スカーレット 54話 フカ先生とのお別れ

常治(北村一輝)が「暑い、寝てられへん」
と起きたので、喜美子(戸田恵梨香)は
「おはよう。お水?」と声をかけます。

常治が「おう。そちらさんも早うお目覚めで
火まつりも終わって、深野先生が出ていく日
も近づいてきましたね。ふふふ、いつ出て
いく?」と嫌味を言ってきました。

喜美子は湯ざましを渡し「誰が出ていくねん
しつこいな。その話すんだと思った。水も
自分で飲めん、お父ちゃん置いて、どこに
行ける?」と言い返します。

マツ(富田靖子)百合子(福田麻由子)が
「おはよう」と起きてくると、常治は部屋へ
帰っていきました。喜美子とマツは顔を
見合わせて笑います。

* 喜美子、敏春と加山と交渉する

喜美子は丸熊陶業の事務所へ行って
敏春(本田大輔)加山(田中章)と
話しました。

「若社長さんにお願いがあります。うちは
丸熊陶業にしがみつくことにしました。
ここに残ってお仕事やらせて頂きます。
マスコットガールミッコーでもなんでも
やります」

「つきましては信楽初の女性絵付師に
見合った要求といいますが、4引く3は
1です。今後は一人前として扱って頂き
たい」

敏春は賃金アップを理解をしてくれますが
加山は嫌味をちょいちょい挟んできます。
喜美子は家族を養っていかなければ
ならないし、電話も引きたいと頼みました。

* フカ先生の「ええよぉ」

喜美子は絵付係に戻って
「やりました!お給金上げてもらえました」
と報告すると、深野心仙(イッセー尾形)
は「よかったな。これで名実ともに女性
絵付師誕生や」と喜んでくれます。

池ノ内(凪川アトム)が体操をやろうと
提案すると、フカ先生は「なんで?
ええよぉ」と賛成しました。
喜美子とフカ先生と磯貝(三谷昌登)と
池ノ内の4人で体操します(笑)

* フカ先生たちとの別れ

昼下がり、喜美子は絵付係の小屋で
1人で作業していました。
「深野先生たちは信楽を去っていきました」
とナレーションだけで、別れのシーンは
ありませんでしたね(泣)

秋になって川原家に変化が起こります。
喜美子の給金が上がり、百合子が高校進学
できるようになったのです。

丸熊陶業では植木鉢の生産が、火鉢の生産を
超えてきました。商品開発部では、
八郎(松下洸平)津山(遠藤雄弥)
藤永(久保山知洋)が色鮮やかな
タイルの試作を始めています。

* 喜美子の絵付け火鉢

喜美子の絵付け火鉢が出来上がり、
敏春と西牟田(八田浩司)と一緒に
風呂敷包みを解こうとしてると
照子(大島優子)もやって来ました。

包みを解くと、バラの花のデザインの
絵付け火鉢が姿を見せます。
喜美子が感激し、火鉢にすりすりすると
照子はお腹の赤ちゃんが動いたと
すりすりしました(笑)

喜美子が八郎に見せようと、火鉢を持って
商品開発部へ行くと、津山と藤永が帰る
ところで、八郎は集中していると
教えてくれます。喜美子が中へ入ってると
八郎はろくろの上の粘土細工に向かって
いましたね。

スカーレット あらすじ ネタバレ 感想
スカーレット キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る