スカーレット 83話 笑顔を失った八郎

松永三津(黒島結菜)が、めおとノートを
稲葉(永沼伊久也)畑山(田中亨)から
取り戻してくれます。

喜美子(戸田恵梨香)は三津がお腹を
空かせているだろうと、おむすびを
台所で作っていました。

マツ(富田靖子)百合子(福田麻由子)が
起きてきたので、喜美子はノートを
三津が取り返してくれたと話します。

そして喜美子は、八郎(松下洸平)が
銀座の個展での作品作りに迷っている
ようなので、三津を弟子に迎えて
新しい風を吹かせたいと言いました。
八郎から笑顔が消えてますよね。

* 松永三津を弟子にする

喜美子が工房に、おむすびを持って
きます。顔のついたおむすびを見て
三津は、かわいいと笑いました。

三津の父親は、元陶芸家で今は画商で
母親は絵画教室の先生をしていて
兄は修復家という芸術一家なのです。

喜美子が三津を弟子にしてと頼むと
八郎は、喜美子がどうしても言うならと
認めますが、あかんと思ったらすぐに
辞めてもらうと条件をつけました。

* 信作と百合子

信作(林遣都)と百合子は、おみくじを
引いてきたようです。信作は5回引いて
5回とも凶でした(泣)

百合子がもう一度引きに行こうと言うと
信作が百合子の手を持って止めるので、
百合子はドキッとします!

おみくじには「命と同じくらい大切なもんを
失うことがある」と書いてありました。
信作が「今なら百合子だな」と言うので
百合子はまたドキッとしました。
信作と百合子の結婚も時間の問題ですね。

武志(中須翔真)の靴下に穴が開きます。
喜美子がそれを繕うので、武志は
新しい靴下を買ってとごねますが
喜美子は何度も繕うつもりです。

* 僕と喜美子は違う人間や

八郎は、釉薬の調合をして、電気釜から
出した色テストのタイルを見ていました。
すると三津は「思い切って大胆に土を
変えてみたらいかがでしょうか?この写真の
色を出そうとしてるんですよね」と真っ青の
海の絵が描かれた絵葉書を見せます。

八郎は絵葉書を戻して「口出さんでいい」
と静かに言いました。三津は「すいません
でした」と出ていきます。

喜美子は「やってみたらええやん。
土を替えてみたら、ええやん」と言い
三津が持って来た土を使ったらと
提案しました。

八郎は、すでに柴田たちからも言われて
いるが、自分は信楽の土が好きでやって
いると断ります。

喜美子は「それが足かせになってんねん。
八さんのこだわりが、八さんを苦しめてる。
いったん作ったものを壊したらええんと
違う?一緒に壊そう」と話しました。

八郎は「僕と喜美子は違うで。違う人間や」
と厳しい表情になりましたね。

スカーレット あらすじ ネタバレ 感想
スカーレット キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る