いだてん 41話 徳井義実さん、松田龍平さん、浅野忠信さん登場

五りん(神木隆之介)は
古今亭志ん生(ビートたけし)
りん(池波志乃)に見送られ
高座へ向かいました。

町が一望できる神社の境内で
五りんは孝蔵(森山未來)の落語を
思い出し、走り出します。

高座に上がった五りんは
「東京オリンピック噺」を始めました。
昭和34(1959)年現在に噺も
追いつき「1964祝東京オリンピック」
の垂れ幕が下がりました。

今回は、松田龍平さん、浅野忠信さん、
安藤サクラさんらが初登場します。
どうなるのかと思っていた徳井義実さんも
大松監督役でしっかり出演してましたね。

東京オリンピック組織委員会発足

国立競技場に近い古い洋館に
組織委員会事務局が開設されます。
田畑政治(阿部サダヲ)が競技場の
模型を広げ、歓声が上がりました。
政治は、事務総長で、
選手強化対策本部長です。

岩ちん・岩田幸彰(松坂桃李)は渉外担当
松澤(皆川猿時)は式典担当、
帝国ホテル料理長の村上信夫(黒田大輔)
が選手村の料理を担当します。
組織委員会会長には元大蔵大臣の
津島寿一(井上順)が就任しました。

組織委員会の発足式に
自民党幹事長の川島正次郎(浅野忠信)ら
政治家が集まってきます。川島は
政界の寝業師と呼ばれていました。

追加種目に、柔道が挙げられます。
嘉納治五郎(役所広司)に申し訳ないと
政治はストップウォッチを出しました。

徳井義実さん、編集されてたの?

さらにバレーボールが提案されます。
日紡貝塚の女子バレーボールチームが
3連勝しているというのです。

政治たちが大阪の日紡貝塚を訪ねると
女子社員たちが着替えながら体育館へ
向かっていました。

政治たちが体育館へ行くと
大松博文監督(徳井義実)のスパルタ指導で
女子選手たちがバレーボールの練習をして
いました。鬼の大松です。

河西昌枝(安藤サクラ)谷田絹子(堺小春)
宮本恵美子(泉川実穂)半田百合子(松永渚)
松村好子(田中シェン)磯部サダ(北向珠夕)
たちは、あだ名で呼ばれています。
河西は、ウマです(笑)東洋の魔女と
呼ばれるのは少し先のようです。

政治は大松を柔道場へ連れて行って
静かに練習している姿を見せます。
しかし大松監督は、受け身をする選手を見て
ひらめきました。徳井義実さん、本当に
編集されてたのでしょうか?

川島正次郎 VS 田畑政治

東京都知事の東龍太郎(松重豊)が
料亭で、川島正次郎と話していました。
川島は政治を外すよう嫌っています。

半年前に川島たちがお金を持ってきたの
ですが、政治は100万や200万では
少ないと怒ったのです(汗)

会議で選手村をどこにするか議題に上がり
ます。進駐軍が朝霞キャンプドレイクを
返還すると言ってきますが、政治は
代々木ワシントンハイツをと主張しました。

神宮外苑の国立競技場から朝霞までは
25キロですが、代々木までは近いから
です。

バー・ローズ、政治は岩田たちと話します。
岩田はデザインが上手いと政治は思って
いましたが、亀倉雄策(前野健太)という
グラフィックデザイナーがやっていたと
マリー(薬師丸ひろ子)が明かしました。

そこで東京オリンピックのシンボルマークの
デザインを頼みます。コンペ当日まで忘れて
いた亀倉でしたが、さらさらと日の丸と、
金色の五輪マークとTOKYO1964を描いて
みごと選ばれました。

金栗四三も東京へ

金栗四三(中村勘九郎)が熊本から上京して
来ます。聖火ランナーの最終走者に選ばれ
たのです。金栗足袋に履き替えた四三は
東京の街へと走り出します。

岩田幸彰がヘルシンキのヨット代表に選ばれ
たが、健康診断で落ちたと聞かされ
政治は岩田を、料理の村上信夫とともに
ローマに派遣することにしました。

政治が再び女子バレーボールの様子を見に
行くと、大松監督のボールを、選手たちは
回転レシーブで受け止めていました。
柔道の受け身から大松監督が思いついたの
です。

次のIOC総会で、競技種目にバレーボールを
追加するよう提案しようと政治が言うと
嘉納治五郎の額が落ちます。政治は慌てて
柔道を推そうと言い出しました(笑)

ローマオリンピック報告会

1960年の第17回ローマオリンピック
を視察してきた岩田と村上の報告会が
開かれます。岩田は8ミリフィルムで撮って
きた映像とともに解説しました。

聖火ランナーや開会式の様子が流れ、選手村
の食事は5000食が必要で、宗教上食べら
れないものもあると説明があります。
岩田は裸足で走ったエチオピアのアベベに
感動していました。

閉会式のスタジアムの電光掲示板には
「TOKYO 1964」が映し出されています。

オリンピックの費用について、イタリア
政府が一銭も出していない。トトカルチョ
というスポーツくじで賄われると岩田が
説明します。

政治は日本でも取り入れようと主張しますが
津島寿一(井上順)たちが強硬に反対して
きました。

選手村についても、朝霞ならお金がかから
ないと津村や川島が言うので、政治は
国民のオリンピックでないと怒ります。

松田龍平さんの丹下健三

丹下健三(松田龍平)が初登場し
亀倉に、代々木競技場のデザインの
素案を見せていました。

IOC総会で、平沢和重(星野源)は演説し
バレーボールを競技種目にと提案します。
男子バレーが新種目に選ばれたと政治は
電話しますが、大松監督は女子バレーで
ないとメダルは取れないと不機嫌です。

政治が電話を終えて、会議室へ戻ると
もめていました。近代五輪が競技種目から
外され、外国人が怒っているのです。

会議が終わり、政治が東京の地図を眺めて
いると平沢が声をかけてきました。
政治は選手村について、国立競技場に近い
代々木でなければ、だめだと言います。

ロス五輪では、競技場と選手村が近くて
違う国の人たちが集まって、カオス状態で
最高だったと振り返り
戦いが終わった後、選手村でお互いを
称えるようなオリンピックを、東京で
やりたいと政治は話しました。

話を聞いた平沢は「私に考えがあります」
と何かを思いつきましたね。

いだてん あらすじネタバレ、感想
いだてん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る