スカーレット 34話 喜美子、荒木荘から卒業する

喜美子(戸田恵梨香)は大阪の暮らしを
続けるか、信楽に帰るのか考えながら
大阪の荒木荘へ戻ってきました。

喜美子が帰ってきたので、さだ(羽野晶紀)
大久保(三林京子)雄太郎(木本武宏)は
びっくりします。

その夜、喜美子は川原家は借金だらけだと
さだたちに打ち明けました。そして学校を
諦め、そのお金を家の借金に充て、信楽に
帰らせてもらいますと話します。

大阪に帰る汽車の中で、荒木荘の事を思い
だしてみたら、なべやほうきなどが手に取る
ように浮かんだので、結構やってきたと
思ったというのです。

大久保、認めてくれていた

喜美子が「すいません。大久保さんに
認めてもらってないのに」と謝ると
大久保は「家の仕事に終わりはあらへんで。
認める日なんか来るわけない。
認める認めない言うたら、あん時や。
大久保さんのごはんは、大久保さんにしか
できんとちがうんと言われた時、
もう認めてた」と言いました。

さだは「喜美ちゃんが最初に来た日やん」と
突っ込みます。喜美子が誰かに引き継いで
からと言うと、大久保は「かまへん×2」
と許してくれました。雄太郎は泣きながら
奥へ行ってしまいます。

喜美子がさだと大久保と話してると
雄太郎はロングヘアのかつらに
ギターを持って「きみちゃん去っても
かまへん」と歌いながら再登場(笑)

喜美子、荒木荘から卒業する

喫茶「さえずり」のマスター(オール阪神)
にもあいさつに行きます。サンタ帽の
雄太郎が、ちや子(水野美紀)が新聞社を
辞めたと教えてくれました。

ちや子は酔っ払って帰ってきて
やけ食いしていたというのです(泣)
雄太郎が心機一転芸名をつけたいというので
喜美子は「信楽太郎」という名前を考えて
あげました。

喜美子はちや子宛ての手紙を書きます。
しばらくして、ちや子が荒木荘に戻って来て
喜美子の手紙を涙を流しながら読みました。

「喜美子の前に2つの道がある。1つは
荒木荘で働きながら週3日学校に通う道。
もう1つは信楽に帰る道。そして荒木荘を
出て、信楽に帰る道を選んだ。

最後にちや子さんに会いたかった。新聞社を
辞めたそうだが、ちや子さんなら大丈夫。
今日で荒木荘を卒業させてもらいます。
ほんまにありがとうございました」

信楽の川原家に戻った喜美子は、
直子(桜庭ななみ)百合子(住田萌乃)を
送り出して、家の掃除をしていました。
しばらく信楽で暮らすことになるようですが
また荒木荘のメンバーに再登場して
もらいたいですね。

スカーレット あらすじ ネタバレ 感想
スカーレット キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る