スカーレット 32話 常治が喜美子を呼んだ訳

常治(北村一輝)から喜美子(戸田恵梨香)
に「お母ちゃんが倒れた。すぐ帰ってこい」
と電話があります。

喜美子が信楽の川原家へ帰ってみると
マツ(富田靖子)は元気でした。
常治が喜美子を呼び寄せるため
ウソをついたのです。

喜美子は「荒木荘の仕事もあるので
明日帰る」と言います。肉のない肉じゃがを
作るとマツが言うので、喜美子はお金を
渡そうとしますが、マツは断りました。

喜美子、夢を打ち明ける

喜美子は正月に帰ってから言おうと思って
いた、うれしい事があると切り出し
ジョージ富士川という…と話し出すと
マツは結婚か?と浮き足立ちます(笑)

喜美子は奥の部屋へ行って、ジョージ富士川
のサイン本を持ってくると、寝ていた常治が
起きだしました。
喜美子はサイン本を後ろに隠して
まず草間と再会したと報告します。

マツが「お母さんがお父さんに出会った
のも18や」と笑顔になるので
喜美子は、そういう話でないと
否定しました。

喜美子はジョージ富士川が特別講師を務める
美術学校に週3日通う。働きながら通い、
学費は内職で貯めたと打ち明けます。

常治は「ここで暮らせ言うたやろ。
大阪へは行くな。ここで暮らしたいと
泣いとったやろ」と喜美子が大阪へ
行く前のことを言い出しました。

喜美子は「もうあの頃の喜美子とは
違うよ。仕事があるので大阪へ
帰らせてもらいます」と言いますが
常治は「絶対あかんわ」と
すっかり酔いは覚めていました。

信作が事情を説明する

翌朝、喜美子が朝早く出かけると
百合子(住田萌乃)も出かけてきました。
喜美子がお正月にまた帰って来ると言うと
百合子はマツの貧血の薬を病院へもらいに
行くと話します。

喜美子が自分が病院へ行くので、
学校へ行くようにうながすと
百合子は「喜美子姉さんは大人?大人は
あかんねん」と困った顔になりました。

直子(桜庭ななみ)もやってきて
「余計なこと言わんで、さっさと行け」
と百合子に言います。

喜美子が「どういう意味?何か隠してんの?
言うてみ」と聞きますが、直子も百合子も
話そうとしません。

そこへ信作(林遣都)がやってきました。
百合子が困っているのを見て、
信作が代わりに説明をはじめます。

実は病院にツケがたまっていたのです。
大人が行けば、ツケを払うよう言われますが
子供の百合子なら、学校行ってないで
かわいそうにと薬をもらえるというのです。

喜美子が3年も信楽を離れている間に
川原家は大変な事になっていたんですね。

スカーレット あらすじ ネタバレ 感想
スカーレット キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る