皿」という作品を作って
次世代展に出すことにして
柴田(中村育二)に預けました。

八郎のため、喜美子のがんばりが
八郎につながればと
思っていたのです。しかし八郎の
新作作りはうまくいきません。

それから2か月後、三津(黒島結菜)は
ニンジンが苦手な武志(中須翔真)のため
ニンジン入りの卵焼きを作っていました。

百合子(福田麻由子)がごはんがおいしいと
言うと、喜美子はお米を一段高いものに
代えたと言います。

すると八郎は「ウソや。新しい茶碗に
代えた」と打ち明けました。
お茶碗はお皿はみんな、かわはら工房で
作ったものに変えたのです。

喜美子が三津を指導することになり
まず体操から始めてました。

* 信作と百合子、来週は結婚でしょうか?

あかまつで、信作(林遣都)は
所沢(牛丸裕司)から「この町が合併したら
お前の職がなくなる。危機感を持て」と
指導されました。信作の横に
百合子が座っています。

2人きりになって、信作は「人を増やすため
家族を築くんや。一緒に築く?…冗談や」
と言いました。

百合子が、何であかまつに行くように
なったかわかる?と聞きました。
信作は「おじさんがよう行ってた店だから
『お父ちゃんと飲んでみたかった』
そんな事思って行ったんやろ」と答えます。

百合子は涙を流し「家族を築いてもええで。
結婚前提にお付き合いする?多数決や」と
言うと、2人は手をあげました。
信作と百合子、来週は結婚でしょうか?

* オーギュスト・ロダンとカミーユ・クローデル

工房で、三津が器を作ると
喜美子はそれをつぶして
「基礎は大切や」とやり直しさせ
おむすびを作ると台所へ行きます。

三津がまた器を作っていると
八郎は、喜美子は最初から起用だった。
器がお金になった時も大喜びしていた。
自分が教えてない作品を作ったと
話しました。

そして、八郎は「才能のある人間は
無意識に人を傷つける。うまくいかへん
僕の横で、喜美子の横におられへん。
しんどいな」と言います。

八郎の険しい表情と喜美子の笑顔を見ている
うちに、オーギュスト・ロダンと
カミーユ・クローデルのことを
思い起こしました。

スカーレット あらすじ ネタバレ 感想
スカーレット キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る