スカーレット 1話 戸田恵梨香さん川島夕空さん登場

戸田恵梨香さんがヒロインをつとめる
連続テレビ小説「スカーレット」がスタート
しました。第101作目の朝ドラです。

戸田恵さんの川原喜美子は滋賀・信楽で
陶芸家を目指します。オープニングでは
陶芸の窯を前に、母のマツ(富田靖子)が
火事だと騒ぎ出しますが、喜美子は薪を
窯に入れていきました。

力強い女性のようですね。
主題歌は、Superflyの「フレア」です。

富田靖子さんと北村一輝さん

昭和22(1947)年、喜美子は
母・マツ、父・常治(北村一輝)
妹・直子(やくわなつみ)と百合子と
一緒に、滋賀の信楽にやって来ます。

幼い喜美子を川島夕空さんが
演じていました。戦争が終わったのですが
大阪の家が焼かれてしまったので、知り合い
のいる信楽に来たのです。

財前直見さんとマギーさん

大野忠信(マギー)がその知り合いで
常治のことを「班長殿!ジョーさん」と
呼びます。

忠信の妻が陽子(財前直見)で
その息子が信作(中村謙心)です。
財前直見さんは朝ドラ「ごちそうさん」で
ヒロイン・め以子の母親役だったので
なんだか安心感がありますね。

喜美子は近所の男の子に悪口を言われ
ケンカをして、怪我をします。しかし
相手の男の子の方が重症でした(笑)
かなりおてんばのようです。

楽しい事だけ考えよう

マツはお金をすべて陽子に渡してしまい
すっからかん。さらに常治は残ったお金
もお酒に変えてしまい、大阪にマツの
着物を売るに行きます。

常治は「楽しい事だけ考えよう」と
言いますが、生活は大変そうです(汗)
熊谷照子(横溝菜帆)もちらっと
登場してました。

ある日、喜美子が、狸の焼き物の近くに
タヌキを見つけて、追いかけて行きます。
すると、男の人が座っていました。

誰なんでしょう?というところで1回目が
終わりました。川原家や大野家の人たちの
キャラクターがわかりやすくて、
スカーレットになじんでいけそうです。

スカーレット あらすじ ネタバレ 感想
スカーレット キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る