いだてん 最終回 東京オリンピック開会

昭和39(1964)年10月10日、
いだてんは、いよいよ最終回となりました!
田畑政治(阿部サダヲ)は晴天の国立競技場
のスタンドで笑顔を見せていました。
金栗四三(中村勘九郎)もやって来て
政治と笑いあいます。

菊枝(麻生久美子)は家のカーテンを開け
にっこりしました。大雨だという天気予報に
反して、晴れたからです。

自衛隊入間基地の松下(駿河太郎)たちは
焦っていました。雨の予想で、てっきり
中止だと思っていたようです(笑)

四三は政治に、嘉納治五郎(役所広司)から
の手紙を見せました。治五郎は熊本に帰った
四三に、東京オリンピックで聖火ランナーと
して走ってもらいたいと頼んでいたのです。

坂井義則(井之脇海)が最終ランナーに
選ばれ、四三は残念だったんですね。

* 東京オリンピック開会式を前に

開会式まであと5時間、東龍(松重豊)は
羽田空港で、不参加となってしまった
インドネシア選手団を見送りに来てました。

国旗担当の吹浦(須藤蓮)は泣いています。
どの国もメダルを取る可能性があるので
金銀銅の3枚ずつ準備していたのです。

市川崑監督は(三谷幸喜)は撮影隊一人に
カメラ一台を持たせて、好きなものを取る
よう指示を出していました。

岩田(松坂桃李)はブランデージ会長が
日本語でスピーチしたいと言うので
つきっきりで指導しています。

ブランデージ夫人が、岩田の持っていた
ストップウォッチに気づいたので、嘉納
治五郎のものを託されたと説明しました。
すると会長は「嘉納の鼓動だ」と言います。

* 金栗四三と坂井義則

金栗四三は聖火リレーの最終中継点近くの
水明亭へ入りました。坂井は人目を避ける
ため、競技場近くの店で待機していた
のです。

四三が「坂井君、金栗です」と声をかけると
坂井は大緊張して、震えていました。
店主(カンニング竹山)が営業妨害だと
文句を言うので、四三は焼き飯を頼みますが
店主はちゃんぽんの店なのにと文句を
言います(泣)

午前10時、いよいよ開場です。
チケットを手にした世界中の人たちが
押し寄せてきました。
NHK中継も開始されます。

スタジアムには、高石勝男(斎藤工)
鶴田義行(大東俊介)野田一雄(三浦貴大)
が姿を見せました。大横田勉(林遣都)は
警備員です。

松澤(皆川猿時)がブルーインパルスが
二日酔いらしいと言うので、政治は電話で
松下らに発破をかけます(汗)

大河原やす子(川島海荷)はヨンベがいない
と騒いでいました。もうすぐ入場行進です。
しばらくしてヨンベは見つかり、コンゴの
国旗を持って、行進に備えます。

国旗担当の吹浦の合図で、スタジアムに
参加94か国の国旗が揚げられました。
吹浦たちは、参加できなかった国の旗を
掲げていましたね。

水明亭、坂井が大緊張して、震えてるので
四三は頭から水をぶっかけ「冷水浴たい!
なーんも考えんと、走ればよか」と
アドバイスしました。

* 2人だけの入場行進

競技場では、政治はヨンベを見つけ
さっきのは誰だ?北ローデシアの選手だ
となって大騒ぎとなります。

15時58分、天皇陛下がご臨席され
国歌が斉唱されました。
四三は満員のスタンドに入り「あ~!」と
興奮します。野口源三郎(永山絢斗)
可児徳(古舘寛治)と再会しました。
90才の可児は嘉納治五郎の写真を持って
やっとオリンピックが見られると感激して
います。

ギリシャ選手団の入場が始まりました。
コンゴは、ヨンベとウランダの2人だけの
入場です。四三は明治45年のストック
ホルム大会で、三島弥彦(生田斗真)と
2人だけの入場を思い出しました。

東龍は競技場に来て、政治に、インドネシア
の通訳のアレンが、よろしく言っていたと
伝えます。「これは、タバタの大会。
田畑のオリンピック。だから出たかった」
と話していたのです。

皇居を出発した聖火は国立競技場を
めざしていました。

* 日本選手団、入場

日本選手団が、おそろいのユニフォームで
入場してきました。松澤や大松(徳井義実)
河西昌枝(安藤サクラ)らの姿も見えます。

四三は「晴れてよかった」と言い
河野一郎(桐谷健太)東龍は「あの時は
どしゃぶりでした」と学徒動員の出陣式を
思い出しました。小松勝(仲野太賀)たちが
出征していった日のことです。

四三が立ち上がって「ばんざーい!」と
叫び始めると、野口や河野や東龍や
政治たちも「ばんざーい!」と立ち上がり
スタンド中のみんなも万歳を始めます。
このシーン、感動的でしたよね。

* 坂井義則、聖火台に聖火を点火

聖火リレーの最終中継点で
聖火ランナーの鈴木久美江(清田みくり)に
「がんばって」と声をかけられ、
坂井は「はい」と聖火を受けます。

ブランデージ会長は日本語でスピーチ始めた
ので、岩田は電光掲示板に英訳を表示させる
よう指示を出しました。

バー・ローズにはカラーテレビがついて
いました。マリー(薬師丸ひろ子)は
雨が降るとウソを言ったと話します(笑)

坂井は聖火トーチを掲げて、ゲートを
走り抜け、スタジアムへ入ってきました。
拍手と大歓声が起こります。

坂井はスタンドの階段を駆け上がると
聖火台に立ちました。そしてトーチを傾け
聖火を点火すると、スタンドの人たちに
笑顔が広がります。四三は「でかした!
坂井君でよかった」と涙を見せました。

1万羽のハトが空に飛び立ち
ブルーインパルスがみごとに5つの輪を
描いて見せます。

* 宮藤官九郎さん登場

古今亭志ん生(ビートたけし)
美津子(小泉今日子)はタクシーに乗って
日本橋あたりにいましたが、大渋滞です。
タクシー運転手は宮藤官九郎さんでしたね。

東京芝、志ん生は高座に上がって
富久をはじめました。
美濃部孝蔵(森山未來)の頃に
小松勝に会い、五りん(神木隆之介)に
つながる、しくじり話をします。

五りんは志ん生のところを逃げ出し、
2か月前に工事現場で働いていると
美津子がやってきたのです。
喫茶店で、美津子は五りんに
聖火リレーの参加募集のチラシを見せ
落語協会から1人出すので、
五りんに出るよう言ってきます。

開会式の日、志ん生はテレビ寄席なので
来たら、許してもらえるかもと誘いますが
五りんは知恵(川栄李奈)の出産予定日
だからと乗り気ではありません。

工事現場で、五りんは小松がりく(杉咲花)
にあてた「志ん生の富久は絶品」と書いた
絵ハガキを見ていました。

10月10日、五りんは日の丸のユニ
フォームを着て、聖火リレーの中継点へ
行きます。すると日の丸ユニフォームを
着た同じようは人がいて、びっくり!

聖火リレーは、聖火のトーチを持った1人と
伴走の22名の計23名で走るのでした。
聖火ランナーズだったのです(泣)

鈴木久美江が聖火トーチを持って走ると
五りんはオリンピックの旗を持って
後をついていきました。

やがて最終中継点に到着し
坂井が鈴木から聖火を受けるのを
五りんは見届けます。

* 古今亭志ん生と五りん

五りんは水明亭で焼き飯を食べると
外に出て、木に立てかけられたはしごに
登って、聖火台に火が上がるのを見ました。
五りんは今度は芝に向かって走り出します。

五りんがテレビ寄席へ入っていくと
志ん生が富久をやっているところでした。
りん(池波志乃)や美津子もいます。

志ん生が落語を終えて、楽屋へ帰ってきた
ので、五りんは謝りに行きました。
今松(荒川良々)が怒ろうとしますが
転んでしまいます。

志ん生が「どっから走ってきたんだ?」と
聞くと、五りんは「浅草の三軒町…
いや間違えた。国立競技場から」と答え、
志ん生は「よし、出入りを許してやる」
と言ってくれました。

志ん生が「志ん生の富久はどうだった?」
と聞くと、五りんは「絶品でした」と答え
志ん生は笑います。

知恵(川栄李奈)が赤ちゃんを産みそうと
知らせが入り、五りんが病院へかけつけると
知恵が赤ちゃんと笑っていましたね。

* 女子バレーの金、円谷幸吉の銅

播磨屋で、四三は辛作(三宅弘城)たちと
TVで、マラソンのアベベを見ていました。
古今亭志ん朝(森山未來)はテレビ寄席で
テレビ中継が始まったが、カメラが1台
しかないので、先頭しか映せなかったと
説明します。

ラストで、円谷幸吉選手が2位で登場した
ので、みんなびっくりしたのです。
イギリス選手に抜かれ、銅メダルになって
しまいますが、大盛り上がりでした。

大松監督が率いる東洋の魔女の女子バレー
ボールはみごと金メダルを獲得します。

* オリンピック閉会式

10月24日、オリンピックの閉会式が
行われます。北ローデシアが独立し
ザンビアとなったとニュースが流れ
吹浦はザンビアの国旗を用意しました。

閉会式の入場行進の時間になりますが
選手たちは整列しようとせずに
松澤や森西(角田晃広)たちは焦ります。

やがてゲートが開けられ、選手たちは
肩を組んだりして、自由にスタジアムへ
入ってきました。この行進が世界中から
賞賛されることになります。

* 田畑政治と嘉納治五郎

田畑政治の前に、嘉納治五郎が現れ
「田畑、これが世界に見せたいオリンピック
かね?」と聞きました。
政治は驚きながら「はい。いかがですか?」
と聞き返します。

嘉納は「面白い、実に面白い。田畑、私は
改めて、君にお礼を言うよ。ありがとう」
と感謝しました。

政治が涙を流していると、岩田が来て
嘉納のストップウォッチを返してくれたので
政治は「最高だね。俺のオリンピックが、
みんなオリンピックになった」と言います。
花火が上がり、聖火台の火が消え
オリンピックが終わりました。

* 金栗四三のオリンピック

3年後、熊本へ帰った金栗四三の元に
ストックホルムから手紙が来ます。
ストックホルムオリンピックで、金栗四三は
マラソン中に、行方不明のままになって
いるというのでした。

四三はスヤ(綾瀬はるか)と一緒に
ストックホルムへ行って、記念式典で
ゴールテープを切ります。
タイムは54年8か月6日5時間32分
20秒3です。

ラストシーンは、古今亭志ん生の高座の
シーンでした。落語を終えた志ん生が
噺を終えると「おしまい」という幕が
閉まりました。

* いだてんは絶品!

大河ドラマ「いだてん」は1964年の
東京オリンピックへ向けての壮大なドラマ
でしたね。

現在に近い大河ドラマという事で、どうなる
んだろうと、初めは不安だったのですが、
1年を通して見て、とても感動させて
頂きました。今までまったく知らなかった
エピソードがたくさん出てきて、
勉強にもなりました。

中村勘九郎さんや阿部サダヲさん、
俳優陣やスタッフのみなさん、
本当におつかれさまでした。
ありがとうございました。
いだてんは、絶品です!!

いだてん あらすじネタバレ、感想
いだてん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る