マッサン 22回 太陽ワインの返品騒ぎ

鴨居商店社長室、太陽ワインの返品騒ぎに
ついてミーティングが開かれました。
開発部長・白井(乃木涼介)宣伝部・
紺野(成河)は太陽ワインの存続したいと
話します。

青山(小堀正博)は一時的な撤退を提案し
政春(玉山鉄二)は「太陽ワインの中身を
全く新しいもんにします」
と提案しました。
デザイン担当・規子(田実陽子)は
政春の意見に賛成です。




欣次郎(堤真一)が「太陽ワインの中身を
変える必要ない」と言うと
政春が「じゃけど今大事なんは、中身の安全
なんです。世間の見る目を180度変えんと」
と反対しました。欣次郎は世間の見る目を
180度変えることに注目し、新しい広告で
太陽ワインの印象を変える作戦に
決定しましたね。

エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)
から「優子さんのお見合い、ボスが断り
ました」と聞いて、政春は驚きます。
政春は欣次郎のことをエリーに話しました。

社長室、エリーは欣次郎に呼ばれ、
デザインのアドバイザーもこなします。
政春はエリーから「もっと遊び心を持って」
と言われ、欣次郎から「辛気くさい」
と言われてしまってました(笑)

笹塚(岡本信人)に「新たな資金はご用意
できません」と言われ、大作(西川きよし)
矢口(白井晃)は困り果てます。
好子(江口のりこ)は池田(前野朋哉)
松原(木内義一)に「早よ探さな。
新しい働き口」と元気ありません。

守谷長五郎(中村嘉葎雄)が再び訪ねて
きました。大作、佳代(夏樹陽子)
優子(相武紗季)に、お見合いの話を
また持ってきたのです。
優子はお見合いをすることを決意します。
エリーが心配そうに見守ってましたね。



連続テレビ小説 マッサン あらすじと感想
連続テレビ小説 マッサン キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る