スカーレット 42話 喜美子、フカ先生の弟子になる

喜美子(戸田恵梨香)は「うちはフカ先生の
弟子になる」と宣言し、常治にダメと言われ
ても、頼みこむと言います。

そしてマツ(富田靖子)直子(桜庭ななみ)
百合子(住田萌乃)にまず謝りました。
喜美子がフカ先生の弟子になることで
家事などがきちんとできなくなるからです。

直子は自分も東京へ行くので、勝手にしたら
いいと言い、百合子はごはんだけはなるべく
作ってとお願いしてきました。
マツは「ええよぉ」とフカ先生のモノマネ
します(笑)

常治とフカ先生

居酒屋あかまつ、常治(北村一輝)は
深野心仙(イッセー尾形)忠信(マギー)と
飲んでいました。

フカ先生こと深野心仙が絵付けをしてると
聞いて、常治は表情を変えて、絵付けに
ついて質問します。

店長の赤松(白井良次)が絵付けは儲かる
のじゃないのかと聞くと
フカ先生はなかなか難しいと言い、
弟子の1人がモノになるのに3年かかったと
話します。

そしてフカ先生が「この前女の子が来たけど
3年も辛抱できんやろ。力もなさそうやし」
とバカにするので、常治は「そんな根性なし
と違うわ」と怒りだします。フカ先生は
「あんたの娘さん?」とびっくり!

喜美子の笑顔

喜美子が朝ごはんの支度をしていると
常治が来ます。喜美子が夕べは飲んできて
いくらかかったのかと聞くと、
常治は払ってもらったと答えました。
マツも起きてきます。

出かける常治に、喜美子が今日は飲まんと
帰って来て。話があるからと頼みました。
常治はいったん出かけて戻って来て
週一回永山陶業で絵付け習いたいという
話だろうが、丸熊陶業でないとあかん
と言ってきます。

喜美子は「やってもええの?」と大喜び!
常治がはじめて喜美子の役に立つことを
しましたね。

喜美子、フカ先生の弟子に

喜美子は絵付け小屋に行って、フカ先生に
3番弟子にして欲しいと頭を下げます。
池ノ内(凪川アトム)磯貝(三谷昌登)に
よると3番~8番はやめてしまったので
喜美子は9番弟子です。

フカ先生は喜美子をキュウちゃんと
呼び始めました。小出義雄監督と
高橋尚子選手みたいですね。

フカ先生は喜美子に、1本の筆と新聞紙を
渡して、まっすぐ1本の線を描くよう
指示しました。正しい線が引けるよう
練習するのです。

喜美子は食堂の仕事の休み時間にも
線を描く練習をします。またフカ先生の
絵付けの模写も始めました。

喜美子が1本線の練習をしていると
フカ先生は「怖い顔になってるで」と
みかんを置いて、寄り道するように
言います。

「近道はないねん。あっても近道はおすすめ
せえへん。なるべく時間をかけて歩く方が
力がつく。歩く力は大変な道の方がようつく
今しかできへんことや」

照子(大島優子)信作(林遣都)が来て
話します。3年後には照子は短大を卒業して
いて、信作は結婚してるかもと言って、
草間流柔道でなく、おしくらまんじゅう
します。

昭和34(1959)年になり、喜美子が
23才になって、終わりとなりました。

スカーレット あらすじ ネタバレ 感想
スカーレット キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る