マッサン 第5週 内助の功 第29回

守谷長五郎(中村嘉葎雄)が「ウイスキー事業は承認できん。正直わしはウイスキー造りに夢を感じた。そやけど絶対反対いう人がおってな。賛成した株主を説得しはったんや」と言います。

政春(玉山鉄二)が「絶対反対の人って」と聞くと、藤岡正太郎(国広富之)が「私です。仕込んでから5年も商品にならんもんに投資するのは危険すぎます」と答えました。

さらに、ウイスキー事業を認めるなら優子(相武紗季)との縁談はなかったことにすると言いだします。政春がウイスキーをあきられないと言うと、会社を辞めてくれとまで言われてしまいましたね。

エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)大作(西川きよし)が声をかけますが、ショックを受け政春は出て行ってしまいます。今だったらユニオンに駆け込むところですが、政春はこひのぼりへ行って、お酒を注文しました。

秋(しるさ)は「マッサン飲み過ぎと違う?」と心配すると、政春は「なんぼ飲んでも酔わん。酔えんのじゃ」と答えます。春さん(及川いぞう)キャサリン(濱田マリ)は夫婦げんかをしたと勘違いしました。そうじゃないと言ってあげたかったです。

政春は家に帰ると「わしが間違うとんのかな。わしがウイスキー造りたい言うとるせいで、みんなを振り回して、みんなに迷惑かけて。諦めた方がええんかのう」と弱音をはきます。

エリーは「違う。マッサンは間違ってない。スコットランドで一生懸命頑張った。大丈夫!人生は、冒険。アドベンチャー。私、夢、食べて生きていける。マッサンの夢があれば、私、生きていける。どんなことでも我慢できる」と励ましてくれました。エリーがゴンドラの唄を歌うと、政春は涙を流してましたね。

連続テレビ小説 マッサン あらすじと感想
連続テレビ小説 マッサン キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る