いだてん 43話 田畑政治、窮地に陥る

田畑政治(阿部サダヲ)の元に
亡くなった嘉納治五郎(役所広司)が
現れます。1回目の東京オリンピックが
戦争で中止となったと聞いた治五郎は
「情けない。政治とスポーツは別物だと
口を酸っぱくして言っただろう」と
怒りました。

昭和37(1962)年、高速道路や新幹線
が建設され、東京の姿が変わっていきます。
2年後のオリンピックに間に合わそうと
突貫工事が行われました。しかし国民の
盛り上がりは今一つです。

* 五りんがオリンピックの宣伝部長に

古今亭五りん(神木隆之介)は
知恵(川栄李奈)と一緒に
組織委員会を訪ねました。
政治に呼ばれ、面接に来たのです。

嘉納治五郎や岸清一(岩松了)
永井道明(杉本哲太)の肖像画に
五りんは大興奮します。

可児徳(古舘寛治)の肖像画を見て
五りんが「誰?」と言ってると
岩田(松坂桃李)が「可児徳先生だよ。
ドッチボールを広めた体協創設メンバーで
ご存命だがどうしても飾ってほしいって」
と説明してくれました。

田畑政治は「盛り上がってないよ」と登場し
岩田に、アジア大会はオリンピックの前哨戦
だから大きく取り上げるよう記者クラブに
言えと指示を出します。

聖火リレー踏査隊の森西(角田晃広)は
式典課で聖火リレーの準備をしていました。
五りんがオリンピック噺をやって見せると
政治は「いい!最高だよ。友達いないだろ。
合格!」と言い、オリンピック宣伝部長を
やってと頼みます。

* 徳井義実さんと沢尻エリカさん!

古今亭志ん生(ビートたけし)は
今松(荒川良々)に背負われ、自宅に
帰ってきました。テレビをつけると
五りんが出演していて、日紡貝塚の
女子バレーボール部のレポをしてます。

河西昌枝(安藤サクラ)に取材をして
大松博文(徳井義実)のボールを受けて
いました。徳井義実さんは今回もばっちり
出演してましたね。

来年の大河ドラマ「麒麟が行く」で
濃姫を演じる沢尻エリカさんが逮捕されて
しまったけど、徳井さんの感じでいくと
そのままカットせず流す気もしてきました。
どうなるんでしょうね?

* 聖火リレーのコース決定

組織委員会に、オリンピックの仕事がしたい
とたくさんの人が集まってきます。
吹浦忠正(須藤蓮)は世界中の国旗の
エキスパートで、小さな国の国旗も
すぐ答えられました。

第3回アジア大会の国旗掲揚で
台湾の国旗を天地逆に揚げてしまい
政治と松澤(皆川猿時)が土下座して
謝ったことがあったのです。
政治はすぐ吹浦に合格を出しました!

森西たちが、聖火リレーのコースを決めて
ロウソクを聖火に見立てて、シミュレー
ションしてみます。ギリシャのアテネから
イスタンブール→…→ニューデリー→…
→マニラ→日本へと聖火が回るのです。

東(松重豊)が国を回るだけかと聞くと
森西は、それぞれの国で聖火リレーを
行って、オリンピックを盛り上げると
答えました。

占領下の沖縄から、鹿児島や広島や
大阪を経て、東京へ到着します。
最終ランナーには金栗四三(中村勘九郎)
が候補にあがっていました。

* 金栗四三とアベベ

エチオピアのアベベ・ビキラ選手は
金栗四三とシェイクハンドします。
黒坂辛作(三宅弘城)の作った金栗足袋で
東京オリンピックを走ると宣言し
四三も聖火ランナーへのやる気を
出しました。

田畑政治は河野一郎(桐谷健太)と
再会します。河野は政治に、
組織委員会会長の津島(井上順)を
辞めさせようとしてるのではと
責めてきました。

政治が津島は老いぼれだと言っていのを
津島本人が聞いてましたね(汗)

東はトイレで、オリンピック担当大臣の
川島(浅野忠信)から声をかけられます。
川島は、政治が選手村を朝霞から代々木に
したので、オリンピック道路が無駄になって
しまったとプレッシャーをかけてきました。

* 女子バレーボールが正式種目に

事務総長の田畑政治は6月にモスクワの
IOC委員会に出席しました。女子バレーボール
を正式種目にしてもらうためです。
平沢(星野源)がスピーチをし
ロシアも賛成してくれたので
正式種目に決定します。

そしてオリンピックの開会式は
昭和39年10月10日に決まりました。
五りんは志ん生と二人会をやるというので
美津子(小泉今日子)は無理だと言います。
しかし、りん(池波志乃)はうれしそう!

* 田畑政治と河野一郎

バー・ローズ、政治はロシアのお土産の
マトリョシカをマリー(薬師丸ひろ子)に
プレゼントします。

河野一郎は政治に、津島おろしの首謀者は
田畑政治だと川島が吹聴していると
言いました。政治は川島たちに激しく
反論したことを思い出します。

河野は川島について、個人的に動く男じゃ
ない、政治がやりたい。政治が好きな男だ
と話しました。政治は自分は元政治部で
高橋是清や犬養毅と渡り合ってきたと
負けてません!

* 第4回アジア競技大会の危機

第4回アジア競技大会がインドネシアの
ジャカルタで開かれる事になります。
東京オリンピックの前哨戦という位置づけで
252人の選手団が送り込まれる事に
なりますが、不穏な空気が流れ始めました。

台湾とイスラエルの招待状と入国ビザが発行
されず、締め出されてしまったのです。
スカルノ大統領が中国と親密なためと
考えられました。

8月19日、日本選手団はジャカルタへ
出発していきますが、国際競技連盟が
アジア大会に出場したら、オリンピックへの
出場資格を失うと言い出します。

日本の岩田と松澤が電話で、ジャカルタの
政治や東に伝えようとしますが、
うまくつながりません。

通訳のアレンは現地の新聞を読んで
問題ないと政治たちに話しました。
ジャカルタの情報が錯綜する中
津島は日本へ引き上げようと
言い出します。

政治は何かおかしい、何か裏があると
疑いはじめました。

* 田畑政治 VS 川島正次郎

開会式当日になっても、結論が出ません。
選手たちが出場したいと政治たちに
詰め寄っていると、現地の男たちが
乱入してきました。

ジャカルタの男たちは、何年も前から準備
してきた!大会を中止にする気か!弟は
勝って東京五輪へ行くんだ!と叫びます。

するとアレンは騒いでいる男をみごとに
一本背負いし「サカラワズシテカツ」
と言いました。政治はアレンに
嘉納治五郎の姿を見ます。

アレンは「日本人は俺たちの味方だ。
ここにいる人たちは良い人だ。
彼らに何かしたら僕が許さない」と言い
現地の男たちを追い出してくれました。

開会式3時間前、政治は「オリンピックが
なければ、とっくに出ている」と嘉納治五郎
のストップウォッチをながめます。

その頃、川島はスカルノ大統領と会って
親しく会談し、ロブスターをまるかじり
していました。

津島が帰国しようとするのを
政治が止めていると、川島が現れます。
川島が「政府といったら僕に問い合わせて
欲しい。オリンピック担当大臣だから」
と言いました。

政治は「だったら中止にして帰りましょう
…と言ったら困るでしょう。スカルノ大統領
とずぶずぶの川島さん」と言い返します。
田畑政治はこの困難をうまく解決する事が
できるんでしょうか?

いだてん あらすじネタバレ、感想
いだてん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る